閉じる

MENU

ログイン

忙しいときこそ意識したい!子どもの話を「聴く」コツ【ぷく先生の4コマ保育日記】

子どもの話を「聴く」コツ
共感できるエピソードが満載!現役幼稚園教諭のぷく先生による4コマ保育日記です。>>連載一覧はこちら

いよいよ新年度がスタート 

新しい1年がやってきました。今年度はまた、どんなワクワク!ウキウキ!!が待っているでしょうか? とても楽しみです♪ 
  
さあ、そんな新学期! 
 
持ちあがりの担任で、かかわり慣れている子どもたちとスタートの先生もいれば、 
「初めまして!」と、信頼関係を作る所からスタートする先生もいるでしょう。 
 
どちらにしてもバタバタする新学期。そんな中でも子どもたちの‟聴いて“を丁寧に受け止めることは、やっぱり大事にしてほしい☆ 
 
今回は、そんなテーマで描いてみました。 

 

「話を聴いてもらう心地よさ」を感じられるように 

子どもの話を笑顔で聞くぷく先生のイラスト
子どもと話す先生のイラスト
ぷく先生が腕を組んで考えているイラスト
オーバーリアクションをするぷく先生のイラスト

「きいて!あのね先生!」「なになに〜?」 
  
とは言っても、たくさんの子どもたちとかかわる保育者。1日のうちで同じ話を何度も聞くこともありますよね。 
 
またその話??(笑)
なんて思うこともあります。 
 
しかし、その子どもにとったら聞くのは1回目だし、1人1人思いは違います。他の子達が聞いていても「僕だって!」「私だって!」大好きな先生から自分も聞きたいのです。 
  
もちろん、今すぐに話を聞けない時もありますよね!その場合は「今している作業が終わったらね!後でね!」と説明し、後から話を聞きます。 
  
そして話を聞く時には「話して良かった!話すって楽しい♪」を感じられるように。 
 
○時には大袈裟に演技をしてみたり♪ 
○時には知ってるけど知らないフリをしてみたり♪ 

 
もちろん様子を見て程々にだけれども… 
 
子どもたちが「楽しい」「心地よい」と感じる為ならば、私達はさまざまな工夫をしているのです! 

バタバタする新学期だけれど、皆さんも意識するだけで、ぐんと子どもたちとの信頼関係が築きやすくなるはずです。 
 
子どもたちは、目に見えるもの、感じたこと全て言葉や行動に表したくなります。 その感じたことを保育者が一緒に共有できたなら! なんて素敵なことでしょう♪ 
 
さあ!楽しい令和4年度をスタートさせましょう! 
 
▼一緒に読みたい!ぷく先生のおすすめコラム
ぷく先生

この記事を書いた人

ぷく先生

現役の幼稚園教諭として働く一方で、フォロワー1万人を集める人気インスタグラマー。ほのぼのとしたタッチで日々の保育風景を切り取ったマンガが共感を呼ぶ。同じ保育者として頑張っている先生たちからのコメントが最大のモチベーション。

<Instagram>
https://www.instagram.com/pukuchi.1001/?hl=ja

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事