ログイン

いっぽんばしこちょこちょ【室内遊び】【イラストあり】

いっぽんばしこちょこちょで遊んでいる様子
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。今回は、乳児さんから楽しめる「いっぽんばしこちょこちょ」。難易度やねらいも合わせてお伝えしているので、子ども一人ひとりの発達状況に合わせて取り入れてみてくださいね。
 

いっぽんばしこちょこちょ

わらべ歌を歌いながら、子どもたちと保育者のふれあいを楽しむ遊びです。簡単なので慣れてきたら子どもたち同士で遊んでも楽しいですよ。室内ででき、雨の日の活動にもおすすめです。

難易度 

★☆☆☆☆

用意する物・道具

なし

遊びのねらい

  • 保育者と子どもがお互い身体のさまざまな場所に触れ合うことで、身体を動かす楽しさや、手指の感覚を養う。
  • 遊びの中でスキンシップを取りながら周囲との関わりを楽しみ、安心感や愛着を持つことで自己肯定感を高める


 

遊び方

  1. 「いっぽんばーしこーちょこちょ」と歌いながら子どもの手のひらを指でなぞり、くすぐる
    保育者がいっぽんばしこちょこちょを歌っているところ
  2. 「たたいて つーねって」と歌いながら手のひらを軽くたたき、軽くつまむ(つねる真似だけしましょう)
    手を叩いてつねっているところ
  3. 「かいだんのぼって…」と歌いながら、人差し指と中指でこどもの腕の上をつたって肩まで登っていく
    保育者がかいだん登ってと歌っているところ
  4. 「こちょこちょこちょ…!」と言いながら子どもをくすぐる
    保育者が子どもをくすぐっているところ

ポイント・アレンジ例

②の部分は「すべって たたいて つーねって」と歌うバージョンもあります。地域によっても、歌詞が少しずつ異なるようですね。子どもは繰り返しのある遊びが大好きなので、背中や足、お腹からスタートするなどアレンジを加えると、何度でも楽しめますよ。


【関連記事】
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事