閉じる

MENU

ログイン

おちゃらかほい【室内遊び】【イラスト解説】

保育園や幼稚園、認定こども園で日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

おちゃらかほい

「おちゃらかほい」は、2人で向かい合って遊ぶ代表的な手遊び歌・わらべ歌でじゃんけん遊びの一つです。「せっせっせの よいよいよい」で始め、「おちゃらか おちゃらか おちゃらか ほい」の「ほい」でじゃんけんをします。何度も繰り返し歌って遊ぶのが楽しいですよね。明確な終わりがないので、子どもたちが満足するまでずっと続けられます。

難易度 

★★★☆☆

対象年齢

3歳/4歳/5歳

用意する物・道具

  • なし

遊びのねらい

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • ジャンケンのルールを知る
  • 友だちと一緒に遊ぶ楽しさを味わう

期待される子どもの姿

  • 勝ち、負け、あいこを瞬時に判断していくことで判断力と瞬発力を育むことができる
  • 歌にあわせて身体を動かす手遊びを繰り返し行うことで、リズム感覚が身につく
  • 繰り返しの言葉が多いため、言葉を認識したり記憶したりする力が育まれる
  • 友だちとの触れ合いによるコミュニケーション力が養われる

歌詞

セッセッセーの ヨイヨイヨイ
おちゃらか おちゃらか おちゃらか
ほい

おちゃらか 勝ったよ(負けたよ/あいこで)
おちゃらか
ほい
※以降繰り返す

遊び方・ルール

①友だちと2人ペアになって向かい合います。

②お互いの向かい合った側の手を握って、「セッセッセーのヨイヨイヨイ」と言いながら手を上下に振り、同時に「ヨイヨイヨイ」のタイミングで交差させます。

③お互いに左手の手のひらを上にして、右手で自分の手、相手の手、と交互に軽く叩きます。このとき、「おちゃらか おちゃらか おちゃらか ほい!」と歌います。
相手の手を叩く子どもたちのイラスト

④「ほい!」のタイミングで、ジャンケンをします。
ジャンケンをしている子どもたちのイラスト

⑤ジャンケンに勝った子は、「おちゃらか勝ったよ」と歌いながらバンザイのポーズで喜びます。負けた子は「おちゃらか負けたよ」と歌いながら泣き真似のポーズで悲しい顔をします。
ジャンケンに勝って喜ぶ、負けて悲しむ子どもたちのイラスト

⑥あいこの場合は、2人とも「おちゃらかあいこで」と歌いながら腰に手を当てます。
おちゃらかの歌を歌う子どもたちのイラスト

⑦「おちゃらか」と歌います。この時も手は②と同じようにします。

⑧「ほい!」でジャンケンします。以降④~⑧を繰り返して遊びます。「勝ち・負け・あいこ」のポーズを間違えずに出来た方が勝ちです!

ポイント

ジャンケンとその後の動作を合わせて楽しむ遊びです。ジャンケンの勝ち負けでは勝負は決まりません。ジャンケン後で、「勝ち・負け・あいこ」の動作を間違えないように何度も続けて遊びましょう。

ジャンケンのルールが理解できない2歳児頃でも、グー・チョキ・パーの手の形を作ることができるようになれば、手遊び歌(やきいもグーチーパー等)を歌いながらグー・チョキ・パーの手の動きを覚えられそうです。他にも手の形を生き物や食べ物など、子どもたちの身近にあるものに見立てながら、子どもたちといっしょに遊んでみましょう。

また、ジャンケンの勝敗を気にするよりも、いかにテンポよく動作を続けられるか、友だちと息を合わせられるかということを楽しむ遊びです。その反復の楽しさを伝えられるような声かけを意識するといいですよ。

アレンジ例

スピードを上げて楽しむ

ゆっくりのテンポで楽しめるようになったら、徐々に歌のスピードを上げて限界にチャレンジしてみるのもおすすめです。友だちと息を合わせて協力することを楽しむことができますよ。

「勝った」「負けた」のポーズを自分たちで考える

「おちゃらか勝ったよ」「おちゃらか負けたよ」「おちゃらかあいこで」の部分は、子どもたちの想像力に任せてポーズを変えてみてもいいですね。

※掲載イラストや記事内容の 無断転載・二次利用、配布・加工は禁止とさせていただきます。

▼ほかおすすめの記事はこちら!
杉本綾子(すぎもと あやこ)

この記事を書いた人

杉本綾子(すぎもと あやこ)

特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 所属
長年の保育現場勤務を活かし保育園の園長を経て、現在、現場で頑張っている人同士がともに学び、「心の栄養補給」ができる人材を育てるために講座などを企画・運営している。
『幼稚園教諭二種免許・保育士』『おもちゃコンサルタント』『絵画指導スペシャリスト』『保育ナチュラリスト』などの資格を取得。多様な視点から、園での遊びや保育に役立つヒントを届ける。

<芸術と遊びらぼ>
https://artplaylab.jp/
<芸術と遊び創造協会>
http://goodtoy.org/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事