ログイン

すぐに使える月案文例・フォーマット【5月/1歳児クラス】※ダウンロードあり

1歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例とフォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、1歳児クラス・5月の月案です。

ねらい

  • 新しい環境に慣れ、安心して園生活を送る。
  • 保育者や他児と共に、好きな遊びを楽しむ。
  • 音楽に合わせて歌ったり身体を動かす。
  • 園庭や公園で見かけた植物に興味を示す。
  • スプーンを使って食事をする。
  • 信頼できる保育者の元で安心して眠る。
  • おむつ替えのタイミングを自分で保育者に知らせようとする。
  • 生活の中で、手洗いをする場面がわかり実行しようとする。
  • 単語や行動で自分の気持ちを表現しようとする。
  • 親子遠足で自然に触れながら遊ぶ。

内容

  • 保育者や他児と一緒にままごとやブロック遊びなどをして、関わりを持ちながら遊ぶ。
  • 着替えや食事、睡眠などの基本的な生活の流れが分かり、自ら動こうとする。
  • 季節の歌を保育者と一緒に歌ったり、簡単な体操やリズム遊びをする。
  • 園庭や園の近隣を散歩して、見かけた花や草木などの自然に触れる。
  • 保育者を見てスプーンの持ち方を真似したり、用意されたスプーンに興味を示す。
  • 散歩の後や食事前に保育者と一緒に手を洗う。
  • 保育者が発した単語を繰り返したり、覚えて使おうとする。
  • 親子遠足で保育者や他児と一緒にボール遊びを楽しんだり、公園にある自然に触れて季節を楽しむ。

環境構成

  • 子どもが興味がある場所で遊べるように、さまざまなコーナーを用意する。
  • 季節の歌や体操を準備する。
  • 子どもがじっくりと植物に向き合えるよう、可能なものは持ち帰るなどして触れ合う時間を作る。
  • 興味が出るように、スプーンをお盆の上に用意する。使いたがらないときは無理に使わせない。
  • 手の洗い方を絵本や手遊びなどで伝える。
  • 言葉が増えていくように、子どもが分かりやすい単語を使って話す。

予測される子どもの姿

  • 他児の使っているおもちゃを使いたがり、取り合いが起こる。
  • 園生活の流れが身につき、個々のリズムで自然に動くようになる。
  • お気に入りの音楽が流れると歌ったり踊ったりする。
  • 散歩中に興味のあるものを見つけると立ち止まり、じっと観察する。
  • スプーンを投げたり、机にぶつけて遊び食べをする。
  • 保育者の補助を受けながら手を洗おうとする。
  • 保育者の言葉の中から、分かりやすい単語を繰り返す。
  • 保育者の補助を受けずに、自分の力で食事を食べようとする。
  • 自分のロッカーからおむつを取り出し、保育者に手渡す。

家庭や地域との連携

  • 親子遠足についてのおたよりを配布し、当日の時間帯や持ち物について連絡をする。
  • これからの時期に流行りやすい感染症について、保健だよりを活用して知らせる。
  • ひとり歩きが活発になってきたため、歩きやすい靴の用意やサイズの確認をお願いする。

健康や安全

  • 感染症予防のため、手洗いやおむつ替え後の除菌などを職員全員で徹底する。
  • 親子遠足の目的地に事前に足を運び、周辺の交通状況や公園の安全面などを確認する。
  • 公園で遊ぶ前に、危険なものがないか安全点検をする。

食育

  • 個々のペースを見ながら、手づかみ食べから食具へ移行していく。
  • 苦手な食材がある場合は、その食材に関する絵本を読んだり手遊びをするなどして、興味が湧くようにする。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)

月案文例はこちら
>>4月/1歳児クラスのすぐに使える月案文例

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事