ログイン

おちたおちた【室内遊び】【イラスト解説】

おちたおちたで遊ぶ子どもたちのイラスト
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。今回は、落ちてくるものに合わせていろいろなポーズを楽しむ「おちたおちた」。難易度やねらいも合わせてお伝えしているので、子ども一人ひとりの発達状況に合わせて取り入れてみてくださいね。

おちたおちた

保育者が言う言葉に合わせて、子どもたちが決まったポーズをして楽しむ遊びです。短時間で出来るゲームなので、スキマ時間での活動にぴったりですよ。またこの遊びは、本当にものが起きてくるかのようなイメージを、子どもたちが持てるようにすることが大切です。「○○ちゃん、りんご落ちちゃってない?大丈夫?」など、想像が膨らむような声かけをしながら楽しみましょう。

難易度 

対象年齢:1歳/2歳/3歳/4歳/5歳

★☆☆☆☆

用意する物・道具

なし

遊びのねらい

保育園や幼稚園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びをさせるだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 保育者が話す言葉を集中してよく聞く
  • リズムに合わせて手を叩いたり、ポーズを取ることを楽しむ
  • 落ちてくるものを想像することで想像力や表現力を豊かにする

遊び方・ルール

①始めに、保育者が子どもたちに落ちてくるものとそのときに取るポーズを説明しておきます。基本のポーズは3種類程度にしておくと子どもたちが混乱しにくいです。何度か練習をしてから遊び始めるとよりスムーズです。
例:
保育者が「リンゴ!」といったら、手を前に出してリンゴをキャッチするポーズ。
保育者が「いがぐり!」といったら、頭に手を当てていがぐりのトゲから頭を守るポーズ。
保育者が「カミナリ!」といったら、両手でおへそを隠すポーズ。

②保育者が手を叩きながら、「おーちたおちた」といい、子どもたちが手を叩きながら「なーにがおちた」と言います。
おちたおちたを歌っている先生と子どもたちのイラスト

③保育者が「リンゴ!」と言ったら、子どもたちは手を前に出して急いでリンゴをキャッチします。
りんごを胸の前でキャッチする子どもたちのイラスト

④保育者が「いがぐり!」と言ったら、子どもたちは頭に手をあてていがぐりのトゲから頭を守ります。
いがぐりから頭を守るポーズをする子どもたちのイラスト

⑤保育者が「カミナリ!」と言ったら、子どもたちは両手をお腹に当てておへそを守ります。
カミナリ様からおへそを守るポーズをする子どもたちのイラスト

⑥みんなが間違えずにポーズが出来たら成功です!
 

ポイント・アレンジ例

基本の遊びに慣れてきたら、保育者はわざと「リンゴ!」といって頭に手を当てるなど子どもたちの間違いを誘うとより面白くなります。基本のもの以外が落ちてきたら動かないというルールを追加したり、だれが一番早く反応できるか速さを競ったりしても楽しいです。

また、落ちてくるものは子どもたちのアイデア次第で何でもOKなので、「落ちてくるもの」と「ポーズ」をどんどん増やして難易度を上げていくのもオススメです。なかなか思いつかない方は、以下も参考にしてみてくださいね。

<アレンジ例>
  • 落ちてくるもの「梅干し!」→頬に手を当てて酸っぱい顔
  • 落ちてくるもの「げんこつ!」→頭に手をあてて守る
  • 落ちてくるもの「雨!」→傘をさす
  • 落ちてくるもの「天井!」→手を上に上げて天井を押さえるポーズ
  • 落ちてくるもの「流れ星!」→願い事をするポーズ
  • 落ちてくるもの「バナナ!」→片手でキャッチする
  • 落ちてくるもの「鳥のフン!」→よける

【ほかおすすめの記事はこちら】
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事