ログイン

保育士が気になる夏のメイク直し。プロ直伝のポイントとは

仕事中は忙しくてメイク直しをしている時間がない…お散歩で子どもたちと遊びまわり、気付くとメイクがボロボロ…。こんな悩みを持っている保育士さんは多いと思います。夏は特に、汗をかいてメイクが崩れやすくなってしまいますよね。でも、メイクが崩れるのは当たり前。今回は、「崩れてしまったときの賢いお直し術」を、ナチュラルメイクアップ協会 代表の齋藤友快さんに直伝してもらいました。

夏はメイク崩れが起こりやすい!

「夏は体温調整のために汗が出ます。毛穴から汗が出て、土台が崩れるのは当然のこととお思ってください(笑)。汗を出さないと肌が火照ったり、健康状態にも影響があるので汗は出してください!」(齋藤さん)

メイク崩れは嫌だけど、汗は仕方ない。そう思ってほしいという齋藤さん。崩れることを防ぐのではなく、崩れること前提でお直しポイントを知ることが重要だそうです!


賢く時短でメイク直し

メイク直しって、なんだかんだで時間がかかるもの。ベースを直して、パンダになったアイメイクを直して、消えた眉毛を描きなおして…。そんな時間、なかなかないですよね。でも、これを知っておけば賢く時短でメイク直し可能! ポイントをご紹介します。

ティッシュオフで崩れ部分ジャッジ

メイク直しをするとき、アイメイク、眉毛、ベース、リップ…とにかく全部気になる! と焦っていませんか? でも、賢いメイク直しのポイントは始まりにありました。

まずはこの3ステップを踏みましょう。
  1. ティッシュでやさしく顔を抑える
  2. べたついているところ、汗をかいているところを把握
  3. その部分のみメイク直し
これが、メイク直しで一番大切な前段階! せっかく施したメイクをゼロにしてしまうのでなく、気になるところを見極めていきましょう。ここからがお直しスタートです。

ファンデーションは「元のメイクになじませる」

★point
  • 口角部分はしゃべることで崩れやすい
  • 目の下はまばたきによりアイシャドウやベースが消えやすい
  • ×もう一度塗りなおす 〇朝のメイクになじませる
お直し部分で一番気になるのは、やっぱりベースではないでしょうか。全体にファンデーションを塗り直し! なんてもったいない。ティッシュオフして崩れていた部分だけにファンデーションを塗り直しましょう。そうすれば、厚塗りを避けることもできますね。

消えた眉を足す

★point
  • 全体を描き直すのではなく、消えた部分に足す
汗をかくと消えやすい眉毛。気づいたら「眉毛がない…!」なんてこと、ありませんか? 眉毛は顔の印象を決めるポイントにもなるので、大事にしたいですね。

ただでさえ眉毛が薄い私、この時点で眉毛が消えていたのでうれしいお直し(笑)。

>>保育士の印象アップの極意!自眉を活かしたナチュラル仕上げとは

チーク&リップ

★point
  • チークは思いっきり笑って、一番高い部分にオン
夏は汗でチークが崩れやすいので、ここもお直しポイントです。血色がよく見え、明るい印象に。暑さで頬が赤くなっていた私の頬も、ピンクのチークで血色よく変身しました♪

リップは塗らないという保育士さんも多いかもしれませんが、うっすら塗るだけでも唇の血色がよく見え、健康的な印象になるのでおすすめです。真っ赤な口紅とかは避けた方がいいかもしれません(笑)。

お直しって簡単なんです!

お直しが終わった後の自分の顔を見て、「うわ~!毎日やってほしい~!」と心の声がダダ洩れに(笑)。あまり崩れているという自覚がなかった私も、いざお直しをしてもらうと雰囲気が全く違いました。でも、かかった時間は5~6分程度と短時間。お直しポイントを押さえるだけで、簡単にキレイが元通り。ぜひ、実践してみてくださいね!

>>ポイントは保護者への「安心感」!プロが教える保育士向けメイク術
>>朝のメイクが劇的に短縮!プロが保育士に教える時短テクニック
一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

この記事を書いた人

一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

2016年5月設立。齋藤友快と延 佐智子の2人が代表理事を務める。「足すのではなく、シンプルなメイクアップで本来の美しさ(原石)に気づき、磨く喜びと感動を手にしてほしい」をコンセプトに、女性が自尊心を育み夢や可能性を拡げ、力を発揮するための環境をメイクからサポートしている。
<ホームページ>
https://naturalmakeup.jp/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事