ログイン

これだけは気を付けたい!保育実習で心がけること8選

エプロンを着ている男女二人
保育学生の皆さんにとって実習は、保育士になるための経験を積む大切な場。実際の保育現場で先輩保育士さんや子どもたちと接するため、それなりの準備をして臨む必要があります。今回は、保育実習で心がけておきたいことをご紹介します。

実習に必要な心の準備を

保育学校に通っている皆さんは、卒業まで何回かの実習がありますよね。何度経験しても、現場は緊張するのではないでしょうか。

失敗をすることはまったく問題ありませんが、行くまでにしっかりと事前準備をしていくことは大切です。また、期間中は現場での適切な振る舞いを心がけて、気持ち良く実習を行いたいですよね。今回は、現場で実習生が気を付けておきたいことをまとめてみました。

現場で気を付けること

実際の保育現場で、実習生の振る舞いは先輩保育士さんにしっかりと見られています。そこで守っておきたいマナーや気を付けたいことを確認しておきましょう。

笑顔を忘れない

笑顔の女性保育士
実習中、まったく笑顔がないと現場の保育士さんから「やる気がないのかな?」「楽しくないのかな?」とマイナスなイメージを持たれてしまいます。笑顔は実習中に必要なことの絶対条件と言っても過言ではありません。保育士さんや子ども、保護者と笑顔で接することを心がけておきましょう。

元気に挨拶をする

挨拶は必ず守らなくてはいけないマナーのひとつです。現場の先輩はもちろん、送迎に来た保護者にもしっかりと元気に挨拶をしましょう。なかには「実習生なのに保護者に『おかえりなさい』と言いづらい…」と感じる方もいるかもしれませんが、現場にいる以上実習生でもひとりの先生です。明るく堂々と挨拶してくださいね。

ハキハキと返事をする

保育士さんから呼ばれたときや何か頼みごとをされたときなどは、ハキハキとした返事を心がけましょう。小さい声やこもった返事では、声をかけた側も「ちゃんと伝わっているのかな」と不安になってしまいます。挨拶は、笑顔と合わせて心がけておきたいポイントですね。

提出期限を守る

カレンダーと赤色えんぴつ
実習生は、実習記録などを園側に提出する機会がありますよね。その他にも、製作や書類作成の手伝いをお願いされることがあるかもしれません。そのときは、しっかりと提出期限を確認して守るようにしましょう。期限を言われないときには、自分から確認しておくと安心です。「言われていなかったから遅れた」ということがないようにしましょう。

分からないことは質問する

実習をする中で分からないことが出てくるのは当たり前。そのときは躊躇せずどんどん質問をしましょう。先輩保育士さんも丁寧に教えてくれるはずです。質問をすることで吸収できることが多くなるので、積極的に学ぶ姿勢を持ってくださいね。

身だしなみに気を付ける

園にもよりますが、身だしなみに細かい決まりがあることも。服装は事前に確認をしておきましょう。また髪色やアクセサリーの着用、爪の長さなどには特に注意が必要です。しっかりと見られている意識を持って、清潔感のある身だしなみを整えましょう。

言葉遣いに気を付ける

大人と接するときの言葉遣いに気を付けている方は多いかと思いますが、子どもとの会話の中でも気をつけましょう。いわゆる”若者言葉”やキツイ物言いはNGです。子どもは大人の言葉をよく聞いていて、真似して覚えていきます。いつ誰に聞かれても困らない正しい言葉遣いをしてくださいね。

情報の取扱いは慎重に

笑顔でスマートフォンを持つ女性
実習中の問題として挙がりやすいのが、情報の取扱いについて。実習記録をファミレスやカフェで書いたり、友だちと外で園の話をするのはやってはいけないことです。またSNSに園や子どもの情報が漏れるような写真を載せるのもNG。「顔を隠せば良い」「友だちに限定しているから大丈夫」という考えは捨てて、情報の取扱いは慎重に行ってくださいね。

心構えを大切に

実習は大変かもしれませんが、現場のことを良く知ることができる大切な機会です。しっかりと心構えを持って実りある実習にしてくださいね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事