保育士求人情報をお探しの方はこちら

LINE公式
閉じる

MENU

ひょうたん鬼【遊び方・ねらい解説】

「ひょうたん鬼」遊びのタイトルイメージ
定番の遊びの一つである鬼ごっこには、さまざまなバリエーションがあります。いつもの鬼ごっこにちょっとしたルールを加えることで、楽しみ方も変わり、子どもたちがルールの中でどんな作戦を立てたら良いのかを考えるきっかけにもなります。今回は、『ひょうたん鬼』をイラストで解説します。
>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

ひょうたん鬼とは

安全地帯を区切るという点では「島鬼(しまおに)」や「引っ越し鬼」などと似ていますが、グラウンドに描く形が「ひょうたん」になっているところが特徴的です。ひょうたんの中を逃げ回る子どもたちを、オニが外側から追いかけます。

オニが手を伸ばすとぎりぎり届くか届かないかくらいの大きさのひょうたんを描き、ひょうたんの細い部分はオニが飛び越えられるくらいの幅で作るとスリルがあって楽しいですよ。

難易度

★★★☆☆

対象年齢

3歳児/4歳児/5歳児

用意する物・道具

  • ビニールテープ(室内で行う場合)
  • 石灰(白線用/外で行う場合 ※棒などで直接地面に描いてもOKです)


遊びのねらい

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 友だちと一緒に体を動かして遊ぶことを喜び楽しむ
  • 全体を見回しながらルールのある遊びをすることで、周りを見る力を養う

期待される姿

  • 相手がどう動くかを観察しながら、追いかけたり逃げたりする瞬発力や走力がつく
  • 逃げ方や追い方を工夫していく中で考える力がつく

保育士の配慮と援助

足の速さの差が出にくいので、鬼ごっこに苦手意識があっても取り組みやすく楽しめる鬼ごっこです。

環境構成

遊びが盛り上がってきたら、ひょうたんの狭いところを、子どもが頑張れば飛び越えられるぐらいの幅にしておくと、鬼も簡単に飛び越えられないのでより楽しめます。

ひょうたん鬼の遊び方・ルール

1.鬼ごっこをするスペースに、あらかじめひょうたんの形を描いておきます
「ひょうたん鬼」の遊び方イラスト解説①
2.じゃんけんでオニを1人決めます。(大人数で行う場合はオニを複数人にしてもOKです)
3.逃げる子は、ひょうたんの中に入ります。オニはひょうたんの外側に立ちます
4.オニは10秒数えたら、みんなを追いかけます。このとき、ひょうたんのなかには入らないようにして、ひょうたんの外側から逃げている子をタッチしようとします
「ひょうたん鬼」の遊び方イラスト解説②
5.オニは中に入ったり線を踏んだりしてはいけませんが、くびれ部分を飛び越すことができます
「ひょうたん鬼」の遊び方イラスト解説③
6.ひょうたんの中を逃げている子は、オニにタッチされたらオニを交代します

ポイント

遊びに取り組む上で、工夫をしたり配慮が必要だったりするポイントをまとめました。

人数によってひょうたんの大きさを変える

ひょうたんの範囲が広すぎると、初めにオニになった子がなかなかお友だちを捕まえにくくなってしまいます。逆に狭すぎると、中でお友だち同士がぶつかってしまい危険です。最初は、保育者が人数に合った大きさで描いてみましょう。

そのうち、子どもたち自身で大きさの調節ができるようになってくるようであれば任せてみましょう。

最初は先生がオニに

最初は、子どもたちがルールを理解しやすいよう先生がオニ役になると良いでしょう。ひょうたんの細い部分を飛び越えるなど、追いかけ方のヒントになる動きを子どもたちに見せるところがポイントです。

最初のオニの人数は変更してもOK

参加人数やひょうたんの大きさによって、初めからオニを2~3人にしても良いでしょう。追いかける側も逃げる側もそれぞれ工夫が必要になるので、子どもたちが考えながら取り組むきっかけにもなりますよ。

アレンジ例

遊びをさらに発展させるアレンジ例をご紹介します。

ひょうたんの形を変える

「ひょうたん鬼」の遊び方イラスト解説④
ルールに慣れてきたら、ひょうたんの形に変化を付けてみましょう。例えば、通常は1つだけあるくびれ部分を2つ3つと増やしてみると、オニ役の子どもが飛び越えられるポイントが増えて動きもより複雑になります。

また、ひょうたんの形にこだわらず、さまざまな形を子どもたち自身が試すように促してみるのも良いですね。

勝ちの条件を変更する

勝ちの条件を変えてみるのもおすすめです。「逃げている子が最後の1人(または3人くらい)まで残ったら勝ち」「制限時間内で逃げきれたら勝ち」」「制限時間が来た時に、人数が多い方が勝ち」など、いろいろ工夫してみましょう。子どもたちとオリジナルのルールを考えるのも楽しいので、ぜひ取り入れてみてください。

【関連記事】
ほいくisメンバー登録はこちらから
杉本綾子(すぎもと あやこ)

この記事を書いた人

杉本綾子(すぎもと あやこ)

特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 所属
長年の保育現場勤務を活かし保育園の園長を経て、現在、現場で頑張っている人同士がともに学び、「心の栄養補給」ができる人材を育てるために講座などを企画・運営している。
『幼稚園教諭二種免許・保育士』『おもちゃコンサルタント』『絵画指導スペシャリスト』『保育ナチュラリスト』『保育 あそび発達サポーター』などの資格を取得。多様な視点から、園での遊びや保育に役立つヒントを届ける。

<芸術と遊びらぼ>
https://artplaylab.jp/
<芸術と遊び創造協会>
https://art-play.or.jp/

関連タグ
外遊び・室内遊び関連記事

続きを読む

ほいくisメンバーに登録(無料)