ログイン

「登園時にいつも機嫌が悪い」子ども、どう対応する?【保育者の関わり講座】

保育園のいすと壁面
言語聴覚士として長年児童発達支援に携わってきた原 哲也さんのコラム。保育士であれば知っておきたい「気になる子」への関わり方について解説していきます。今回は「困った行動」のなかでも、加配保育士さんのお悩みとして挙がった「登園時いつも機嫌が悪い」場合の対処法についてご紹介します。

「登園時にいつも機嫌が悪い」を、どう考える?

「登園時いつも機嫌が悪い」というお悩みは、実はこれまでの事例と違っています。今までの事例を並べてみます。
  • 紙芝居のとき隣の子を叩いて泣かせる
  • 給食のときに食べ物を机から払い落とす
  • 自由遊びの時間になるとお部屋から出ていってしまう
  • 蛇口を見るとどんなときでも手を洗おうとする
  • トイレに行くのに廊下に並んだときに友だちを押す
さあ、どこが違うかおわかりでしょうか?

そうなのです。これらは全部、対処すべき「行動」が、誰から見ても「この行動」と特定できるものです。けれど「登園時いつも機嫌が悪い」は、そうではない。

同じ状況に遭遇したとき、A先生は「ぐずってだっこをせがむ」、B先生は「友だちを叩く」、C先生は「活動に誘っても興味を示さない」、D先生は「部屋の隅で寝転がっている」、という行動を「機嫌が悪い」と言う。

保育士によって「機嫌が悪い」の中身が違うのです。

このように人によって中身が異なり、「この行動」と特定できない「登園時いつも機嫌が悪い」というものは何か? というと、これは子どもの「行動」に対する先生の「解釈」や「評価」なのです。

ここで大切なこととしてわかっていただきたいのは、周囲の大人がアプローチし、対処し、変えていけるのは子どもの「具体的行動」だけだということです。

ここでいう「具体的行動」は、
  1. 数えられる(減った・増えた・変わらないがわかる)
  2. 誰が見ても「この行動」と特定できる
  3. 外から見て「その行動をしている」ことが直接観察できる 
というものです。

「困っている」状態を「困っていない」状態に変えていくには、対処してみてその対処が適切だったのか的外れだったかを見極め、的外れなら別の対処を探る必要があるわけですが、その「見極め」は「困った行動」が減ったかどうか?もしくは許容できる他の行動に置き換わったか?で行います。

ですから適切な対処を探すには、アプローチの対象は、①増減が数えられるものである必要があり、数えられるということは②人によって何を数えるかが違わないように、「この行動」と特定できなければならないし、また、③外から見て観察できることものでなくてはなりません。

だから私たちがアプローチし、対処して変えていけるのは、子どもの「具体的行動」だけ、ということなのです。

「機嫌が悪い」は「具体的行動」の要素を充たさないので、アプローチできません。ですから「機嫌が悪い」という困った状態に対処して良い方向にもっていくには、まず「機嫌が悪い」という先生の「解釈」をアプローチ可能な「具体的行動」としてとらえなおす=「具体的行動に読み替える」ことをします。
 
町と山



 

「具体的行動に読み替える」対処方法とは?

「具体的行動への読み替え」は、次の3つのステップで考えます。

【ステップ1】 「困った状態」での子どもの行動を書き出す
【ステップ2】 書き出した行動が、直接観察できるものかをチェックする
【ステップ3】 書き出した行動が、誰でも再現できるかをチェックする

行動については、誰が見ても「これ」と特定できるものでないと行動の再現はできません。誰でも再現できる行動かをチェックすることで、それが誰から見ても「この行動」と特定できる行動であるかどうかがわかります。

ややこしいですね。「登園時いつも機嫌が悪い」を3つのステップで考えてみましょう。

【ステップ1】「困った状態」での子どもの行動を書き出す
ぐずってだっこをせがむ、友だちを叩く、活動に誘っても興味を示さない、部屋の隅で寝転がっているなど。この中の「活動に誘っても興味を示さない」を、ステップ2、3でチェックしてみましょう。

【ステップ2】直接観察できるか?
興味のあるなしは子どもの内心の話なので、外側からはわかりません。

【ステップ3】誰でも再現できるか?
「興味がない」行動をしてください、と言われたらどうしますか。私なら、提案された活動とは、全く関係ない内容の話を始めるかなあと思いますが、違うことをする人もいるでしょう。

子どもなら「先生を叩く」「他のことを始める」「提案された活動が行われる場所とは違う所に行く」「ひっくり返ってじたばたする」「寝たふりをする」などが考えられそうです。いずれにしても「興味がないときにする行動」は人によって異なるので、再現はできません。

つまり、「活動への興味を示さない」はまだ、「具体的行動」ではないのです。

では、例えば「活動に誘うと大きな声で『いやだ!』と叫ぶ」ではどうでしょうか?「活動に誘うと大きな声で『いやだ!』と叫んでいるかどうか」は直接観察できるし(ステップ2)、「活動に誘われたら大きな声で『いやだ!』と叫んでください」と言えば、誰でも同じように「いやだ!」と叫びます。つまり、誰でもその行動を再現できます(ステップ3)。

「活動に誘うと大きな声で『いやだ!』と叫ぶ」は「具体的行動」であり、したがって、対処を検討することができます。

では、「登園時いつも機嫌が悪い」を、例えば、「活動に誘うと大きな声で『いやだ!』と叫ぶ」という「具体的行動」に読み替えたとして、その場合、どういう対処が考えられるのでしょうか?

4つの要素の分析を使って考えてみましょう、と言いたいところですが、少し長くなったので、それは次回お話することにしましょう。

「具体的行動」と「解釈」の違い

ところで、今回は「機嫌が悪い」という事例でしたが、先生方が「困った行動」だ、なんとか変えたいと悩んでいるものが、実は「具体的行動」ではなく、「解釈」であることはよくあります。その場合には「具体的行動」への読み替えをしないと、困った状態は変わりません。

では、次の①~⑥のうち、「解釈」であり「具体的行動」に読み替える必要があるものはどれでしょうか? そして、例えばどんな「具体的行動」に読み替えられるでしょうか。是非考えてみてくださいね。

① 翔君は、だらしない
② 玄太君は、集中力がない
③ 剛君は、友だちが持っているおもちゃを奪い取る
④ みゆきさんは、物をよくなくす
⑤ さとこさんは、先生の話を聞かない
⑥ 良平君は、自信がない
大木
 
<著書>
発達障害の子の療育が全部わかる本
『発達障害の子の療育が全部わかる本(こころライブラリー)』
著者:原 哲也
出版社:講談社
発売日:2021/01/28

>>本の詳細はこちら
発達障害のある子と家族が幸せになる方法
  『発達障害のある子と家族が幸せになる方法:コミュニケーションが変わると子どもが育つ』
著者:原 哲也
出版社:学苑社
発売日:2018/9/14

>>本の詳細はこちら


【ほかおすすめの記事はこちら】
原 哲也

この記事を書いた人

原 哲也

言語聴覚士・社会福祉士 一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPAN代表理事。児童発達支援事業所「WAKUWAKUすたじお」代表。1966年生まれ、千葉県出身。大学卒業後にカナダの障害者グループホーム勤務、東京の障害者施設職員勤務を経て、29歳から小児障害児リハビリテーション専門職として、長野県の病院や市区町で発達相談や障害児の巡回相談業務に携わる。『発達障害児の家族を幸せにする』を志に、全国を駆け回り、乳幼児期から青年期までの発達障害児と家族の応援をおこなっている
<WAKUWAKUすたじおHP>
http://www.waku-project.com/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事