閉じる

MENU

ログイン

「まとめの3学期」は特別なことをするべき?【ぷく先生の4コマ保育日記】

共感できるエピソードが満載!現役幼稚園教諭のぷく先生による4コマ保育日記です。>>連載一覧はこちら

いよいよ年度末シーズン

気がつけば、今年度もあとすこしになりました。

「まとめの時期」と言われるこのシーズン。

この時期はまた、生活発表会なども重なる所もあるでしょう。

まとめの時期と言われても、どうしたら?!
…と、ドキドキしますよね。(本当に…)

では、どのように関わり・どのように声を掛けていけば良いでしょうか?
 
まとめの3学期について考えるぷく先生
子どもとの関わりについて説明するぷく先生
思いをはせるぷく先生のイラスト
ガッツポーズをするぷく先生のイラスト

3学期だから大切にしたいこと

私が大切にしていることは、
  • 今の姿を認めること
  • 成長を認めること
  • 次の年を楽しみに出来るようにすること
まとめと言われると、いきなり3学期から厳しい言葉ばかり並べがち…急激に成長なんて出来ません。

まずは、ありのままの子どもたちの姿を認めること!
そして大きくなったことを認めること!


私は時々、しみじみと…

「みんな大きくなったね〜だって、お話も静かに聞いてくれるし」
「お着替えも自分1人で出来るようになったもんね!」


と、具体的に伝えるようにしています♫

また、次の年…というより、どんなことも先を楽しんでくれたら良いなと思います!

これが出来たら他に特別することは何もないかな?と、私は思います。

「まとめよう、まとめよう」と思いすぎると子どもたちはただただ息苦しくなってしまいます。

最後まで、のびのび過ごせるように!
今を楽しんで先を楽しみに出来るように!


保育者の皆さんも、子どもたちと一緒に出来たら良いですね☆

▼もっとぷく先生のコラムを読むなら
ぷく先生

この記事を書いた人

ぷく先生

現役の幼稚園教諭として働く一方で、フォロワー1万人を集める人気インスタグラマー。ほのぼのとしたタッチで日々の保育風景を切り取ったマンガが共感を呼ぶ。同じ保育者として頑張っている先生たちからのコメントが最大のモチベーション。

<Instagram>
https://www.instagram.com/pukuchi.1001/?hl=ja

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事