ログイン

【Vol.4】映画『みんなの学校』木村泰子さんが考える、保幼小や地域との連携の重要性

「みんなの学校」の木村泰子先生
ドキュメンタリー映画『みんなの学校』の舞台となった「大空小学校(大阪市住吉区)」の初代校長として知られる木村泰子さんへのインタビューシリーズもいよいよ最終回となりました。最後に伺ったのは、保育園や幼稚園と小学校との連携、また施設がある地域との連携の重要性について。小学校の校長を務めたからこそ伝えたい想いを、熱く語っていただきました。

「小学校のため」の保育は必要ない

※映画『みんなの学校』の一場面

保育園や幼稚園では、小学校へ上がる前になると「小学校に向けて」というような活動や声掛けが多く見られますね

保幼小連携の目的をもう一度考えてほしいですね。今、どこでもその重要性が言われていますが、目的は何ですか? 

多くは、「小学校に上がるための保育、幼児教育」と考えられています。でも違うんです。保育園、幼稚園はそこで完結していいんです。小学校のことは考えなくていいと、私は思います。

本来であれば、私たち小学校側が、自分たちの小学校に来る子どもたちはどんな生活をしてどんな関わりをしているんやろうって、学ばせてもらいに行けばいいんです。なので、大空小学校の職員は、丸一日園に行って子どもたちの行動や周りとの関係性を学んできます。

書面だけでなく、実際に目で見て学びに行くのですね

小学校に来て、来づらくなる子どもは絶対いるんですよ、空気が違うから。でもこれは、園のせいではありませんよね。だって保育園と小学校の空気が違って来づらさを感じるんやから。

そうなったときに、保幼小の連携が必要。ちょっと園に帰ってクールダウンして、小学校は「どうやった?」ってその情報を学ばせてもらう。

子どもたちが学校に行けなくなったときに連携が必要なんです。小学校にあがるための連携は、何一ついりません。

園では年長クラスになると、「あと少しで小学校のお兄さんお姉さんなんだから、自分でやりましょう」なんて声も聞こえたりしますよね

「だからどうなの?」と思いますね(笑)。言うなら、「あと少しで小学校だね、残りの保育園いっぱい楽しもうね!」と言えばいいんです。「小学生になるんだから」と言われても、子どもからしたら小学校はしんどいところ、というだけですよ。

2020年から、小学校教育が変わります。プログラミングが必修にはいったりとかありますが、あれはすべて手段! 大切な目的は、主体的・対話的・深い学び。まさにアクティブラーニング。これは、保育の現場で十分吸収できることなんですよ。

今は、大人が子どもを育てる時代

「小学校にあがるための保育」という認識を変えていかなければいけないのですね

考え方を変えなくてもいいんですよ。大人がふと立ち止まって自分の考えを持つ。例えば「〇〇くんはみんなと一緒に行動することができへん。でも、みんなから〇〇くんを切り離すことは、みんなにとっていいこと?」と考えたら分かるやないですか。

一人ひとりの大人が、ふと立ち止まって自分の考えを持ってみればいろいろなことが分かるんですよ。

考え方を変えるというと難しく感じますが、少し立ち止まる、と思うと実践できそうですね

人のせいにしない子どもをつくるはずが、人のせいにする子どもを大人が作っている。10年先、20年先、大人は失敗したと思いますよ。気付いた今、気付いた人がちょっと立ち止まるだけでいいんです。

大空小学校は、自分の子どもを育てたかったら周りの子どもを育てに、できる人ができるときに、無理なく楽しく学校に足を運んで関わっていきます。

今の社会のニーズは、「親が子どもを育てる」ではなく「大人が子どもを育てる」ですよ。

大空小学校に通っていたある男の子も、地域の人が本当に気にかけて育ててくれました。そして彼は、「今の自分があるのは地域の人のおかげや」と言います。今社会人になった彼は、「自分がしてもらったことを返していきたい」と、大空小学校の地域で家を持ちたいという夢を持ってがんばっています。


園と地域はウィンウィンの関係に

木村泰子(きむらやすこ)
大阪府生まれ。武庫川学院女子短期大学(現武庫川女子大学短期大学部)教育学部保健体育学科卒業。1970年に教員となり各校で教鞭をとる。2006年4月に開校した大阪市立大空小学校初代校長として、「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」ことに情熱を注ぐ。その取り組みを描いたドキュメンタリー映画『みんなの学校』が話題となり、2014年の劇場公開後も各地で自主上映会が開催されている。2015年に教師歴45年をもって退職。現在は講演活動で精力的に全国を飛び回っている。著書に『「みんなの学校」が教えてくれたこと(小学館)』『「ふつうの子」なんて、どこにもいない(家の光協会)』など多数。 

「大人が子どもを育てる」ということですが、地域との関わりもとても重要ですよね

近年は虐待などのニュースも多いですよね。園や学校だけでは守れないんですよ。子どもたちを守る力は、地域にあるんです。そうなれば、地域の人がいつもできるだけ時間があれば園に来て、地域の人の風が行きかう園にしていかないと。

自分の地域に困っている子どもがいるということを知っておいてもらって、「あの子どうしているかな」と思ってもらうだけで、その子は救われるやないですか。子どもの命を守るのは周りの大人しかいない。

自分が将来年をとって、ご飯も食べれへん、トイレにも行かれへんってなったときに、助けてくれるのは子どもたちです。全部自分に返ってきますよ。

私が以前働いていた園では、普段から近くの高齢者施設にお邪魔したり、遊んでいるとご近所の方に声をかけていただいたり、関わりが普段からありました

そういう日常的な付き合いが大切なんです。「発表会やるから来てください」「バザーやるから来てください」ではなく、日常的にどれだけ子どもたちのことを分かってもらえるか。

日常的な関わりがあるからこそ、ですね

何かをやるときに招待するなら、企画から一緒にやりましょう。大人同士でたくさん話す機会ができるでしょ、その真ん中にいるのは子どもたちでしょ。素敵じゃないですか?

ギブアンドテイクの関係性には必ず終わりが来ます。ウィンウィンの関係をどれだけつくるか、ですよ。園にとっても地域にとってもいい関係を作りましょう。そうすれば、子どもたちを守っていくことができるはずです。

保育に携わるたくさんの方に伝えたいお話しばかりでした。ありがとうございました!


>>【Vol.1】映画『みんなの学校』の校長先生!木村泰子さんに聞く“ふつう”とは?
>>【Vol.2】映画『みんなの学校』木村泰子さんに訊く、主体的な子どもを育てる保育者の関わりとは?
>>【Vol.3】映画『みんなの学校』木村泰子さんが語る、“当たり前をつくらない”で育つ主体性とは
 
【最新刊】
「ふつうの子」なんて、どこにもいない
木村泰子(著)
定価:1,540円(税込)
発行:家の光協会(2019年7月20日)
映画『みんなの学校』は各地で上映会開催中】

すべての子供に
居場所がある学校を作りたい。

大空小学校がめざすのは、「不登校ゼロ」。ここでは、特別支援教育の対象となる子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。ふつうの公立小学校ですが、開校から6年間、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人もいっしょになって、誰もが通い続けることができる学校を作りあげてきました。

すぐに教室を飛び出してしまう子も、つい友達に暴力をふるってしまう子も、みんなで見守ります。あるとき、「あの子が行くなら大空には行きたくない」と噂される子が入学しました。「じゃあ、そんな子はどこへ行くの? そんな子が安心して来られるのが地域の学校のはず」と木村泰子校長。やがて彼は、この学び舎で居場所をみつけ、春には卒業式を迎えます。いまでは、他の学校へ通えなくなった子が次々と大空小学校に転校してくるようになりました。

学校が変われば、地域が変わる。
そして、社会が変わっていく。

このとりくみは、支援が必要な児童のためだけのものではありません。経験の浅い先生をベテランの先生たちが見守る。子供たちのどんな状態も、それぞれの個性だと捉える。そのことが、周りの子供たちはもちろん、地域にとっても「自分とは違う隣人」が抱える問題を一人ひとり思いやる力を培っています。

映画は、日々生まれかわるように育っていく子供たちの奇跡の瞬間、ともに歩む教職員や保護者たちの苦悩、戸惑い、よろこび・・・。そのすべてを絶妙な近さから、ありのままに映していきます。

そもそも学びとは何でしょう? そして、あるべき公教育の姿とは? 大空小学校には、そのヒントが溢れています。みなさんも、映画館で「学校参観」してみませんか?

出演:大空小学校のみんな
監督:真鍋俊永
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事