ログイン

実技・言語「おおきなかぶ」実演とポイント【保育士試験対策/2020年(令和2年)】

2020年(令和2年)12月13日に実施予定の保育士実技試験。新型コロナ感染対策のため「音楽」が中止となり、造形・言語の2分野から1つを選んで受験します。今回は、言語の課題の中から「おおきなかぶ」を実演でお届けします。言語、つまり素話については見本を見て練習するのが上達の近道。実際に試験を受けた経験からポイントをお伝えします。

素話とは

試験概要を全国保育士養成協議会のホームページで見ると、指定のお話の中からひとつを選び、自分であらすじを3分程度にまとめて何もない状態で話す試験とあります。「3歳児クラスの子どもに話す」「子どもは15人程度がいることを想定する」などの細かい指定もあるので、必ず確認しましょう。

>>全国保育士養成協議会HP





私も素話を経験しましたが、これは想像以上に緊張します。動画とこちらの記事のポイントを確認してみてくださいね。

>>どうする?保育士試験実技。経験者が語る言語表現・素話を乗り切るコツ
 

おおきなかぶ

有名なロシアの民話で、絵本などでもお馴染ですよね。繰返し登場する「うんとこしょ、どっこいしょ」のフレーズが特徴的で、ポイントでもあります。動画の中でも解説していますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

★YouTube公式チャンネル


《ほかおすすめの保育士試験対策記事はこちら》
>>実技・言語「ももたろう」実演とポイント【保育士試験対策/2020年(令和2年)】
>>実技・言語「3びきのこぶた」実演とポイント【保育士試験対策/2020年(令和2年)】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事