ログイン

保育実習にも役立つ!楽しく歌を始められる“歌絵本”の作り方

イラストと歌詞を書いた紙
「スグ簡単に遊べる音楽」作品を発表しているミュージシャン&ピアノ講師で元保育士の藤本ちかさんによるコラム。今回は、子どもたちと一緒に楽しく歌を歌うために、効果的な“歌絵本”を紹介してもらいます。

保育実習にもおすすめの“歌絵本(うたえほん)”とは?

「子どもにどう教えたらいい?新しい保育の歌に挑戦するワザ3選」でご紹介した“歌絵本(うたえほん)”について、「もっと詳しく知りたい」というお声をいただきました。 そこで! 今回は図解付きで“歌絵本”を解説していきます。物語性のある歌や、長い歌詞の歌におすすめの導入方法です。

文字に興味を持ち始める4~5歳児クラスを想定しています。

歌がもっと好きになる “歌絵本”の作り方

 

用意するもの

  • 白画用紙(A3ぐらい)5枚ほどあればOK
  • マジックペン
  • 色鉛筆
  • のり
  • マスキングテープ

作り方

画用紙とマジックペンとファイルとCD
  1. 画用紙を縦半分に折り、下半分にマジックペンで歌詞を書きます。
  2. 上半分は子どもがイラストを描くスペースとして、あけておきましょう。
※1画用紙に1場面の歌詞を書いていくので、裏写りするマジックペンを使用しても問題ありません。

今回の曲目は「そうだったらいいのにな♪」。楽しい曲を選んでみました。
 
そうだったらいいのになと書いた紙

歌のタイトルと、歌詞を書いたものがこちら。画用紙の下半分に、歌詞を小分けにしたものが書かれています。

今回は“歌絵本”のデモンストレーションのため、私のピアノ教室の生徒さん姉妹(小4、小1)に、イラストをお願いしてみました。どんなイラストが誕生するのでしょうか…!?

ちなみに「子どもたちが絵を考えているとき、保育者はどう接したらいいでしょうか?」と聞かれることがあります。 

私は歌詞を音読してみたり、実体験を思い出す・想像を膨らます言葉がけをしたり…ということを心掛けています。

例えば「ジャングルってどんなところ?」や「サンタクロースってどんな服着てるの?」など、注意すべき点は“大人の解釈や正解”を言わないこと

そして、完成したイラストはこちら!!
イラストと歌詞を書いた紙

じゃんっ! 歌詞に合わせてかわいい絵が誕生しました! 

ディズニーの隠れキャラクターもいるそうです。どこにいるか分かりますか?(ヒントはジャングルに、ラプンツェルのお友達が…)

サンタの場面には、おいしそうなごはんがいっぱい!! テーブルの上に描いたメニューを、細かく解説してくれました。子どもたちの描くイラストには、物語がたくさん隠されていました。想像力がすごいですね。

そして、これをのりづけしていきます。
紙にのり付けをしているところ

スケッチブックではなく画用紙を使うことで「ジャングルは〇〇ちゃん、サンタは〇〇ちゃん」などと分担して、好きな時に好きな場所で思い思いに描くことができます。また、マジックペンの裏写りも防ぐことができます。

完成した“歌絵本”で歌ってみましょう

完成した歌絵本を持つ二人の女の子
それではさっそく完成した“歌絵本”を持ちながら、歌ってみましょう♪

私が保育士のときは、朝の会などで当番が前に出て、歌絵本を持つ係を担当していました。

クラスのお友達が絵がいた絵や、歌詞をみながら歌うことで、歌の楽しみ方が広がります。また本棚に入れておくことで、自由保育の時間に見て歌っている子もいました。

世の中には、童謡や「おかあさんといっしょ」の最新曲、日本のポップスなど、たくさんの歌があふれているので、ネタにはまったく困りません! なかには5番まである長い物語性のある曲、サンバやタンゴのような民族的な歌もありますね。

ぜひ“歌絵本”を活用して歌の世界をより楽しみ、世界観を広げてみてはいかがでしょうか?

保育実習に向けて準備中の学生さんにもおすすめ

今回は、“歌絵本”の作り方と活用方法をご紹介しました。“歌絵本”のいいところは、世界に1つだけのものを作れること

実習を控えている学生さんなら、実習前に見本品として歌絵本を1冊作っておくことをおすすめします!

実習中に「なにしよう…」と悩んだ時の引き出しとして、きっと役立つはずです♪

 
【ほかおすすめの記事はこちら】
藤本ちか

この記事を書いた人

藤本ちか

保育士やリトミック講師、ピアノ講師といった経験を活かしながら、「スグ簡単に遊べる音楽」作品を発表しているミュージシャン&ピアノ講師。「0~5歳、兄弟や異年齢でも遊べる」「ピアノ初心者の先生も、弾きやすい」「家庭で親子が、サクッと遊べる」など、保育に役立つ実用的なオリジナル作品をYouTubeで配信。音楽イベントやセミナー講師などさまざまな分野で活躍中。
<YouTube>
https://www.youtube.com/user/k2506091/featured

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事