ポイントは保護者への「安心感」!プロが教える保育士向けメイク術

保育士の皆さん、仕事でのメイクに悩んだことはありませんか? 子どもと接する仕事であり、保護者とも毎日顔を合わせる仕事でもあるので、バランスを取ってメイクをすることはとっても重要なんです。今回は、ナチュラルメイクアップ協会 代表の齋藤友快さんに、保護者への印象がアップするメイク術を解説&実践していただきました!

大切なのは「安心感」だった!

「子どもと接するのに、がっつりメイクはよくないかも」「保護者対応があるし、濃いメイクは信頼感を失いそう…」「お出かけの日と同じメイクじゃダメなの⁉」と、お仕事メイクに迷ってしまう方、意外と多いのではないでしょうか。

職業柄どうしても「好きなメイクをすればOK」というわけにはいかない保育士さん。どんなメイクが適切なのでしょう?

「皆さんパーツではなく、お顔全体の印象を見ています。そのため一番のポイントは、お顔の中でも広い面積を占める頬の部分にするベースメイクやチークだったりするんです。バランスが重要で、お顔を10としたとき、目が8なのに後は2だと不自然ですよね(笑)。例えばベースを3、チークを3、残り4を目元とリップに、とトータルでいいバランスを作ってみてください」

「”清潔感”や”清涼感”という雰囲気は、『この人にならお子様を預けられる』という安心感”や”信頼感”につながります。保育士さんのメイクでは、そこがポイントです」
なるほど。でも、安心感のあるメイクってどうやればいいのでしょうか? 齋藤さんに実践していただきました!

安心感を与えるメイク実践術

今回は、パーツごとにポイントを解説をしながら実践していただきました。

ベースは低い⇒高い

★point
ベース
  • 小鼻の横から頬骨など高いところに向かって塗る
  • 目の下から頬骨に向かって塗る
  • 肌に指を滑らせる
ベースを塗るとき、頬やあご、おでこなどポイントにファンデーションを乗せてから横に伸ばしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、ベースは顔の低いところから高いところに向かって塗ることが一番のポイントとのこと。そうすることで、頬がきゅっと上に上がり、顔が引き締まります!

眉毛はないところを埋める

★point
  • 地の眉毛の色に合わせる
  • 眉毛がないところに足す(生えているところは描かなくてもOK)
  • ブラシを左右に動かす
  • 100%にしないで7割くらいでとめておく(最後に調整)
眉毛を描くとき、目の色や髪の色に合わせたものを選んでいる方が多いと思います。もちろん、あまりにも髪色と違ったりすると不自然かもしれませんが、基本は自分の眉毛の色に合わせて、生えている眉毛を活かすことがポイント。とっても自然に仕上がりました!

>>保育士の印象アップの極意!自眉を活かしたナチュラル仕上げとは

目元は明るさUPを目指して

★point
アイシャドウ
  • アイシャドウは眼球の一番高いところ⇒目頭・目尻の低いところへ
  • 肌に近い色(ベージュ)だけでもOK
  • 白色をまぶたの真ん中にのせるとさらに明るさUP
アイシャドウはファンデーションとは逆に、高いところから低いところへのせることによって、グラデーションができあがり目元が明るくなります! これだけで、マスカラなどをしなくてもぱっちりとした印象に。
★point
アイライン
  • まぶたを持ち上げ、まつ毛の根本を埋めるように細く引く
  • 目尻を長く引かないで、自分の目の形に沿って引く
最後にビューラーでまつ毛をあげたらアイメイク完成! ビューラーはあまり強い力を入れないで、ちょっとの力で目元から少しずつ手を動かしていくと、きれいにカールします。

>>まつエク禁止の保育園はどうする?プロが教える正しいビューラーテク

リップ&チークで仕上げ

★point
リップ&チーク
  • 唇の一番高いところにリップをのせて、唇の形に沿って描く
  • チークは頬の一番高いところに
  • 自分の頬の赤みもチークで抑えられる
ここで全体の雰囲気を見て、メイクのバランスをチェック! ちょっと足りない? と感じるところに少しずつ足したり、調整していきましょう。眉メイクのときに100%描かないというのは、ここでバランスを見るためだったのですね。

メイクにはバランスが重要!

いかがでしょうか?こちらがビフォーアフターです。

Before
After
メイクしてもらったうれしさで笑顔満開です(笑)。目元がすっきりして血色もよく、健康的に見えますね。このメイクだったら、保護者にも安心感を持ってもらえるのではないでしょうか。さっそく明日から実践してみてください!

>>卒園式・入園式で失敗しない!プロが教える保育士の「ハレの日メイク」
>>保育士の朝メイクを短縮!プロが教える時短テクニック
一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

この記事を書いた人

一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

2016年5月設立。齋藤友快と延 佐智子の2人が代表理事を務める。「足すのではなく、シンプルなメイクアップで本来の美しさ(原石)に気づき、磨く喜びと感動を手にしてほしい」をコンセプトに、女性が自尊心を育み夢や可能性を拡げ、力を発揮するための環境をメイクからサポートしている。
<ホームページ>
https://naturalmakeup.jp/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事