閉じる

MENU

100均の材料で作れる!歌って遊べる子ども軍手の布おもちゃ【2歳~】

軍手の布おもちゃ
人気の布おもちゃ作家で元保育士“ゆっこせんせい”によるコラムです。>>「布おもちゃ」連載の一覧はこちら 

材料は100円ショップの軍手とフェルト

「手袋シアター」というと、「保育者が子どもに演じてみせるもの」というイメージがあるかもしれません。

でも、5本の指を意識して遊ぶ手袋や軍手のおもちゃは、子ども自身にもぜひ体験してほしいものです。そこで、今回はあえて子どもたちが自分の指を使って遊べるように、「子ども用軍手」を使って作ってみました

お店にはアクリル製の子ども用手袋も売っていますが、木綿の軍手のほうがクレヨンの色が目立ちますし、縫いやすいのでおすすめです。

デザインはシンプルなので、ぜひ複数個作って、たくさんの子どもたちと遊んでみてくださいね。
軍手の布おもちゃ 完成形
子ども用軍手に4色のクレヨンのアップリケをしました。

「どんな色がすき」 ってどんな歌?

子どもたちが大好きな歌、『どんな色がすき』をもっと楽しめるように…と作りました。歌詞や曲はこちらでチェックできます。

『どんな色がすき|日本コロムビア公式YouTube』 

『どんな色がすき 作詞・作曲:坂田修』 https://www.uta-net.com/song/13943/

軍手で作る「子ども手袋シアター」の作り方

材料は全て100円ショップで揃えました。

作り方もとってもシンプルですが、失敗しないためのちょっとしたコツと一緒にお伝えしたいと思います。

用意するもの

・子ども用軍手
・ウォッシャブルフェルト(洗えるフェルト) 赤・青・黄・緑
・縫い糸

ステップ1 フェルトを切り抜く

軍手のおもちゃ 作り方
フェルト各色をクレヨンの形に切り抜きます。クレヨンの大きさは、用意した軍手の指のサイズに合わせます。正面から見て、はみ出さないくらいのサイズが良いでしょう。

ステップ2 フェルトを軍手に縫い付ける

軍手の布おもちゃ 作り途中
フェルトを軍手の指に縫いつけます。指の後ろ側を一緒に縫ってしまわないように注意しましょう。写真のように、サインペンなどを指部分に入れて縫うと失敗しませんよ
軍手の布おもちゃ 作り方のコツ
<ワンポイントレッスン>
  私は、クレヨンっぽさを出すために、アップリケを一工夫してみました。
  赤いクレヨンにはピンクの巻紙、青いクレヨンには水色の巻紙をイメージしています。
  細かいパーツは手芸用ボンドを使用しました。
  ただ、指をグーパーして遊ぶので、クレヨン本体はしっかり縫いつけた方が丈夫です。

ステップ3 全色縫い付けたら完成!

全色縫いつけたら、完成です!
今回は『どんな色がすき』の歌詞に合わせて、人差し指から「赤・青・黄・緑」の順にしました。

早速遊んでもらいました

軍手の布おもちゃで遊んでいる様子
早速、5歳の男の子に遊んでもらいました。

<遊び方>
・軍手をはめます
・グーの形にしてスタート!
・「どんな色がすき」 を歌いましょう。「赤!」で赤のクレヨンを見せます。
軍手の布おもちゃで赤いクレヨンを出している様子
赤はどの指だったかな? 

上手に赤いクレヨンが出てきましたね!

2・3・4・5番と歌いながら、指を替えて出していきます。
軍手の布おもちゃで薬指を出す様子
あれ?黄色は難しそう…

こんな風に、楽しく歌いながら「色」や「指」を意識していきます。
自分の指なのに…
色はわかっているのに…

うまく動かせないもどかしさも、遊びの一部です。2歳くらいの子どもから楽しむことができるでしょう。繰り返し遊ぶことで、だんだんとどの指も上手に動かせるようになっていくことでしょう。

遊びのねらい

世の中がどんどん便利になるにつれて、5本の指をそれぞれに使いこなす機会が減っているような気がします。だからこそ、このように遊びの中での体験がとても大切なのです。

特に、中指・薬指を意識して動かすことは、鉛筆やお箸の正しい持ち方・使い方にもつながっていきます。厳しく「しつけ」「指導」する前に、遊びの中で楽しみながら様々なスキルを身に付けていけたら良いですよね

今回は『どんな色がすき』をイメージして作りましたが、ほかにも『こぶたぬきつねこ』や『キャベツの中から』などいろいろな歌や手遊びをイメージして作ってみるのも楽しそうですね。

▼一緒に読みたい!おすすめ記事
ゆっこせんせい

この記事を書いた人

ゆっこせんせい

布おもちゃ作家。一般社団法人 布育普及協会 代表理事。静岡市清水区在住。十数年の保育士勤務と育児経験を経て、小さな頃から大好きだった手芸を生かし創作活動を始める。作家歴15年。
「“おもちゃ”は、子どもにとって、単なる暇つぶしの道具ではなく、成長・発達にとってかけがえのないもの」という考えのもと、育児や保育に役立つ布おもちゃを提案している。
保育雑誌「ピコロ」「ひろば」「ポット」で連載。「ラポム」「幼児と保育」などで執筆。清水区の「ぬのいく協会アトリエ」にて「布おもちゃのお部屋」運営中。
<ぬのいく協会HP>
http://nunoiku.com
<ブログ>
http://ameblo.jp/yukkotoy

関連タグ
布おもちゃラボへようこそ関連記事

続きを読む