ログイン

保育者向けの製作講座で何を教えているのか?

子育てや教育・児童出版のイラストから子ども向けのさまざまなデザイン、製作、保育者向け講座まで、幅広いフィールドで活躍するKUMA’S FACTORYチーフクリエイター・星野はるかさんによるコラム。第1回目は、保育者向けの製作講座について。クリエイターとしての仕事の傍ら、講師としても精力的に活動する星野さん。どのような講座を開催しているのでしょうか。

こんにちは、KUMA’S FACTORYでチーフクリエイターを務めている星野はるかと申します。これから、保育とアート力をテーマにいろいろなことをお伝えしていきたいと思います。今回は第1回ということで、自己紹介も兼ねて私が取り組んでいる保育者向けの製作講座について。

私が所属しているKUMA’S FACTORYは、保育園・幼稚園向けの童画制作や、保育者・幼児向け出版物の製作のほか、子どもがいる環境向けのデザインや制作物を手掛けています。ひとことで言うと、子ども向けのクリエイティブなら何でもお任せ!という会社ですね(笑)。





最初はイラストレーターとしてキャリアをスタートしましたが、そのうち保育園や幼稚園で作る制作アイデアの提案など、造形の方に守備範囲を広げながら今に至ります。やっぱりこの世界は、絵と造形はお互い切り離せない関係なんだなと思います。
いま私が取り組んでいる活動の一つに、保育者向けの製作講座があります。
始めてかれこれ10年になりますが、イベント会場や保育園、幼稚園にお邪魔して、先生たちに絵の描き方や制作の実演と指導を行っています。
 
どんなことをやっているかと言うと、全体としては
  • 実演
  • 実践
  • 講評
という流れになっています。
こう書くとシンプルですが、このプログラム構成に至るまでは何度も試行錯誤を重ねました。せっかく参加してもらった先生たちに、きちんと成果を持って帰ってもらえるような内容にしたいという想いがあり、そのためには今の形がベストということで落ち着きました。
 
具体例ですが、先日、千葉県の流山幼稚園協会様の主催研修として実施した製作講座をご紹介しますね。
 
この日のテーマは「オリジナル衣装を作る」ということで、素材やテーマ別に帽子を2種類作りました。一つはオレンジ色のビニールを使ったカボチャの帽子。もう一つが色画用紙を使った三角帽子です。まずは私がポイントを解説しながら実演します。
その後、先生たちに実践をしてもらうのですが、素材やあしらい、モチーフなど、ある程度アレンジは自由にしてもらうようにしています。
 
もともと先生たちはある程度制作スキルはあるので、実践中の指導は、どちらかと言うと基本的なことよりは、アイデアの活かし方について引き出しを増やしてもらえるようなアドバイスが中心になります。
作品が出そろったら、皆さんの前で一つひとつ講評をします。

最初に組み分けした班ごとに前に出てきてもらい、それぞれの作品に対して感想と、ちょっと加えてみたい工夫や別のアレンジ方法などを、私の引き出しをフル回転させてお伝えしていきます。
 
例えば三角錐の帽子なら、てっぺんの部分の処理の仕方ひとつで印象が全然変わるとか、動物をモチーフにした造形なら、頬の部分にピンクのチークをうっすら塗ってあげると可愛く仕上がるなど、ちょっとしたポイントや小技ですね。
講座の中でも、講評のところが一番のポイントかもしれません。例えば20名が参加していれば、20通りの講評を共有することができます。そして、それは20個の引き出しを持って帰れるということにもなります。

先生たちはこの後、子どもたちに製作指導をする訳ですから、できるだけアドバイスの引き出しも多い方がいいですよね。

次回も講座についてお話ししたいと思います。


【関連記事】
星野はるか

この記事を書いた人

星野はるか

KUMA'S FACTORY(クマズファクトリー)チーフクリエイター。子育てや教育・児童出版物向けのタッチを得意とするイラストレーターとしてプロの歩みをスタート。その後、子ども向けに特化した専門力をより高め、保育製作物の提供・案、こども環境向けの童画制作・企画などなど、創作の幅をひろげ、数千枚を超える原画納品実績を今なお積み上げている。その他「全国ジャンボ宝くじ」全5シリーズ、計十数回の採用を誇るなど豊かな実績も併せ持つ二児のママクリエイター。
<ホームページ>
http://www.studio-kuma.net/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事