閉じる

MENU

ログイン

廃材を使った遊び!プレゼント積みゲーム【室内遊び】【イラスト解説】

プレゼント積みゲームをする子どもたちのイラスト
保育園や幼稚園、認定こども園で日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

プレゼント積みゲーム

クリスマス会の出し物やレクリエーションとしておすすめの遊びです。用意するものは手作りのプレゼントボックスだけなので、普段の活動でも取り入れやすいですよ。遊びを通して、「サンタさんいつくるかな?」「プレゼントは何をお願いした?」とクリスマスのお話を展開させることができます。クリスマス当日に向けて子どもたちの期待感を高めたい方は、是非取り入れて見てくださいね。

難易度 

★★★☆☆

対象年齢

3歳/4歳/5歳

用意する物・道具

<プレゼントボックス作成用>
  • 段ボール又は空き箱
  • 包装紙
  • セロハンテープ
  • ハサミ

遊びのねらい

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 遊びを通じて季節行事を楽しむ
  • バランス感覚を身に着ける
  • 他児と協力して一つの物を作り上げ、達成感を味わう

遊び方・ルール

①空き箱や段ボール箱をいくつか用意します。プレゼントに見立てられるよう、包装紙で包んだりリボンを付けられるとなお良いです。

②子どもたちを2チームに分けます。
子どもたちと床に散らばるプレゼントのイラスト

③保育者の「用意スタート!」の合図で、プレゼントを積んでいきます。落とさないように、まっすぐ積み上げるのがポイント!
子どもたちがプレゼントを積んでいるイラスト

④途中で倒してしまったら、倒れたところから積み直します。

⑤制限時間が来たときに、より高く積み上げられたチームの勝ちです!
プレゼントのタワーを作った子どもたちのイラスト
 

ポイント

保育者があらかじめ用意するプレゼントボックスですが、幼児向けにはなるべく大きさがバラバラなものを用意するのがおすすめです。その方がバランスを取るのが難しく、最後の方になるにつれて子どもたちの集中力も増していきます。

ゲームが進んでいくうちに、何かに登ってプレゼントを積み上げようとする子が出てきますが、危険なので「椅子やテーブルには登らないようにしようね」とあらかじめ約束しておきましょう。子どもたちが届かないくらいまで積めたら保育者が抱っこしてあげるなど、軽く手伝ってあげてもいいですね。

また、タワーが倒れると箱が落ちてきて危ない場合があるので、保育者は注意して観察しつつ、「プレゼントを積むのは1人ずつ」としてなるべく1人以外はタワーから距離を取れるようにしましょう。「このラインから外に居ようね」などと示してあげると分かりやすいですよ。

アレンジ例

みんなで一つのプレゼントタワーを作る

チーム戦にする以外にも、クラスみんなで協力して1か所に高く積み上げるのもおすすめです。「まっすぐ乗せよう!」「こっちのプレゼントを先に積もう」などのコミュニケーションを取ることで、協調性や社会性を育むことができます。制限時間を設けなければ、子どもたちの背を超えるほどのとっても大きなタワーができるかもしれませんね。

▼ほかおすすめの遊びはこちら
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事