ログイン

「こどもの日」の由来はどう伝える?保育園で楽しめる製作・絵本

こいのぼりを持つ子ども
5月の行事といえば「こどもの日(端午の節句)」。当日はゴールデンウィークでお休みの園が多いかもしれませんが、せっかくなので行事にちなんだ製作や絵本で楽しみたいですよね。今回は、こどもの日をテーマにした楽しみ方をご紹介します。

こどもの日とは?

5月のカレンダー
5月5日は「こどもの日」。まずは、この由来を子どもたちに分かりやすく伝えてみましょう。

5月5日は、昔から季節の変わり目を表す五節句のひとつ、「端午の節句」として男の子の健やかな成長を祝う日とされていました。

その後1948年(昭和23年)に、「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として国民の祝日に定められ、現在の「こどもの日」になりました。

こいのぼりを飾る理由

こどもの日と言うと、思いつくのは「こいのぼり」ではないでしょうか。では、なぜこいのぼりを飾るのか、込められた意味を見ていきましょう。


こいのぼりは“成長”と“出世”の象徴

風にたなびくこいのぼり
鯉は池や沼地などでも生息できる、強い生命力を持っています。また、「激しい滝水に逆らいながら“竜門”という滝を登っていった鯉が、龍に変身し天に昇った」という中国の古い伝説があります。このことから、人生の中でぶつかる難関も突破し、成長して出世して欲しいという願いが込められたと言われています。

昔は一匹だけだった

こいのぼりは黒・赤・青、そして吹き流しが一緒になっていますよね。昔はこいのぼりは「黒い真鯉=子ども」だけだったそうですが、時代の変化と共に赤い緋鯉、青い子鯉が加わりました。それにより、黒い真鯉=お父さん、赤い緋鯉=お母さん、青い子鯉=子ども、となっていったそうです

また、カラフルな“吹き流し”には、魔除けの意味が込められていると言われています。

こいのぼり製作アイデア

子どもたちと「こどもの日」をより楽しむための製作アイデアをご紹介します。

シール・折り紙で簡単こいのぼり

こいのぼりの製作
<材料>
  • 色画用紙
  • 丸シール(複数色あると良い)、もしくは折り紙
<作り方>
  1. あらかじめこいのぼりの形を、画用紙で作っておく
  2. 白・黒の画用紙で目を作ります
  3. 丸シール、または折り紙をちぎってこいのぼりのうろこを付ければ完成!
乳児クラスでも楽しめる簡単な製作です。子どもたちによって、シールや折り紙の貼り場所が異なり個性が出るのでおもしろいですよ。シール部分を、指スタンプにするのもいいですね。

ビニール袋でカラフルこいのぼり

フラワーペーパーを使ったこいのぼりの製作
<材料>
  • ビニール袋
  • 花紙(フラワーペーパー)
  • 色画用紙
<作り方>
  1. ビニール袋に好きな色の花紙を詰めます
  2. 袋の口を尾ひれの形に切り、画用紙を使ってとめます
  3. 画用紙で目をつけたら完成!
カラフルな花紙が映える製作です。袋いっぱいに詰めて、ふわふわのこいのぼりを作るもよし。少し隙間を空けておき、動かすたびに中身の変化が楽しめるこいのぼりを作るもよし。ビーズやボンボンなどを一緒に入れてもかわいいかもしれません。

>>詳しい作り方はこちら

こどもの日に読みたい絵本

「こどもの日」を子どもたちにどう伝えようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなときは、絵本で伝えてみましょう。

こいのぼりぐんぐんこどもの日!

作:ますだゆうこ
絵:たちもとみちこ
出版社:文溪堂
対象年齢:幼児
絵本「こいのぼりぐんぐんこどもの日!」の書影
[こいのぼりぐんぐんこどもの日! (日本語) 大型本]

>>本の紹介はこちら

体が弱いたつやがこいのぼりを眺めていると、なんとこいのぼりが話しかけてきて…⁉ 背中に乗って、冒険の始まりです。

大人気パフォーマーケロポンズさんの「ケロちゃん」こと増田裕子さんの絵本です。こいのぼりにまつわるお話しを、分かりやすいストーリーで伝えてくれる一冊。

こいのぼりの他にも、こどもの日に関係する柏餅やよもぎ、しょうぶなどについての説明だけでなく製作アイデアまで載っています。これがあれば、こどもの日はばっちり!

ちゅーたんのとべとべこいのぼり

作:きむらゆういち
絵:ながはまひろし
出版社:教育画劇
対象年齢:3歳~
絵本「ちゅーたんのとべとべこいのぼり」の書影
[ちゅーたんのとべとべこいのぼり! (12か月のしかけえほん) (日本語) 単行本]

>>本の紹介はこちら

大きなこいのぼりをあげていたちゅーたん。しかし、繋いでいた糸が切れてちゅーたんはこいのぼりと一緒に空に…⁉

低年齢児から楽しめる行事絵本で人気の、きむらゆういちさんの作品です。しかけ絵本になっているので、ワクワクしながら読み進めることができます。分かりやすいはっきりとしたイラストは、子どもたちにも親しみやすいですね。

ちいさなこいのぼりのぼうけん

作:岩崎京子
絵:長野ヒデ子
出版社:教育画劇
対象年齢:3歳~
絵本「ちいさなこいのぼりのぼうけん」の書影
[ちいさなこいのぼりのぼうけん (行事のえほん) (日本語) 単行本]

>>本の紹介はこちら

幼稚園でみんなで作った折り紙のこいのぼり。そのこいのぼりたちが、幼稚園を抜け出して…。

幼稚園が舞台になっているので、馴染みやすいお話ですね。自分たちのこいのぼりが冒険に出る…というユニークなストーリーは、子どもたちの心をしっかり掴んでくれるでしょう。折り紙でのこいのぼりの作り方が描かれているので、製作の参考にもなりそうです。

伝統行事を楽しもう

こどもの日は、子どもの成長を祝うもの。子どもたち自身にも、健やかに育つことへの感謝や素晴らしさを伝えられるよう、さまざまなアイデアで行事を楽しんでみてくださいね。
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事