閉じる

MENU

ログイン

「こどもの日」の由来はどう伝える?保育園でおすすめの製作・歌・絵本

5月の行事といえば「こどもの日(端午の節句)」。当日はゴールデンウィークでお休みの園が多いかもしれませんが、せっかくなので行事にちなんだ製作や絵本で楽しみたいですよね。今回は、こどもの日をテーマにした園での楽しみ方をご紹介します。

こどもの日とは?

5月のカレンダー
5月5日は「こどもの日」。まずは、この由来を子どもたちに分かりやすく伝えてみましょう。

5月5日は、昔から季節の変わり目を表す五節句のひとつ、「端午の節句(菖蒲の節句)」として男の子の健やかな成長を祝う日とされていました。

その後1948年(昭和23年)に、「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として国民の祝日に定められ、現在の「こどもの日」になりました。このことから、現在は男の子だけでなく、子どもたちをお祝いする行事として定着しています。 
 
また「節句」は季節の節目となる日のことですが、もともとは中国から伝わったもの。古くから、厄払いや無病息災の祈願、健康や不老長寿の祈願などの行事を行う日として、今日まで伝えられてきています。端午の節句以外で代表的なものとしては、1月7日の「人日(じんじつ)の節句(七草の節句)、3月3日の「上巳(じょうし)の節句(桃の節句)」、7月7日の「七夕の節句(笹の節句)」などがあります。どれもお馴染みのものですよね。 

こいのぼりを飾る理由

こどもの日と言うと、思いつくのは「こいのぼり」ではないでしょうか。では、なぜこいのぼりを飾るのか、込められた意味を見ていきましょう。


こいのぼりは“成長”と“出世”の象徴

風にたなびくこいのぼり
鯉は池や沼地などでも生息できる、強い生命力を持っています。また、「激しい滝水に逆らいながら“竜門”という滝を登っていった鯉が、龍に変身し天に昇った」という中国の古い伝説があります。このことから、人生の中でぶつかる難関も突破し、成長して出世して欲しいという願いが込められたと言われています。

昔は一匹だけだった

こいのぼりは黒・赤・青、そして吹き流しが一緒になっていますよね。昔はこいのぼりは「黒い真鯉=子ども」だけだったそうですが、時代の変化と共に赤い緋鯉、青い子鯉が加わりました。それにより、黒い真鯉=お父さん、赤い緋鯉=お母さん、青い子鯉=子ども、となっていったそうです。また、カラフルな“吹き流し”には、魔除けの意味が込められていると言われています。

柏餅(かしわもち)やちまきを食べる理由  

昔から、端午の節句には柏餅を食べる風習があります。始まったのは江戸時代からと言われていますが、なぜ柏餅なのでしょうか? 
 
柏の木は落葉樹ですが、冬になっても葉を付けたままで、新芽が出るまで古い葉が落ちないという特徴があります。このことから、絶えない家系や、子孫繁栄と結び付けられて、縁起の良い木とされています。そのため、男の子の成長を願うお祝いだった端午の節句に柏餅を食べる風習ができたという訳です。 
 
一方、関西地方では、ちまきの方が一般的です。こちらは中国で生まれた、端午の節句にちまきを食べる風習が、日本に伝わったものとされています。当時の都があった関西を中心に広がったものが、今に受け継がれています。地域によって風習が違うのも面白いですね。 

子どもたちにどう伝える? 

こどもの日や、関連するものの由来について見ていきましたが、子どもに伝えるにはどれも少し難しいですよね。子どもに伝えるときは、ポイントを絞って分かりやすく言い換えてみましょう。 
  
【伝え方の一例】 
  • 子どもたちみんなが幸せになれるように願う日 
  • 季節が変わるときにはお祝いをする 
  • 生きる力の強いコイを飾ってみんなの成長を願う 
  • カラフルな吹き流しは魔除けのお守り 
  • 縁起のいい柏の葉っぱで巻いたおもちを食べる 

こいのぼり製作アイデア

子どもたちと「こどもの日」をより楽しむための製作アイデアをご紹介します。

ピョンピョンはねる!こいのぼり


対象年齢:2歳/3歳/4歳/5歳

<材料>
  • 牛乳パック(1000mLサイズ/飲料パックでもOK)
  • 色画用紙(本体用・装飾用/好きな色)
  • サインペン
  • 両面テープ
  • スティックのり
  • カッター
<作り方>
  1. 牛乳パックを底から12~13cmでカット
  2. 両面テープで周囲に色画用紙を貼る
  3. 切り口の両側面を内側に折り込む
  4. 色画用紙で目、口、ウロコのパーツを作成
  5. のりで貼り付けて完成です♪
  6. 切り口側を上から押して遊びます
ただのこいのぼりではなく、ピョンピョンはねる動きがかわいいこいのぼり。子どもたちも夢中になって遊べる製作アイデアです。身近にあるもので簡単に作ることができるので、子どもたちと一緒に作るのも楽しそうですね。好きな色の画用紙でオリジナルこいのぼりを作ってみましょう。

シール・折り紙で簡単こいのぼり

こいのぼりの製作
対象年齢:2歳/3歳/4歳/5歳

<材料>
  • 色画用紙
  • 丸シール(複数色あると良い)、もしくは折り紙
<作り方>
  1. あらかじめこいのぼりの形を、画用紙で作っておく
  2. 白・黒の画用紙で目を作ります
  3. 丸シール、または折り紙をちぎってこいのぼりのうろこを付ければ完成!
乳児クラスでも楽しめる簡単な製作です。子どもたちによって、シールや折り紙の貼り場所が異なり個性が出るのでおもしろいですよ。シール部分を、指スタンプにするのもいいですね。

ビニール袋でカラフルこいのぼり

フラワーペーパーを使ったこいのぼりの製作
対象年齢:1歳/2歳/3歳/4歳/5歳

<材料>
  • ビニール袋
  • 花紙(フラワーペーパー)
  • 色画用紙
<作り方>
  1. ビニール袋に好きな色の花紙を詰めます
  2. 袋の口を尾ひれの形に切り、画用紙を使ってとめます
  3. 画用紙で目をつけたら完成!
カラフルな花紙が映える製作です。袋いっぱいに詰めて、ふわふわのこいのぼりを作るもよし。少し隙間を空けておき、動かすたびに中身の変化が楽しめるこいのぼりを作るもよし。ビーズやボンボンなどを一緒に入れてもかわいいかもしれません。

柏餅の製作アイデア 

こどもの日に食べる柏餅にちなんだ製作アイデアをご紹介します。 

かしわ餅ちゃんのおままごとセット 

かしわ餅に、こいのぼりの飾りをあしらった「おままごとセット」です。ままごと遊びを通じて、伝統行事について知ってほしいですね。 

かしわ餅カスタネット

形が似ていることから、なんと! かしわ餅をカスタネットにしてみました。手作り楽器や手作りおもちゃとしても楽しめます。

こどもの日ならではの折り紙・製作アイデア

その他、こどもの日にちなんだ定番の折り紙と、オリジナルの製作アイデアをご紹介します。

カラフル兜のポチ袋マラカス

ポチ袋から上手く形を成形してミニマラカスを作りましょう。折り紙の兜(かぶと)をあしらって、こどもの日らしい製作に仕上げました。

兜の折り方

基本的な折り紙の一つである兜(かぶと)の折り方をご紹介します。折り方さえ覚えてしまえば、新聞紙や包装紙など大判の紙で被れる兜を折ることもできますので、ぜひお試しを。

マジックシアターこどもの日バージョン

簡単に作れて子どもたちにも人気のマジックシアター。今回は、こどもの日に合わせた可愛いイラストを使ったバージョンです。

こどもの日の歌 

こどもの日の活動の導入に使える歌をご紹介しましょう。 

こいのぼり 


「こどもの日」と聞いて、まず思い浮かぶ定番の曲ですよね。こいのぼりの製作の導入時などで、子どもたちと一緒に歌ってみましょう。 
  
【歌詞】 
やねよりたかい こいのぼり 
おおきいまごいは おとうさん 
ちいさいひごいは こどもたち 
おもしろそうに およいでる 
  
作詞:近藤宮子 
作曲:不詳 

 

せいくらべ(背くらべ)


こちらも「こどもの日」の定番ソング。ちまきを食べながら、柱の目印で弟の背の高さを測るお兄ちゃん。光景が目に浮かんでくるようで、微笑ましいですよね。 
 
【歌詞】 
はしらのきずは おととしの 
ごがついつかの せいくらべ 
 
ちまきたべたべ にいさんが 
はかってくれた せいのたけ 
 
きのうくらべりゃ なんのこと 
やっとはおりの ひものたけ 
 
はしらにもたれりゃ すぐみえる 
とおいおやまも せいくらべ 
 
くものうえまで かおだして 
てんでにせのび していても 
 
ゆきのぼうしを ぬいでさえ 
いちはやっぱり ふじのやま 
 
作詞:海野厚 
作曲:中山晋平 

こどもの日に読みたい絵本

「こどもの日」を子どもたちにどう伝えようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなときは、絵本で伝えてみましょう。

こいのぼりぐんぐんこどもの日!

作:ますだゆうこ
絵:たちもとみちこ
出版社:文溪堂
対象年齢:幼児
絵本「こいのぼりぐんぐんこどもの日!」の書影
[こいのぼりぐんぐんこどもの日! (日本語) 大型本]

>>本の紹介はこちら

体が弱いたつやがこいのぼりを眺めていると、なんとこいのぼりが話しかけてきて…⁉ 背中に乗って、冒険の始まりです。

大人気パフォーマーであるケロポンズさんの「ケロちゃん」こと増田裕子さんの絵本です。こいのぼりにまつわるお話しを、分かりやすいストーリーで伝えてくれる一冊。

こいのぼりの他にも、こどもの日に関係する柏餅やよもぎ、しょうぶなどについての説明が載っています。加えて製作アイデアまで見られるので、子どもたちと一緒に楽しむことができますね。

ちゅーたんのとべとべこいのぼり

作:きむらゆういち
絵:ながはまひろし
出版社:教育画劇
対象年齢:3歳~
絵本「ちゅーたんのとべとべこいのぼり」の書影
[ちゅーたんのとべとべこいのぼり! (12か月のしかけえほん) (日本語) 単行本]

>>本の紹介はこちら

大きなこいのぼりをあげていたちゅーたん。しかし、繋いでいた糸が切れてちゅーたんはこいのぼりと一緒に空に…⁉

低年齢児から楽しめる行事絵本で人気の、きむらゆういちさんの作品です。しかけ絵本になっているので、ワクワクしながら読み進めることができます。分かりやすいはっきりとしたイラストは、子どもたちにも親しみやすいですね。

ちいさなこいのぼりのぼうけん

作:岩崎京子
絵:長野ヒデ子
出版社:教育画劇
対象年齢:3歳~
絵本「ちいさなこいのぼりのぼうけん」の書影
[ちいさなこいのぼりのぼうけん (行事のえほん) (日本語) 単行本]

>>本の紹介はこちら

幼稚園でみんなで作った折り紙のこいのぼり。そのこいのぼりたちが、幼稚園を抜け出して…。

幼稚園が舞台になっているので、馴染みやすいお話になっています。自分たちのこいのぼりが冒険に出る…というユニークなストーリーは、子どもたちの心をしっかり掴んでくれるでしょう。折り紙でのこいのぼりの作り方が描かれているので、製作の参考にもなりそうです。

伝統行事を楽しもう

こどもの日は、子どもの成長を祝うもの。子どもたち自身にも、健やかに育つことへの感謝や素晴らしさを伝えられるよう、さまざまなアイデアで行事を楽しんでみてくださいね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。

<資格>
保育士/児童指導員/社会福祉主事

<Instagram>
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事