閉じる

MENU

ログイン

信号ゲーム【室内遊び】【イラスト解説】

保育園や幼稚園、認定こども園で日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

信号ゲーム

「信号ゲーム」は、保育者の指示に合わせて横断歩道(に見立てたスペース)を渡るゲームです。10メートル程の距離があればできる遊びなので、戸外でも室内でもどちらでも楽しむことができます。「青」は渡る、「赤」は止まる、といったように、遊びを通して楽しく交通ルールを覚えることができることがメリットの遊びです。

ルール説明では、「お散歩のときには始めに信号を確認してから渡るよね」と、子どもたちの身近な活動と結び付けて伝えられるといいですね。事故を防いで安全に道路を歩くことができるよう、この遊びを通して交通ルールを繰り返し伝えていきましょう。

難易度 

★★★☆☆

対象年齢

2歳/3歳/4歳/5歳

用意する物・道具

  • なし

遊びのねらい

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 遊びを通じて楽しみながら交通ルールを学ぶ
  • 集団で一緒に行動することを経験する
  • すばやく反応し身体を動かすことで、瞬発力などの身体能力を高める

遊び方・ルール

①子どもたちは、スタートラインに横一列に並びます。保育者(指示を出す人)は、ゴールラインに立ちます。

②保育者が言った言葉に合わせて動きます。保育者が「青!」と言ったら、子どもたちは一歩前にジャンプします。
子どもたちが前に進んでいるイラスト

③保育者が「黄色!」と言ったら、子どもたちは一歩後ろにジャンプします。
子どもたちが後ろにジャンプしているイラスト

④保育者が「赤!」と言ったら、子どもたちは前後に動かず気を付けの状態で止まります。
動きを間違えてしまう子がいたら、その子はスタートラインに戻ります。
子どもたちがストップしているイラスト

⑤指示に合わせて間違えないように進んでいき、ゴールラインに到達できたら成功です!
子どもたちがゴールしているイラスト

ポイント

保育園・幼稚園で取り入れる際には、この遊び一つで終えるのではなく活動前に交通ルールに興味を持てるような絵本を読むなど、導入をしっかりと行うことをおすすめします。イラストなどを使って説明してもいいですよ。

また遊びの最中にも、言葉で伝えるだけではなく信号のイラスト(赤・黄・青それぞれが光っているイラスト)を用意しておくと、子どもたちにとって分かりやすいです。「信号の色を目で確認してから渡る」ということを身に着けるきっかけにもなりますね。

アレンジ例

青・黄・赤以外の色を使う

通常のルールに加え、保育者が「ピンク!」「白!」など信号にない色を言った時には「ないない!」と手でバツマークを作ります。信号の色は何色があるか、ということを子どもたちが覚えるきっかけになりますし、フェイントになってゲームがより盛り上がります。また、「ゴールする」ということを目的としないのであれば、信号の色以外の色を言ったら鬼ごっこに切り替わり、子どもたちは一斉に逃げる、というルールにしても遊びの幅が広がって楽しいです。

動きをアレンジする

広いスペースを確保できないときは、その場でできる動きに置き換えて遊ぶのがおすすめです。例えば、青→足踏み、黄色→左右をきょろきょろと確認、赤→しゃがむなど。このとき子どもたちが混乱しないよう、動きを変更する場合にも「青の時に横断歩道を渡っていいんだ」と分かるような動作にすることがポイントです。

※掲載イラストや記事内容の 無断転載・二次利用、配布・加工は禁止とさせていただきます。

▼ほかおすすめの記事はこちら!
ほいくis(ほいくいず)編集部

この記事を書いた人

ほいくis(ほいくいず)編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

<Instagram>
https://www.instagram.com/hoiku_is/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事