愛する絵本作家~はらぺこめがね編【やきそばばんばん】

肉料理を食べようとしている男性
絵本専門士として活動する現役保育士「うっちー先生」による、絵本愛あふれるコラム。「俺の愛する絵本作家」シリーズ第4弾は、はらぺこめがね。食べ物と人をテーマにした作品が唯一無二の世界を描くユニットです。

今回は、絵本のテーマに惚れた作家、はらぺこめがね。「食べものと人」がテーマ。俺は旨そうなものを目の前にすると興奮します!
肉料理に大喜びの男性

はらぺこめがね
1983年徳島県生まれの原田しんや、1982年大阪府生まれの関かおりによる夫婦イラストユニット。どちらも2005年、京都精華大学デザイン学科卒業後、グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターとして独立。
2011年、はらぺこめがねを結成。
食べることが大好きで「食べものと人」をテーマに、絵本製作や挿絵、ワークショップの講師などの活動をしている。

『やきそばばんばん』あかね書房/2016年 奥付作者紹介から引用


なるほど、同い年なんですね。SNSを通して少しやり取りさせてもらった時に、とても良い人たちなのが伝わってきました。直接お会いできる日を楽しみにしています♪

はらぺこめがね作品と初めての出合ったのは、絵本専門士が経営している東京都高円寺にある『ムッチーズカフェ』という絵本カフェ。その時に『すきやき』(ニジノ絵本屋/2013年)が置いてありました。おいしそうなすき焼き肉が表紙に描かれていて、何となく手に取り読みました。「なんて旨そうなんだろう」その時はそれだけ。なので手元にありません。絶版になっているのか、検索してみても品切れが続いています。

作品を初めて子どもに読んだのは

『やきそばばんばん』
はらぺこめがね 作
あかね書房 2016年
絵本「やきそばばんばん」の書影
>>本の詳細はこちら

山陰地方の絵本専門士で構成された「SAN-IN絵本会ぎんがぎが」のメンバーに、「この絵本で群読しよう!」と誘われ読むことに。その時の3人で調子を合わせながら読む楽しさが忘れられず、いろいろな場所でいろいろな人たちと群読を楽しんできました。

それというのも、絵本の内容が、業種の違うさまざまな人が通りがかりに焼きそば作りに関わっていくというものなので、自分一人で読むよりも誰かと読んだ方がより絵本の内容とマッチしていると感じるから。

出来上がった焼きそばは実に旨そう! ソース焼きそばの最高峰♪ 食べたい!…。そして、何度も読んでいるうちに焼きそば全体から、絵本の中に出てくるステーキ肉に目を引かれるようになりました。「この肉、旨そうじゃない?」。初めて読んだ人にはそのページで、また読み終わった後でも改めて戻って聞いたりもしていたくらいです。

チキンライス(購入)、寿司(プレゼント♪)、ドーナツ(購入)、芋(購入)、お酒(下戸なので購入せず)など、さまざまな食べ物の絵本があり、書店で見かけるたびに必ず手に取り、ほぼ全ての絵本を購入してきました。

そして、ついに出合いました!至高の作品

『にくのくに』
はらぺこめがね 作
教育画劇 2019年2月9日(にくの日)
絵本「にくのくに」の書影
>>本の詳細はこちら

書店で見かけた時に俺は衝撃が走りました!

「旨そう!!!」

ただそれだけ。余計な言葉は添えません。

購入してすぐに子どもたちの前で読みました。30人くらいでしたが、この日はある女の子が「みんなと一緒に座りたくない」という気持ちの中、担当保育士と一緒に部屋の隅で座っていました。この絵本は見開きでドデカく肉料理が登場します。その度に「うわ~美味しそう」という声が子どもたちから漏れます。
調理されたステーキ肉
俺の行くお店のステーキに引けをとらないほど肉料理が旨そうに描かれています。

最後まで読みおわった後、一緒に座れなかった女の子も同じように声を出していたと担当保育士が教えてくれました。そして、「遠くで見てたけどすごくリアルだった」と言うのです。俺も読み直してみることに。間近で読むと線の一本一本が見事に照りや油を描いています。それが遠くに離れると、より実物に見える! 遠目のきく絵本発見。「絵本は読んで完成」と再確認できた、とても良い体験でした。

今は我慢の時。しばらくはこれまでと同じ生活を送ることが難しい。そんな中、美味しいものは作ってでも食べられる。
庭でバーベキューをする男性
幸いにも実家の広い庭があるので、「3密」を避け、旨い肉を買ってきてじっくり焼いて食べることはできる。でも、はらぺこめがね氏のテーマ「食べものと人」にもあるように、早く仲間たちとみんなでワイワイ楽しく旨いもん食た~い!!
うっちー先生

この記事を書いた人

うっちー先生

鳥取市で働く傍ら絵本専門士として活動する現役保育士。本名は内田大樹。専門士同期男性3人で組むユニット『trio de 絵本』など、絵本関連イベントで精力的に活動。自称「日本一絵本の読み聞かせをしている人」。保育士歴17年。3児のパパでもある。
<ブログ>
https://ameblo.jp/uchiuchi571101/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事