まつエク禁止の保育園はどうする?プロが教える正しいビューラーテク

目をぱっちり大きく見せたい! というのは、女性なら誰でも思うことではないでしょうか。最近はまつ毛エクステンション、通称「まつエク」をしている方も多いですが、保育士や幼稚園教諭の皆さんは、職場で禁止されている…ということもありますよね。今回は、ビューラーひとつで目をぱっちり、さらに明るく見せる正しい使い方を、ナチュラルメイクアップ協会代表の齋藤友快さん、延佐智子さんに教えていただきました。

ビューラーの役割とは

「目をぱっちり見せたいけれど、まつエクが禁止されている…」という保育士さんたちの必須アイテムが、ビューラー。まつ毛をあげることができるので、目を大きく見せることができますよね。

「本来、ビューラーの目的は、”まつ毛をあげることで瞳に光を当てること”です。瞳に光が当たることで、自然と目が明るくぱっちり見えるようになりますよ」(齋藤さん)

”まつ毛をあげる=目が大きく見える”ではないのですね。確かに瞳に光があると、目がキラキラして明るい印象も与えてくれます!

ビューラーの使い方、合ってますか?

まつエクなしでも目をしっかり大きく見せてくれるアイテム・ビューラー。しかし、正しい使い方をしないと大事なまつ毛を傷める原因にも。

実際にありがちなNG例には、こんなものがあります。
  • まつ毛の先だけカールしている
  • 力が強すぎてまつ毛が折れている
  • 持ち手が違い不自然に力がかかり、カーブがきれいにできない
思い当たることはありませんか? 私はビューラーが苦手なので、まつ毛が折れていることが多々…。これらを解消するために、正しい使い方を実践&解説していただきました。

ビューラーをまつ毛の根元まで当てる

「ビューラーについているゴムを、まつ毛の根元までしっかり当ててください。そのとき、ビューラーを持っていない方の手でまぶたをグッと上に持ちあげると、根元まで挟みやすくなりますよ」

ビューラーに慣れるまでは、まぶたの肉を挟んでしまった…という失敗談が多いですよね。そんな失敗を防ぐためにも、まぶたはしっかり持ち上げておきましょう。

「むずかしい~(汗)。」とはじめこそは苦戦していたものの、コツを掴むと自然にできるようになっていました。最初は練習あるのみですね。

手首をかえさない

「手首をかえすと、不自然に折れたまつ毛になりやすいです。手首はかえさないで、そのままの角度を保った状態で動かしましょう」

ビューラーを動かすとき、ついつい手首がかえっていく人はとても多いと思います。しかし、手首の角度が変わることで変に跡がついてしまい、折れ曲がったまつ毛になる原因に。手首はかえさず、最初に根元を挟んだ状態のまま動かすことがポイントです。

少しの力で、少しずつ先へ

「ビューラーは少しの力でOKです。あまり力が強いとまつ毛を傷めてしまったり、折れ曲がったまつ毛になってしまいます。また、動かすときは少しずつ先の方へ動かしてください」

まつ毛をしっかりあげたい! という思いから、ギュッと強く挟みこんでいる方、いませんか? しかし、まつ毛は少ない力で十分あげられます。少しずつ先の方に動かしていけば、きれいなカールしたまつ毛の完成です。

NG例

OK例
目に沿った、ナチュラルな仕上がりになっています。NG例も一見あがっているように見えますが、OK例と比べるとその差は一目瞭然ですね。

ビューラーを使いこなして明るい瞳を

まつエクができなくても、ビューラーを正しく上手に使いこなすことで明るく大きな目元の完成です。最初はむずかしく感じるかもしれませんが、慣れてしまえばお手の物。ぜひ、挑戦してみてくださいね。
一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

この記事を書いた人

一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

2016年5月設立。齋藤友快と延 佐智子の2人が代表理事を務める。「足すのではなく、シンプルなメイクアップで本来の美しさ(原石)に気づき、磨く喜びと感動を手にしてほしい」をコンセプトに、女性が自尊心を育み夢や可能性を拡げ、力を発揮するための環境をメイクからサポートしている。
<ホームページ>
https://naturalmakeup.jp/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事