ログイン

現役保育士が勧める「わたしのお気に入り絵本」【おつきさまこんばんは】

保育園の絵本コーナー
さまざまなテーマで保育現場にオススメの絵本を紹介するシリーズ、今回は番外編。園で働く現役保育士さんたちに、オススメ絵本を聞いてみました。ベストセラーの絵本から、子どもたちに大人気の絵本まで盛りだくさん。他の園ではどんな絵本を読んでいるのか、ぜひ参考にしてみてください。

おつきさまこんばんは

作:林明子
出版社:福音館書店
対象年齢:0歳~
(保育士17年目 S園長)

『おつきさま こんばんは』

「大好きな絵本で、どうしても欲しくて予約をしてまで買いました! お月さまのやさしい表情、シンプルなお話がとても好きです。裏表紙にはお月さまの”あっかんべー”している顔が載っていて、子どもたちはそこまで大好きなんですよ」

夜の空に、黄色くかがやくおつきさま。屋根の上のねこがいいます。「おつきさま こんばんは」。泣きそうなおつきさま、にっこり笑うおつきさま、その表情に子どもたちも釘付けです。

おしくら・まんじゅう

作:かがくいひろし
出版社:ブロンズ新社
対象年齢:0歳~
(保育士17年目 A先生)

『おしくら・まんじゅう』

「クレヨンで描いたようなやわらかいタッチの絵がかわいいですよね。言葉遊びが楽しめる絵本なので、子どもたちも大好きです。同じ作者さんの”だるまさんシリーズ”も大好きです。友人の出産祝いにもあげています」

紅白まんじゅうがお友達を呼んでおしくらまんじゅう。まんじゅう、こんにゃく、なっとう、最後は…? ユニークで表情豊かなキャラクターが次々登場。動きもおもしろいので、子どもたちの笑いを獲得すること間違いなし!


ねないこだれだ

作・絵:せなけいこ
出版社:福音館書店
対象年齢:1歳~
(保育士1年目 T先生)

『ねないこだれだ』

「子どもたちがみんな手に取る絵本です。おばけが出てくるけれど、そのおばけがかわいらしいので子どもたちも好きですね。午睡前の導入絵本として、子どもたちが自然と選んでくる一冊で、読むと『おばけが来ちゃう~』と言って寝る子もいます(笑)」

夜に起きているのは…ふくろう、どらねこ、どろぼう、おばけ!? こんな時間に起きているのは誰だ? ちょっと怖い物語はインパクト大。子どもたちの記憶に残る、大ベストセラーです。

いないいないばあ

文:松谷みよ子
絵:瀬川康男
出版社:童心社
対象年齢:0歳~
(保育士2年目 M先生)

『いないいないばあ』

「みんな大好きな絵本です。歌もあるのですが、その歌に合わせて読むと、赤ちゃんでもすごく笑ってくれますよ。絵も可愛くてお気に入りです」

いろいろな動物が「いないいないばあ」。やわらかい雰囲気が赤ちゃんにも人気な一冊です。シンプルで繰り返しの内容が、子どもたちの心をしっかりつかんでくれること間違いなしです。

がんばれ!パトカー

作:竹下文子
絵:鈴木まもる
出版社:偕成社
対象年齢:2歳~
(保育士1年目 Y先生)

『がんばれ!パトカー』

「最後に『がんばれパトカー』というセリフがあるのですが、そこで私が『がんばれ!』というと子どもたちが『パトカー!』と言ってくれるんです。参加型にして、子どもたちも楽しめるようにしています」

たくさんの乗り物が登場し、パトカーのかっこいい仕事姿もばっちり描かれた絵本は、子どもたちに大人気。お散歩先でパトカーを見つけたら、思わず「がんばれパトカー!」と声をかける姿も見られそうですね。

今日はどの絵本?

ロングセラーからみんなで楽しめる絵本まで、先生たちイチオシの一冊はさまざまでした。子どもたちの興味や関心などに合わせて、たくさんの絵本を読み聞かせしていきたいですね。
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事