保育園の子どもたちも参加!ブラジルのカーニバルとは

カーニバルに参加するブラジルの子ども
ブラジル・カノア保育園の設立ストーリーと並行してお届けしている、ブラジルの文化や地元の生活を紹介するシリーズ。今回は、「ブラジルと言えば?」という質問への答えに必ず登場する“カーニバル”について。

「ブラジルと言うと何を思い浮かべますか?」と聞くと、「サッカー」「アマゾンの大森林」そして「カーニバル」と答える人がたくさんいます。さて、皆さんは何を思い浮かべましたか?

カーニバルの開催日は、毎年決まっている訳ではなく、月の暦で日付が変わります。毎年だいたい2月~3月に実施されるのが通例です。もともとカーニバル­は「謝肉祭」と呼ばれ、カトリックなど西方教会の文化圏で見られる通俗的な節期が由来。イースターの前に行われるお祭りのことです。

さて、ブラジルのカーニバルと言うと、皆さんが想像するのは、大きな山車を従え、羽根を背負ったダンサーが踊る…というものなのではないかと思います。しかし、実は、ブラジルのカーニバルすべてがそういったものだけではありません。地域によって音楽や踊りも変わってきます。そうです、広いブラジル。同じカーニバルといっても、その地方によって装いが異なるのです。ちなみに私が一番好きなのは、ペルナンブッコ州の「フレイボ」というもので、虹色の傘を使って踊るものです。皆さんもお時間があればぜひ、「どんなカーニバルがあるんだろう??」と調べてみてくださいね。

さて、私が住んでいる場所ではどうか? というと、こちらでもカーニバルは行われます。アラカチ市内の中心街においては、各地区の代表からなる踊りが披露され、採点がされます。服装、踊り、パーカッション、ストーリーなど、さまざまな点から評価され、その年の順位が決まるのです。これは、皆さんがご存知のようなサンパウロやリオ・デ・ジャネイロで行われるカーニバルと近いかもしれませんね。
もちろん、私が住むカノア・ケブラーダ地区にもカーニバルに参加するチームがあります。そのチームは長きにわたって地元だけで披露してきましたが、近年はアラカチ市の中心街におけるカーニバルにも出場するようになりました。

残念ながらまだ良い順位をとったことはありませんが、それでも毎年参加することに意義があるというように、準備に余念がありません。みんなで集まり、どんなものにするのかということを考える。そのプロセスだけでもとても楽しいようなのです。

ちなみに、私たちの保育園と学童教室の子どもたちも地元のパレードに参加したことがあります。私が一番印象に残っているのは、環境問題をテーマにし、子どもたちが魚に扮して、海を表現したときのカーニバルパレードです。その時の子どもたちは本当にとてもかわいらしかったです。

さて、今年も子どもたちがパレードを行うようです。どんなものになるのでしょうか? 今から楽しみです。
鈴木真由美

この記事を書いた人

鈴木真由美

保育士。ブラジル・カノア保育園 園長。2000年にブラジル北東部にある漁村カノアに渡り保育園の運営を始める。2006年にカノアでの支援を目的にした「光の子どもたちの会」を設立(2015年にNPO法人となる)。現地の地域力向上を目指して活動中。2児の母。
<光の子どもたちの会HP>
http://criancasdeluz.org/quem_somos_nos/quem_somos_jp.html

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事