ログイン

紙皿で作るカンタン雪だるま【製作アイデア】【壁面】

冬の季節にぴったりの雪だるまを、身近な材料でカンタンに作ってしまいましょう。紙皿の丸い形をそのまま活かした、定番のリース風製作ですよね。自由に飾り付けをして、自分だけのオリジナルが作れるので、子どもたちと一緒に取り組むにはピッタリです。今回は、可愛いマフラーをあしらった作例をご紹介します。

対象年齢

3歳/4歳/5歳

用意する材料・道具

  • 紙皿
  • フェルト(オレンジ、赤など)
  • 麻ひも(ぶら下げ用)
  • 折り紙(鼻の部分/色画用紙でもOK)
  • 丸シール
  • キラキラシール
  • セロハンテープ
  • 油性ペン(黒)
  • クレヨン
  • のり
  • カッター
  • ハサミ
  • 目打ち


 

作り方

  1. 上向きの紙皿の内側をカッターでカットします
  2. 一部だけ残して丸く切り抜きましょう
  3. 切った部分を上向きにひっくり返します
  4. フェルトを約2cm×30cmにカットします
  5. 両端にハサミで縦に細かい切れ込みを入れます
  6. マフラーの要領で雪だるまの首の部分に巻き、裏側で留めます
  7. 三角に切った折り紙(色画用紙)を鼻の部分にのり付けします
  8. 油性ペンで目玉を描いた丸シールを貼り付けます
  9. クレヨンでほっぺたを描きます
  10. キラキラシールで胴体を装飾します
  11. 上部に目打ちで穴開けし麻ひもを通します
  12. 完成です♪
★YouTube公式チャンネル

ワンポイントアドバイス

カッターは危険ですので、保育園や幼稚園で子どもたちと取り組む際はあらかじめカットしたものを用意しておいても良いでしょう。作例の他にも、バケツの帽子や、手袋をあしらったり、クリスマスっぽい赤と緑のカラーで仕上げてみてもいいですね。同じゆきだるまの型でも、アイデア次第でいろいろ工夫できるので、いろいろなパーツや素材を用意して取り組んでみてくださいね。

【ディレクション・監修】KUMA’S FACTORY/星野慧

注意)
再生にはパケット通信料が発生します
再生時には音声が流れます


《ほかおすすめの製作はこちら!》
ほいくis/ほいくいず工作部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず工作部

元保育士やプロの編集者、デザイナーなど、工作や造形が得意なメンバーで構成。定番の製作から新しいアイデアまで、日々の保育で役立つさまざまな製作・壁面・手作りおもちゃアイデアをお伝えしていきます。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事