ログイン

0~1歳児の保育室に欠かせない!『布ボール』おもちゃとは

布ボールおもちゃ
人気の布おもちゃ作家で元保育士“ゆっこせんせい”によるコラム。今回は、乳児期・低年齢時期からの発達にもぴったりな手作りおもちゃ『布ボール』をたくさん紹介してくれました。
今日は、布ボールの種類や遊び方についてのお話です。

0~1歳児の保育室には、ぜひぜひ備えてほしいのが布ボールです。ボール遊びは、手指・腕・脚などの運動機能の発達に欠かせません。また、ボールのやりとりを通して、保育者との関わりが深まり、やがて友だちとの信頼関係も築けるようになります。

思いっきり投げても、ぶつかっても、痛くないしケガにつながることのない布のボールは、乳児期に大切なおもちゃの一つです。

【ボール遊びの育ち】
  • ボールを持つ(大きなボール・肌ざわりの良いボール・可愛いボールを持つことから)
  • 振って音を楽しむ(鈴・カプセル容器など音のするもの)
  • 落とす(手指の機能)
  • ボールを運ぶ
  • 転がるボールを追いかける
  • 投げる(手指と腕の動きの連動)
  • 転がす
  • ボールを受け取る(キャッチボール。相手とのやりとり)
  • 蹴る
  • ゴール・的などに狙いを定めて、投げる・蹴る
おおよそ、このような流れでボール遊びは発達していきます。それぞれの遊びを十分に楽しめるよう、布ボールを用意して楽しく一緒に遊んでみましょう。




次に、これまで私が作ったいろいろな布ボールを紹介しますね。参考にしてみてください。
 
動物やボールの形をした布ボールおもちゃ
この写真の布ボールは、ラグビーボールのような形の布を6枚つなぎ合わせて作ってあります。

素材はどんな布でもOK! タオル生地やフリースにすると、肌触りも気持ちいですね。中にプラ鈴を入れるのもおススメです。

投げたり・転がしたりした時に可愛い音が鳴ると、心地よい刺激になって、もう一度やってみたくなります。

また、写真のように顔をつけて動物ボールにすると、赤ちゃんも興味を持って握ったり、追いかけたりして遊んでくれます。
 
ガチャポンのカプセル容器を使った布ボールおもちゃ
こちらは、布ボールの中にガチャポンの容器(カプセル容器)が入っています。大きめのビーズなどを入れ、音が鳴るようにしました。カプセル容器を利用した手作りおもちゃは、そのままだと、万が一容器が開いてしまった時が心配ですが、布ボールの中に入れることで、安心して遊ぶことができます。

また、このように、指が引っかかるような隙間のあるデザインもおススメです。

ハイハイ~つたい歩きの頃は、赤ちゃんが両手で物を持って運ぶことができません。こんな風に、片手でも持ちやすい形になっていると、まだ歩けない赤ちゃんでもボール遊びを楽しむことができます。
 
三角形の布ボールおもちゃ
また、ボールと言えば「丸いもの」と思いがちですが、この「さんかくボール」も楽しいです。

6本の棒状の布を三角錐の形に組み合わせて作ります。

1歳頃までの子どものボール遊びというのは、「自分で投げたボールを自分で取りに行き、拾ってまた投げる」といった段階があります。「さんかくボール」は転がり過ぎず、程よいところで止まるので、そんな赤ちゃんのボール遊びにおススメです。
 
苺の布ボールおもちゃ
同じく、転がりすぎずに可愛い「いちごボール」

いろいろな形のボールで楽しんでみてくださいね。

===============
『布おもちゃ&手作りキットのお店<ゆっこ*とい>』では、いろいろな布ボールの手作りキットをご用意しています。
ぜひ、こちらからどうぞ!
>>『布おもちゃ&手作りキットのお店<ゆっこ*とい>』


>>子どもの遊びが無限に広がる!手作り布おもちゃ「さんかくポッチ」
>>手作りおもちゃの隠れたメリットとは?
ゆっこせんせい

この記事を書いた人

ゆっこせんせい

布おもちゃ作家。一般社団法人 布育普及協会 代表理事。静岡市清水区在住。十数年の保育士勤務と育児経験を経て、小さな頃から大好きだった手芸を生かし創作活動を始める。作家歴15年。
「“おもちゃ”は、子どもにとって、単なる暇つぶしの道具ではなく、成長・発達にとってかけがえのないもの」という考えのもと、育児や保育に役立つ布おもちゃを提案している。
保育雑誌「ピコロ」「ひろば」「ポット」で連載。「ラポム」「幼児と保育」などで執筆。清水区の「ぬのいく協会アトリエ」にて「布おもちゃのお部屋」運営中。
<ぬのいく協会HP>
http://nunoiku.com
<ブログ>
http://ameblo.jp/yukkotoy

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事