間違っていない?新人保育士さんが知っておくべきビジネスマナーとは【敬語・電話】

就職活動をする女子学生
この春、新社会人として保育士デビューした皆さんの中には、保護者や先輩保育士さんとの関わり方に不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。ここで大切なのは、ビジネスマナー。今回は、新社会人として知っておきたい基本的なマナーをご紹介します。

ビジネスマナーは保育士にも必要

一般企業に就職すると、多くはビジネスマナー研修などの機会が設けられています。しかし、専門職となる保育士さんは、就職したその日から子どもたちとの毎日にバタバタ…マナー研修どころではない! というところもあるかもしれませんね。

職業柄ビジネスマナーとはあまり縁がないように思えますが、保育士さんにとっても重要です。
  • 保護者との会話や連絡帳、おたより(クラスだより)
  • 園宛に来るメールや電話
  • 地域の人との関わり
  • 先輩保育士との関わり
など、しっかりとした言葉遣いや対応が求められる場はとても多いのです。また、ビジネスマナーは身に着けておいて困ることはありません。一度よく確認しておくといいでしょう。

正しい言葉遣いとは【敬語編】

多くの方が悩むのが敬語の使い方。保護者と話すときや連絡帳の記入などでも使用するので、しっかり理解して正しい使い分けをしましょう。

敬語の基本

  • 尊敬語
相手に敬意を示すときに使う。
「お+動詞+~なる」「ご+動詞+~なる」

例)ご覧になる、お聞きになる
  • 謙譲語
自身の行為をへりくだって表現するときに使う。

例)申し上げる、拝見する
  • 丁寧語
丁寧に表現するときに使う。

例)見ます、言います

ビジネスシーンでよく使う敬語

  • 「僕」「自分」⇒「わたし」「わたくし」
  • 相手の会社⇒口頭の場合は「御社」メールの場合は「貴社」
  • 自分の会社⇒「弊社」「当社」※園の場合は「弊園」「当園」
  • 分かりました、了解しました⇒「かしこまりました」「承知いたしました」
  • すみません⇒「申し訳ございません」
  • ご苦労様です⇒「お疲れ様です」
  • なるほど⇒「おっしゃるとおりです」
  • できません⇒「いたしかねます」
これは一般的企業でよく使用される敬語です。ついつい使ってしまいそうな「分かりました」や「すみません」。正しい言い方を覚えておくと、さまざまな場面で役に立ちます。

身内に役職や「さん」は付けない

これは、とても間違えやすいポイントです。身内の人には「社長」「部長」などの役職や、「〇〇さん」は付けません。例えば外部から「〇〇園長」宛に電話があった際は、「園長先生はいません」「〇〇園長はいません」ではなく、「〇〇は席を外しております」「〇〇は休みを取っております」などと伝えましょう。先輩保育士も同様、外部に対しては「△△先生」ではなく呼び捨てにします。

正しい電話対応をマスターしよう

保育士が電話対応をする機会はそこまでないのでは? と思っている方も多いかもしれません。しかし、実際は保護者から、園見学希望者から、役所から、系列園から、などさまざまな電話を受けて対応する機会が数多くあります。

近年は、SNSでのやり取りが基本となっているため電話対応に苦手意識を持っている方も多いようです。就職先の園で戸惑わないよう、しっかり理解しておきましょう。

しっかり挨拶をする

電話を受けたら、まずは「お電話ありがとうございます」と挨拶をします。このとき、通常の電話でよく使う「もしもし」はNGなので注意しましょう。中には、朝は「おはようございます」と挨拶をするなど決まっているところもあるので、園に確認をしておくといいかもしれません。

3コール以上の場合は「お待たせいたしました」

ビジネスシーンでは、基本的に3コール以上待たせてしまったときには「お待たせいたしました」と出るのがマナーとなっています。園では、忙しい時間帯などはなかなか電話が取れないこともありますよね。取るまでに時間がかかった際には一言付け加えるようにしましょう。

取り次ぐ場合は相手の名前を確認

「〇〇さんいますか?」と電話がかかってきた場合は、相手の名前を必ず確認しましょう。相手が分からないまま取り次いでしまうと、情報漏れに繋がることも。

保留が長くなる場合は途中で断りを

取り次ぎや確認などで、電話を保留にすることは多いと思います。しかし、保育中だとなかなか対応が出来ずに相手を待たせてしまうことも。保留のまま長い時間待たせることがないよう、「長くなるな」と感じたら途中でその旨を伝えましょう。場合によってはかけ直しをする方が良いでしょう。

正しいマナーで素敵な社会人に

最近では、保育士向けのマナー研修を行っているところも増えてきているようです。しっかりとマナーを身に着け、素敵な社会人になりましょう。
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事