ログイン

雨の日の室内遊び&隙間時間に!スウェーデンで人気の保育ネタ【海外の保育アイデア】

スウェーデンの保育園の室内
スウェーデン在住で2児の母であり、プレスクールで保育士として働くよしざわたかこです。この連載ではスウェーデンの幼児教育を中心として、保護者の目線と働く目線とを織り交ぜながら、現地のリアルな情報をお伝えしていきます。>>連載の記事一覧はこちら

雨の日や保育の隙間時間、どんな風にすごしていますか?

6月が年度終わりとなるスウェーデンでは、長い夏休みに向けて、大人も子どももゆったりした時間を過ごしています。

学期を通して行ったプロジェクト活動もいったん区切りをつけて、今の時期は外遊びが中心になっています。

しかし雨天や室内のちょっとした隙間時間はどうしても子どもたちも間延びしてしまって、事故やいざこざが起こりがちです。

日本の保育園でも、同じような悩みがあるのではないでしょうか?

そんな時にできるちょっとした保育ネタがあると、便利ですよね! 今回は、スウェーデンので人気の“室内でできる保育ネタ”を紹介したいと思います。

1~3歳児さん向け「ミニローリス(Miniröris)」

動画を観ながらやってみましょう!

 

音楽と音声に合わせて身体を動かす活動です。

ビデオの最初に出てくる「Häng med?」は「一緒にやる?」という声かけなのですが、これを聞くと子どもたちがワーッと寄ってきます。

友達と一緒に身体を動かすおもしろさの他に、音声がどんな動きを指示しているのか、聞き分ける力も培えます。

ジャンプ、走る、くるくる回るなどはすぐにできるのですが、自転車をこぐ動きや片足で立つなどは難しい子が多いです。そこで何度も繰り返すことで、試行錯誤しながらできるようになるプロセスも見えます。

またプロジェクターがある園では、YouTubeの映像を投影していることもありますが、私の園の年少児クラスにはないので音だけでやっています。

日本の保育園で活用するなら?ワンポイントアドバイス

日本は普段から音楽活動が身近にあるので、この「ミニローリス」のようにちょっとした動きを加えてみることで、活動の切れ目の時間も充実した時間にできるのではないでしょうか?

ちなみに保育にYouTubeを利用することに抵抗がある読者も多いかと思いますが、スウェーデンの保育士は楽器の演奏が課されていません。

さらに無料で様々な楽曲が簡単な操作で活動に利用できる利点はあると感じます。そのため多くの園できちんとした目的のもとに一般的に利用されています。

4~5歳児さん向け「ポンぺリポッサ(pomperipossa)」 

Pomperipossaの絵本
これは絵本から派生した遊びになります。この絵本は1895年に発表された鼻の長い魔女のお話でスウェーデンの古典になります。

この魔女が魔法をかけていたずらをする度に鼻がどんどん長くなっていき、最後は怒った王様がポンペリポッサを石に変えてしまうというお話です。

遊びのルールはこんな感じです。

①子どもたちが音楽を聞きながら自由にゆっくり部屋の中を歩いて、音楽が止まったタイミングで床にうずくまり、目を閉じて待ちます。

②保育士が一人の子どもにそっと毛布などの布をかけて外側から誰か見えないようにします。

③保育士が机や壁などをノックして「ポンペリポッサ、ポンペリポッサ、毛布の下に隠した子どもは誰だ?」と尋ねます。

毛布をかけられた子ども以外は、立ち上がって誰が隠されたのかを当てます。


日本だと、音楽に合わせてピタッと動きを止める「イス取りゲーム」と先生が協力して行う「かくれんぼ」の要素が合わさったような遊び…と、イメージしていただけるとわかりやすいかと思います。

先日この遊びを始めて見たのですが、どの子もドキドキハラハラしているのが伝わってきました。古典文学から派生した遊びということもあり、様々なバリエーションがあるようです。

残念ながら絵本は翻訳されていませんでしたが、日本でも馴染みのある魔女の名前に変えて取り入れられそうなので、ぜひ試してみて下さいね。

次回は2021年8月25日公開予定です。お楽しみに!

【ほかおすすめの記事はこちら】
よしざわたかこ

この記事を書いた人

よしざわたかこ

スウェーデンの保育士。東京でOL(10年)→出産→退職→幼児教育を学ぶために再度大学生→2016年に家族でスウェーデン移住→スウェーデン語をゼロから学び、2019年5月からプレスクールに勤務中! 移住後は、スウェーデンの幼児教育事情をブログにて配信中。
<ブログ>
https://sweden-hoikublog.com/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事