閉じる

MENU

ログイン

保育実習の前に必ず確認しておきたい!学生がするべき事前準備とは

学生の皆さんにとって保育実習は大きな山場。これからという方は、さまざまな不安や緊張を抱えているのではないでしょうか。しかし、事前に「何をするのか?」「何が必要なのか?」といった目的をしっかり確認して準備をすれば大丈夫。安心感が違ってきます。今回は、保育実習に行く前に準備しておきたいことをご紹介します。

前日までにこれだけは確認!

目前に迫った保育実習、いったい何を準備すればいいのでしょうか。保育園での実習は、普段の学校の勉強とはまた違った学びの場であり、本当の保育の場。充実した実習にするためにも、また現場での事故などの危険を防ぐためにも、気を付けておきたいことがあります。必ず確認しておきたいポイントを見ていきましょう。

園の下調べ

実習先である園の保育方針や一日の流れ、実習中にある行事などを事前にホームページなどで調べておきましょう。流れがわかっているだけで、動き方が大きく変わってきますよね。規模やクラスの人数なども調べておくといいですよ。

最初の挨拶

勤務している先生たちへの挨拶はもちろん、子どもたちへの挨拶も考えておくことをおすすめします。あまりかしこまった言葉を使った挨拶よりも、子どもにもわかりやすく、明るい話し方を心掛けた挨拶になるよう工夫してみましょう。


手遊びや絵本の準備

実習中には、手遊びや読み聞かせをお願いされることもあります。当日慌てないためにも、子どもたちの年齢に合わせたものを予め考えておきましょう。事前に担当クラスを教えてもらうようにしておくと安心ですね。
   

持ち物の確認

実習生にとって基本ではありますが、忘れ物はNGです! 園から伝えられた持ち物の他にも、必要だと思うものは準備しておいて損はないですよね。実習当日にも最終確認をしっかり行いましょう。  

実習での目標

実習の期間で身に着けたいことや、学びたいことは何ですか? せっかくの保育現場に立てるチャンスなので、自分なりの目標を決めて挑みましょう。具体的な目標があれば、知りたいこと、聞きたいことがより明確になります。実習の環境でしかわからないことがたくさんあるので、この機会に多くのことを吸収したいですね。

部分実習や責任実習の内容

実習内容は、前日までにしっかり練っておくことが大切です。また、事前に園側にやりたいことを伝えておくことをおすすめします。そうしておけば、保育士さんたちもサポートしやすくなるので、実習をする側も助かりますよね。園の方針でできないことなどもあるかもしれないので、なるべく早めに相談しておきましょう。

爪の長さ

爪の長さは、実習中にも定期的に確認しましょう。子どものおむつ替えや着替えのサポート、抱っこなどをしたときに爪が引っかかっては大変です。子どもたちの安全のためにも、適切な長さを保つように注意しましょう。

装飾品の着用

ピアスやネックレスなどの装飾品は、誤飲などにつながるため基本的には禁止です。中には、仕事中は腕時計のみ許可しているという園もあるので、使用については確認してから判断するようにしましょう。​​​​​​

実習に適した備えをしよう

保育実習は不安や緊張があって当たり前。当日になって焦らないためにも、事前の準備はとても重要。チェックリストを作って準備するのもいいでしょう。しっかり備えて、学びのある実習になるといいですね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。

<資格>
保育士/児童指導員/社会福祉主事

<Instagram>
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事