閉じる

MENU

100均グッズで縫わずに簡単布おもちゃ作り~いちごのにぎにぎ~【0~5歳向け】

100均グッズで縫わずに簡単布おもちゃ作りメイン画像
人気の布おもちゃ作家で元保育士“ゆっこせんせい”によるコラムです。>>「布おもちゃ」連載の一覧はこちら

新しい春の出会いの季節にぴったりな「いちごのにぎにぎ」

何か布おもちゃに使えそうなモノないかな~と、時々100円ショップ巡りをしています。

最近見つけたのが、こちら。
 
いちごのチェアソックス
テーブルやイスの脚にはめて床への傷を防ぐ『チェア・ソックス』です。

『チェア・ソックス』を利用した布おもちゃは、以前にも紹介したことがあります。 今回は、更に可愛らしいイチゴ柄のものを見つけました!これで園のみんなが楽しめる「いちごのにぎにぎ」を作ってみましょう。

材料と作り方

用意するもの

  • いちご柄のチェアソックス
  • 手芸用のロープ(カラーひも という商品名で店頭に並んでいることが多いです)
  • 輪ゴム
  • (必要であれば)針と糸

作り方

  1. このままでも十分にイチゴですが、、まずは綿を詰めます
  2. 手芸用のロープを結んで輪にします
  3. 結び目部分を差し込み、ロープごと一緒に輪ゴムで留めます。
  4. 上部の緑色の部分を折り返せば完成!
簡単すぎる!!
いちごのチェアソックスが布おもちゃに

赤ちゃんが使う場合の注意点

赤ちゃんのにぎにぎとして使うのなら、中にプラ鈴など音のするものを入れるのも良いですね。

ロープは強く引っ張ると抜けてしまうかもしれないので、より丈夫にしたい場合は縫い留めてください。
 
いちごのにぎにぎ

「いちごのにぎにぎ」のここがおすすめ!

チェアソックスは4本入りなので、一気に4個作れてしまうのが良いところ!
  • 同じものがたくさんあれば取り合いのケンカをしなくて済みます。
  • 舐めてしまっても洗い替えにもなります。
  • 100円で4個作れるので、1個25円でできます。
ままごと食材として遊べるほか、進級や新入園のちょっとしたプレゼントにも良いですね。

みんなでいちご狩りはいかが?

今回の作り方は、針で縫う必要がなく輪ゴムで留めるだけなので、4~5歳児なら子どもが自分で作ることもできそうです。

みんなでたくさんいちごを作って、洗濯ばさみでロープに吊るしたら『いちご狩りごっこ』はいかがでしょう?
いちごのにぎにぎを使ったいちご狩りアイデア
年長クラスのイチゴ畑に、小さなお友達をご招待するのも楽しそう。異年齢の交流が深まり、安心して新しい園生活を送れるきっかけになるといいですね。

今回は私が100円ショップで見つけたイチゴ柄のチェアソックスを使った布おもちゃ作りをご紹介しました。(ちなみに『セリア』さんで購入)

お店によっていろいろな色柄があると思いますので、ぜひ可愛くて布おもちゃのアイディアが広がりそうなものを見つけてみてくださいね。

▼一緒に読みたい!おすすめ記事
ゆっこせんせい

この記事を書いた人

ゆっこせんせい

布おもちゃ作家。一般社団法人 布育普及協会 代表理事。静岡市清水区在住。十数年の保育士勤務と育児経験を経て、小さな頃から大好きだった手芸を生かし創作活動を始める。作家歴15年。
「“おもちゃ”は、子どもにとって、単なる暇つぶしの道具ではなく、成長・発達にとってかけがえのないもの」という考えのもと、育児や保育に役立つ布おもちゃを提案している。
保育雑誌「ピコロ」「ひろば」「ポット」で連載。「ラポム」「幼児と保育」などで執筆。
<ぬのいく協会HP>
http://nunoiku.com
<ブログ>
http://ameblo.jp/yukkotoy
<Instagram>
https://www.instagram.com/yukko_sense/
<YouTube>
https://www.youtube.com/@nunoiku
<布おもちゃ作家への道>
https://nunoiku-michi.hp.peraichi.com/

関連タグ
布おもちゃラボへようこそ関連記事

続きを読む

会員登録ボタン_2text