【Vol.1】汐見稔幸先生に訊く、「子ども主体」と「集団生活」の関係

汐見稔幸先生

保育を取り巻く環境は常に変化しています。特に近年は、2018年4月に施行された「保育所保育指針」を始めとする3法令の改定、2020年からスタートする教育改革など大きな変革期を迎えています。「いま保育で何が起きているのか?」について、この分野の第一人者である汐見稔幸先生に伺うインタビューシリーズです。

第1回のテーマは、保育園・幼稚園と小学校との連続性、「子ども主体の保育」とその後の集団生活への繋がりについて。「子ども主体」という言葉と共に、子どもの興味や意思を大切にした保育が注目されています。一方、小学校で集団生活が始まると、逆に子どもたちが不自由さを感じてしまうのでは…? という素朴な疑問をぶつけてみました。

>>【受付中】オンラインで学べる『保育Webセミナー』第1弾は汐見稔幸先生!

「子ども主体」は「好きなことをする」ではない

保育所保育指針では「子ども主体の保育」が謳われています。そうなると、小学校での集団生活で困るのでは? という疑問を持つ方もいるようです


子ども主体の保育をしていると、集団生活でうまく行動できない子どもになってしまうのではないか、というのはちょっとした誤解がありますね。

「子ども主体の保育」というのは、それぞれが好きなだけ好きなことをやればいいという意味ではありません。自分でやりたいことを見つけて、方法を考えて達成していくこと。その自主性や主体性を園で育てていこうというのが趣旨です。

例えば運動会を開催するにしても、先生が種目や方法を全部決めて子どもたちが訓練していくっていうのをよくやりますよね。

そうではなく、「今年はどんなものをお父さん、お母さんに見てもらいたい?」ということをみんなで議論して決める。それが子ども主体なのです。

子どもに任せて、どうすればいいのかを自ら決めていく経験を積めば、集団的な行動はかえって自覚的にやれるようになっていくはずです。
 

「子ども主体で育ってきた子どもたちはわがままなのでは?」「座っていられないのでは?」という考えは、そもそも「子ども主体」の解釈が間違っているのですね


そうです。いつも先生が指導その通りにさせていると、「先生が言わなきゃ何してもいいんだ」と思う子になってしまいますよね。

しかし、子どもたちが自分で決められる世界が増えてくれば増えてくるほど、子どもたちは「自分たちに任されているのに、自分たちがわがままになったらどうなるんだろう」ということを考えます。逆にしっかりしますよ。

子ども主体で育った子どもが集団生活に適応しにくいというのは、誤解ですね。
 

幼保小連携で大切なことは何でしょうか?


遊びの中でどう相談しているのか、躓いたときにはどうしているのか。そういうやり方を幼稚園や保育園でどこまでやってきているのか。これから小学校に来る子どもたちが、どういう成長過程を経ているのかを小学校の先生に把握してもらうことが、幼保小連携で一番大切なポイントだと言えるでしょう。

小学校のあり方に潜む課題

小学校にあがってから不登校になったり、引きこもってしまったり…。「子ども主体」の保育園と、「集団生活」の小学校とのギャップが関係しているということはあるのでしょうか?


あまりないですね。ちょっと変わった子だといじめられたり、発達障害のようなもので対人関係がすごく苦手とか、うまく自分の言葉が言えないとか、別の理由が不登校の主な原因になっています。

保育園は基本的に遊びの活動なので、個人差があまり出ない。しかし学校ではみんなが椅子に座っていなければいけません。その雰囲気が苦手に感じてしまって、心がしんどくなってしまうんです。

その背景にあるのは、日本の教育がワンパターンしかないということ。決められたカリキュラムで、同じ教科書でやる教育ばかり。座る場所も決まっていたり。

社会に出て必要ないことがたくさんあって、そこに違和感を感じてしまう子がたくさんいます。感受性の強い子は、そうなりがちですね。

 

どうすればいいのでしょうか?


不登校の子どもたちを「うまく適用できない子」とネガティブに評価するのではなく、「あの子はメジャーなスタイルが合わないんだ」とか、「個性があるのにいじめられるなんてもったいない」とか。そういう考えにすればいい。
僕は、午前中は決められたカリキュラムをやって、午後は好きなカリキュラムを作って勉強するのがいいと思っています。そうすると日本でもおもしろいプロがいっぱいできると思うんですよ。

学校のあり方が変わらなきゃいけない。それを感じ取ってもらうためにも、幼稚園、保育園が子ども主体の教育を行って、「(子ども主体で育った子どもたちも)ちゃんと座っているね」「おもしろい発想の子どもたちいるね」と小学校の先生にも知ってもらわなきゃ。

環境を通じた教育・保育を求めて

子どもたちが主体的に考えたり行動するために、保育者は環境を用意することが大切ですよね。これがすごく難しいと思いますが…


一番難しいことだと思いますね。今、国で求めている保育というのが環境を通じた教育、保育なんです。

環境と言うと、どんな色の壁にするか、どんなテーブルの配置にするかということが環境設定と思われがちです。しかし、本来そこで言われているのは、子どもたちが主体的に意欲的にいろんなものに挑んでいく状況を作ること、なのです。

子どもたちに刺激を与えるようなものに、どう出会わせてあげるか。そういう状況を作ることが全部環境づくり。

「ああしなきゃ」「こうしなきゃ」と思った途端に、保育はつまらなくなる。みんなで相談してどんなことをやりたいのか、考えていくんです。

 

保育者は常に子どもたちが何に興味・関心を持っているのか、キャッチしておかなくてはいけませんね


そうです。そういう意味では、「子どもをよく観察すること」が、保育者の一番の仕事なのかもしれませんね。環境づくりの中で一番大切な環境っていうのは、保育者なんですよ。

>>【Vol.2】汐見稔幸先生が語る、子どもに与えるべき「本物の文化」とは?
>>【Vol.3】汐見稔幸先生が考える、保育者が置かれる環境と意識の差とは?
>>都市型保育園で自然活用をするには?東京都版保育モデル活動報告会レポート
 
汐見稔幸(しおみ としゆき)
1947年 大阪府生まれ。東京大学名誉教授 白梅学園大学前学長 日本保育学会会長。
専門は教育学、教育人間学、保育学、育児学。育児や保育を総合的な人間学と位置づけ、その総合化=学問化を自らの使命と考えている。保育についての自由な経験交流と学びの場である臨床育児・保育研究会を主催。同会発行の保育者による本音の交流雑誌『エデュカーレ』の責任編集者も務め、学びあう保育の公共の場の創造に力を入れている。三児の父。
<著書>
『この「言葉がけ」が子どもを伸ばす』2012年(PHP研究所)、『「天才」は学校では育たない』(ポプラ新書)、『汐見稔幸 こども・保育・人間』(Gakken保育Books)ほか多数
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事