気持ちが伝わる!文字の彫り方【保育士のための消しゴムはんこ講座】

おたよりや子どもとのコミュニケーションなど、持っていると何かと役立つ「消しゴムはんこ」。自分でもやってみたいという保育士や幼稚園教諭の皆さん向けに、消しゴムはんこ作家として活動する人気クリエイター「消しゴムはんこyuri」さんによる講座をお届けします。

今月は、「文字を彫る!」ことに挑戦してみましょう。まずは簡単な、三角刀で線を彫って文字をくり抜く方法からやってみましょう。

今月の図案は、プレゼントを渡すイメージのものにしました。
文字は「FOR YOU」にしていますが、なんでもOKです。初めはアルファベットやカタカナが彫りやすいですよ。吹き出しにしていますが、大きなハートや丸でも構いません。

吹き出しの彫り方は、これまでお伝えしたやり方と同じです。
さぁ!文字を彫っていきましょう。彫るときは、文字であることを意識しすぎないことが重要です。どういうことかというと、例えば「F」なら、書き順は無視して、バラバラのパーツとして考えましよう。
それぞれの線を彫っていくと、最終的に「F」になるということです。
「O」や「U」などの曲線がある文字は、三角刀ではなく、消しゴムの方を回しながら彫っていきましょう。
彫りやすい順番は、まっすぐな線から。また、下から上に向かって彫ると、どこまで彫れば良いか見ながら出来るのでいいと思います。
今回は、「FOR YOU」の文字に合わせて、パンダを一緒に押してみました。
これまでに作ったはんこと合わせて押してもいいですし、ご自身の名前を彫るもいいと思います。ぜひチャレンジしてみて下さい。
消しゴムはんこyuri

この記事を書いた人

消しゴムはんこyuri

広島で中学校の講師をする傍ら消しゴムはんこ作家として活動。欲しいはんこが市販になく「それなら作ってしまおう!」と、はんこ作りを始めたのがきっかけ。家庭で使うものから、学校や保育園、お店で使う実用的なものまで、幅広いオーダーが集まる人気クリエイター。
<facebook>
https://www.facebook.com/keshigomuhankoyuri/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事