保育士研修(音楽遊び)の講師って、どんな仕事?

夏休みは研修シーズン

皆さん令和最初の夏休みは、楽しく過ごされましたか?

私は、アメリカのポートランドで出産&子育てをしている友人宅へ行ってきました。
(写真は子どもセンターの壁面。続きは下記、番外編をご覧ください)

そして、先日は兵庫県猪名川町で「公立の保育士&幼稚園教諭対象の音楽研修」をおこなってきました。

こういった研修を受ける方もいらっしゃると思いますので、参考までにその時のことをお話しさせていただきますね。普段、私がどんな準備をして臨んでいるかなど、ざっくりとですがお伝えします。

音楽遊びの研修

[1]依頼

主催者からいただいた、会場や人数の詳細が書かれた「依頼表」を元に、セットリストを作成します。

私の場合、「アップライトピアノ(箱ピアノ)、電子ピアノ(ペダル有無)のどちらかがあるのか」なども確認します。
環境・状況により、プログラムは変わってきます。

[2]当日~準備

私はマイカーを持っていないため、先日は最寄駅から送迎していただきました。

車内で担当の方から「今日の様子や現状」を伺えたので、到着後にプログラムを練り直し。「乳児向け・座学」をなくして、替わりに「幼児向け」を増やすことにしました。

[3]講習スタート

今回は依頼内容が「2学期からスグ使えるリズム表現あそび」だったため、プログラムは「ウォーミングアップ(1年中遊べるもの) → 秋 → 楽器」という順で進めました。

先生方が「うんうん」と笑顔で頷いてくださったり、いたずら心の仕掛けで、笑い声が出たり。和んだ雰囲気で、とても進めやすかったです。参加いただいた皆さん、ありがとうございました(笑)

「ピアノの伴奏が簡単であること」「歌詞がシンプル」「弾きやすいメロディ」など、ポイントになるところで説明を入れつつ進めましたが、「子育て支援で使える!」などの声も聞こえて、とても嬉しかったです。

そのほか、音楽療法でも使用される「スパークハーフ(上記の写真:黄色い布)」や「楽器の扱い方・遊び方」も、実践を交えながら、お伝えさせていただきました。

まとめ

この講師業をはじめて数年が経ち、いろんな園や先生方にお会いしてきました。

「園児のために」と頑張る先生方のために。

私の講師活動を通して「楽譜に頼らない、音楽あそびの楽しさ」「音楽を通して人と繋がる楽しさ」を味わってもらえると嬉しいです。

楽器遊びなど、童心に返って目が輝いている先生方の表情は、本当に美しいです!!
日本全国の先生方、研修&講習お疲れ様でした!!

番外編

最初にお話ししたように、8月中旬に「アメリカのポートランド」に行ってきました。
アメリカで人気No.1の住みやすい街であり、夏にはストリートピアノがたくさん現れます。
音楽を通した交流ほど、人生、面白いものはないです。

「芸は身をたすく」

みなさんも「芸術の秋」「読書の秋」、素敵な秋を見つけてください!

旅レポートは、インスタグラムのアーカイブ・FaceBookなどに掲載しています。
ぜひ、そちらもご覧ください♪♪

 
藤本ちか

この記事を書いた人

藤本ちか

保育士やリトミック講師、ピアノ講師といった経験を活かしながら、「スグ簡単に遊べる音楽」作品を発表しているミュージシャン&ピアノ講師。元保育士。「0~5歳、兄弟や異年齢でも遊べる」「ピアノ初心者の先生も、弾きやすい」「家庭で親子が、サクッと遊べる」など、保育に役立つ実用的なオリジナル作品をYouTubeで配信。音楽イベントやセミナー講師などさまざまな分野で活躍中。
<YouTube>
https://www.youtube.com/user/k2506091/featured

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事