ログイン

担任を持たない「フリー保育士」の役割って?そのメリットとは

積み木で遊ぶ子ども達と保育士
保育士として働く先生の中には、「今年はフリー保育士を任された」という方もいるのではないでしょうか。中には、初めてでどのように動けばいいのかイメージができないということもあるかもしれません。今回は、フリー保育士の役割と、そのメリットをご紹介します。

園での役割は?

フリー保育士というのは、特定のクラスで担任を持たない保育士のこと。その時々で手が足りていないクラスで保育や業務を行うなど、園全体のサポートを担っている重要なポジションとなります。

それだけ大切な役割を担っているからこそ、フリー保育士になった先生の中には、「辛い」「担任の方がいい」と感じる方もいるようです。しかし、大変なポジションである反面、フリーだからこそ体験できるやりがいやメリットがたくさんあります。

抱えやすい悩み

フリー保育士は、サポートが中心のため抱えやすい悩みがあるのも事実です。どのようなものがあるのか見てみましょう。

雑用が多い

おもちゃを拭く保育士
掃除やコピー作業、掲示物の貼り替えなど、雑用業務が多いと感じているフリー保育士は多いようです。担任の先生が忙しく対応できない場合に声をかけられることも多く、どうしてもこのような業務が増えてしまうという場合があります。


子どもたちと信頼関係を作るのに時間がかかる

毎日さまざまなクラスを回るので、特定の子どもたちと深い信頼関係を築きづらいということがあるかもしれません。担任と比べると一緒に過ごす時間が短くなるため、どうしても関係性を築くには時間がかかってしまいますよね。

疎外感がある

クラスで何かに取り組むときや行事のとき、疎外感を覚えることがあるかもしれません。また、担任同士の話し合いなどが行われると、なかなか話に入れないと感じる先生もいるようです。
フリーの先生が複数人いればいいですが、ひとりだとどうしてもやり辛さを感じてしまうことがあるかもしれませんね。

求められる力は?

続いてチェックするのは、求められる能力について。フリー保育士には、たくさんの力が求められます。
  • 園全体の状況を把握できる
  • 各クラスの子どもたちのことを把握できる
  • どのクラスにいっても対応できる
  • 自ら考えて主体的に動くことができる
  • 広い視野を持って行動できる
このように、幅広い能力が求められることから、実はフリー保育士にはベテランの先生が配置されることも少なくありません。

また、新人の先生がフリー保育士となった場合は、「多くのことを学んでほしい」「全体のことを把握して、これからの園を引っ張ってほしい」などの期待が込められています。そのため、“向上心がある” “自分で考えて行動できる” などの姿勢を持った保育士さんが配置されるでしょう。

>>間違っていない?新人保育士さんが知っておくべきビジネスマナーとは【敬語・電話】

フリー保育士はとてもやりがいのある、大切なポジション。任された場合は、ぜひ前向きに取り組んでみてくださいね。

フリー保育士のメリット

フリーで働くことで、担任を持っているときとはまた違った角度から保育をすることになります。フリー保育士ならではのメリットをチェックしてみましょう。

さまざまなクラスの子どもと関われる

おもちゃで一緒に遊ぶ子ども達と保育士
担任を持つと、その他のクラスの子どもたちと関わる機会はあまり多くありません。しかしフリー保育士であれば、さまざまなクラスの子どもたちと関わることができます。慣れていけば、どのクラスに行っても「〇〇せんせい!」と呼ばれてうれしい、なんてことも。

また、担任の先生が分からない他クラスの状況などを把握できます。「今、他のクラスはどう?」と他の先生から相談に乗る立場になることもありますよ。

幅広い年齢の子どもに関する知識がつく

乳児クラスから幼児クラスまで経験するので、幅広い年齢の子どもに関する知識がつきます。保育士さんの中には、「ずっと幼児クラスを担任していたので、今年乳児の担任になって不安」という状況を経験する人も少なくありません。

フリー保育士をしていることで、1年の間に幅広い知識が得られるのは最大のメリットとも言えるのではないでしょうか。

人間関係のバランスが取りやすい

人間関係で悩んでしまう保育士さんも少なくありません。その点、フリー保育士の場合はどうでしょうか? 毎日必ず同じ先生と仕事をするわけではないので、人間関係の点ではバランスを取りやすいと言えるかもしれません。

書類作成が少ない

様々なファイル
保育士にとって書類作成は、頭を悩ませる業務のひとつ。フリー保育士は、指導案やおたよりの作成を担わないことがほとんどです。書類作成にかかる負担は、担任よりも少し軽いかもしれません。その分は、スキルアップの時間として有効活用しましょう。

フリー保育士は成長のチャンス

各クラス、そして園全体の状況を把握する必要があるフリー保育士の仕事。実は周りが良く見えていて、向上心のある先生に任せられることも多いのです。この機会にさまざまなことを吸収し、ステップアップを目指してみてくださいね。

>>子どもの気づき~周りを見る力を育てる【幼稚園教諭ぷくちの4コマ保育日記】
>>スウェーデンでチーム保育が重視される理由とは
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事