ログイン

“虫歯予防デー”に保育園で読みたい!歯磨きがテーマの絵本5選【はみがきあそび】

歯磨きをする男の子
令和3年(2021年)6月4日~10日は「歯と口の健康週間」。また、6月4日は特に“虫歯予防デー”とも呼ばれていて、園でも、子どもたちに歯磨きの仕方や大切さ、虫歯についてなどを伝えていく良い機会です。活動の導入で役立つのが絵本。今回は、歯磨きをテーマにしたおすすめの絵本をご紹介します。

虫歯予防デー/歯と口の健康週間とは

よく知られている「虫歯予防デー」は、もともと日本歯科医師会によって6(む)4(し)にちなんだ6月4日に実施されていた行事でした。その後、何度かの変更を経て、2013年(平成25年)からは「歯と口の健康週間」の名称で毎年6月4日から6月10日に実施されています。

主な目的は、歯と口の健康に関する正しい知識の啓発と、歯科疾患の予防に関する習慣の定着、合わせて早期発見・早期治療により歯の寿命を伸ばすこととされていて、期間中は厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会・日本学校歯科医会によるさまざまなキャンペーン活動が行われます。

保育園でも歯の健康を見直す期間として、活動をしているところも多くあります。子どもたちには、
  • 虫歯の原因と歯磨きの大切さ
  • 歯の働きや大人と子どもの歯の違い
といった知識を伝えて、自分の口の中の健康を意識するきっかけになったらいいですよね。

歯みがきがテーマのおすすめ絵本5選

今回は、子どもたちに歯みがきの大切さを伝えるときに読みたいおすすめ絵本をご紹介します。乳児から楽しめるものもあるので、子どもたちの年齢や興味に合わせて選んでみてくださいね。

おかしだいすき

作・絵:いもとようこ
出版社:岩崎書店
おかしだいすき
[げんきえほん (6) おかしだいすき]

にゃんたはおかしが大好き。いつもおかしを食べています。そこにワニくんが泣きながら通りかかります。大変、歯磨きをしなかったので虫歯になってしまったのです! それを知ったにゃんたは…。

歯磨きの仕方を学ぶよりも、まずは「食べたら歯磨きをする」という習慣づけをしたい年齢の子どもたちにおすすめの絵本です。お話の内容はとてもシンプルなので、低年齢児から楽しむことができます。動物やおいしそうなおかしが出てくるところも、分かりやすくて良いですね。

がんばれはぶらしハーマン

作:木村裕一
絵:田中四郎
出版社:偕成社
がんばれ はぶらしハーマン
[がんばれ はぶらしハーマン (木村裕一 しかけ絵本) ]

虫歯を防ぐ「はぶらしハーマン」。虫歯を作る「かいじゅうムッシー」と戦います。ハーマンは、無事ムッシーに勝てるかな? 穴あきのしかけ絵本で、楽しみながら虫歯になる理由を学びましょう。

ストーリー性のあるお話で、子どもたちの興味を引き付けながら進んでいく歯みがき絵本。ついつい歯みがきしたくなってしまうようなドキドキの内容で、歯みがきの大切さを伝えられます。少し文字が多いので、読み聞かせや4、5歳頃の子どもたちにおすすめです。

すき すき はみがき

作・絵:なかやみわ
出版社:三起商工(ミキハウス)
対象年齢:1歳~
すきすきはみがき
[すきすきはみがき (こぐまのくうぴい)]

歯みがきが嫌いなくうぴい。お母さんに「歯みがきしましょう」と言われても「いやだいやだ」。するとお口の中に、ばいきんトリオがやってきて…。
歯みがきをしないと、お口の中はどうなるの? 歯はどうなるの? という疑問に、少しドキッとするストーリーで答えてくれます。歯みがきの大切さがよく分かるお話で、子どもたちにも伝わりやすい絵本です。歯みがきを開始した子どもたちに、ぜひ読み聞かせてみてくださいね。

はみがきあそび

作・絵:きむらゆういち
出版社:偕成社
対象年齢:1歳~
はみがきあそび
[はみがきあそび (あかちゃんのあそびえほん) ]

ゆうちゃんも、こいぬのコロも、はぶらしでお口の中をごしごしごし。小さな子どもでも楽しみながら歯みがきに触れられる、しかけ絵本です。
しかけ絵本や、生活習慣をテーマにした絵本で大人気のきむらゆういちさん。大きく分かりやすいイラストと楽しいしかけで、歯みがきに触れる機会を作ることができます。まだ歯ブラシを使って歯みがきをしなくても、絵本を通して意識が自然に身に着いていくと良いですね。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

作・絵:五味太郎
出版社:偕成社
対象年齢:5、6歳~
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
[わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本) ]

「どうしよう…こわいなあ…」怖がっているのは、わにさん? それともはいしゃさん? どっちも怖がっているのです。
歯医者さんが怖いワニと、尖った歯を持つワニが怖い歯医者さんという、ユニークな内容の大人気絵本です。同じセリフの中には、ワニと歯医者さん両方の違った感情が込められています。直接歯みがきを促したり、虫歯について教えたりするような絵本とは少し違いますが、ユーモアを交えながら歯について触れているところが人気の秘訣かもしれませんね。

歯みがきの大切さを伝えよう

歯みがきの大切さを言葉で伝えていくのは、少し難しく感じるかもしれません。でも、絵本を通して楽しみながら伝えていけば、子どもたちもきっと「歯みがきをしないと」「虫歯は大変なんだ」と分かってくれるはず。6月の「歯と口の健康習慣」を活用して、この機会にぜひ歯の健康について考えてみてくださいね。


【ほかおすすめの記事はこちら】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事