ログイン

ハロウィンパーティーの導入に!オススメの絵本5選【ハロウィンのかくれんぼ】

ジャックオーランタン
10月のイベントと言えば、ハロウィンですね。保育園や幼稚園では、パーティーをしたり、ハロウィンについて話すところも多いのではないでしょうか。でも、子どもたちに分かりやすく説明するのって、意外とむずかしいですよね。そんなときは、絵本を通して子どもたちに伝えてみましょう。今回は、ハロウィンをテーマにした絵本を5冊ご紹介します。

ハロウィンドキドキおばけの日!

作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂
[ハロウィンドキドキおばけの日! (日本語) 大型本]

>>本の紹介はこちら

ハロウィンってちょっと怖い…。怖がりのレイは、同じように怖がりのおばけシェイクに出会います。ふたりはドラキュラをやっつけるために、力を合わせてハロウィンの準備を始めます。

ストーリー性もありながら、ハロウィンに関するさまざまな由来を分かりやすく伝えてくれる絵本です。中には仮装おばけの作り方なども載っていて、楽しみがたくさん詰まっていますよ。

ハロウィンのかくれんぼ

作:いしかわこうじ
出版社:ポプラ社
対象年齢:0歳~
[ハロウィンのかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほんスペシャル) (日本語)]

>>本の紹介はこちら

ハロウィンに欠かせないもののシルエットが次々登場。次に出てくるのは、なにかな? だれかな?

はっきりした色合いと、分かりやすいイラストで0歳から楽しめるハロウィン絵本です。ページをめくると表れるかぼちゃやおばけに、子どもたちはワクワクすること間違いなし!


ハロウィーンって なぁに?

作:クリステル・デモワノー
訳:中島さおり
出版社:主婦の友社
対象年齢:4歳~
ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK) (日本語) 単行本(ソフトカバー)

>>本の紹介はこちら

街の人もおばあちゃんも、みんなかぼちゃのことばかり! 不思議に思ったちびっこ魔女の女の子ビビは、「ハロウィーンってなぁに?」とおばあちゃんに尋ねます。

ハロウィンの由来や仮装のしかた、かぼちゃの料理まで盛りだくさんな一冊。ハロウィンのすべてが詰まっています。少し文字が細かく幼児向けの絵本ですが、楽しいイラストで長く楽しめますよ。

ハッピーハロウィン!

作:新井洋行
出版社:講談社
対象年齢:1歳~
[ハッピー ハロウィン! (講談社の幼児えほん) (日本語) 単行本]

>>本の紹介はこちら

とんとんとん。ノックしてやってきたのは誰でしょう? ハロウィンの夜にたくさんのお客さんがやってきます。最後には読んでいるみんなにプレゼントが…?

次々やってくるお客さんの影が見えます。「これは誰かな?」と声かけをしながら読んでみてください。子どもたちからきっと答えが聞こえてくるはず。最後にはおめんがついているので、みんなで顔にあてて楽しむこともできますよ。

めくってものしり絵本 もっとたのしい ハロウィンがいっぱい

文:リチャード・プラット
絵:リチャード・ワトソン
訳:田中亜希子
出版社:小学館
[もっとたのしい ハロウィンがいっぱい! (めくってものしり絵本) (日本語) 大型本]

>>本の紹介はこちら

「ハロウィンってどんなお祭り?」「いたずらなんて平気だよって言ったら、どうなるの?」ハロウィンの謎がどんどん解ける!

絵本の中に散りばめられた質問と、めくると答えが分かるしかけが楽しさを倍増させてくれます。「せかいでいちばんおもいカボチャはなんキログラム?」なんていうおもしろい質問まで。ワクワクするようなイラストにも注目です。

絵本を通して行事を楽しもう

ハロウィンは子どもも大人もワクワクするような楽しいイベントのひとつですよね。まずは絵本の導入から始めてみませんか? きっと子どもたちも興味津々のはずですよ。楽しみながら由来や意味も学んでいけるといいですね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事