閉じる

MENU

ログイン

いっぽんばしこちょこちょ【室内遊び】【イラスト解説】

いっぽんばしこちょこちょで遊んでいる様子
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。今回は、乳児さんから楽しめる「いっぽんばしこちょこちょ」。難易度やねらいも合わせてお伝えしているので、子ども一人ひとりの発達状況に合わせて取り入れてみてくださいね。

いっぽんばしこちょこちょ

わらべうたを歌いながら、子どもたちと保育者のふれあい・スキンシップを楽しむことができる定番の遊びです。簡単なので、慣れてきたら子どもたち同士で遊んでも楽しいですよ。室内ででき、雨の日の活動にもおすすめです。

赤ちゃんの笑顔を引き出すことができるので、0歳児から使える遊びとして覚えておくと良いでしょう。

難易度 

★☆☆☆☆

対象年齢

0歳/1歳/2歳/3歳/4歳/5歳

用意する物・道具

なし

遊びのねらい

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 保育者と子どもがお互い身体のさまざまな場所に触れ合うことで、身体を動かす楽しさや、手指の感覚を養う。
  • 遊びの中でスキンシップを取りながら周囲との関わりを楽しみ、安心感や愛着を持つことで自己肯定感を高める。
  • 子どもと触れ合うことで、安心感や親しみをもち愛着関係を育む。
  • 繰り返し同じ音色で遊ぶことで、模倣する楽しさを味わう。

期待される子どもの姿

  • 保育士や周囲の子どもと関わりをもつことで、心の安定につながる。

遊び方

①「いっぽんばーしこーちょこちょ」と歌いながら子どもの手のひらを指でなぞり、くすぐる
保育者がいっぽんばしこちょこちょを歌っているところ

②「たたいて つーねって」と歌いながら手のひらを軽くたたき、軽くつまむ(つねる真似だけしましょう)
手を叩いてつねっているところ

③「かいだんのぼって…」と歌いながら、人差し指と中指でこどもの腕の上をつたって肩まで登っていく
保育者がかいだん登ってと歌っているところ

④「こちょこちょこちょ…!」と言いながら子どもをくすぐる
保育者が子どもをくすぐっているところ
 

ポイント・アレンジ例

②の部分は「すべって たたいて つーねって」と歌うバージョンもあります。地域によっても、歌詞が少しずつ異なるようですね。子どもは繰り返しのある遊びが大好きなので、手のひらの他にも、足の裏やお腹、背中など身体のいろいろな部位を使って歌い、触れ合い遊びに楽しさを感じるように工夫すると、何度でも楽しめますよ。

③の場面で、くすぐる前に低い声でゆっくりと歌って緊張感を演出したり、遊びうたなので
リズムを変えるとより楽しめます。
 
●わらべうた遊びがテーマのWeb講座が開講中
特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会では、わらべうた遊びを保育に取り入れたいと考えている方に向けたWeb講座を開講しています。

一つの遊びを、年齢別に展開させる様子を、実際の保育園の実践を見ながら学べます。是非参考にしてみてくださいね。
>>わらべうた遊びWeb講座はこちらから

▼ほかおすすめの遊びはこちら
杉本綾子

この記事を書いた人

杉本綾子

特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 所属
長年の保育現場勤務を活かし保育園の園長を経て、現在、現場で頑張っている人同士がともに学び、「心の栄養補給」ができる人材を育てるために講座などを企画・運営している。
『幼稚園教諭二種免許・保育士』『おもちゃコンサルタント』『絵画指導スペシャリスト』『保育ナチュラリスト』などの資格を取得。多様な視点から、園での遊びや保育に役立つヒントを届ける。

<芸術と遊びらぼ>
https://artplaylab.jp/
<芸術と遊び創造協会>
http://goodtoy.org/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事