ログイン

深刻なブラジルの感染状況。リモート授業で見えてきた問題とは?

アルファベットを見せる子ども
ブラジル・カノア保育園の設立ストーリーと並行して、地元の文化や地元の生活をお伝えする続編です。現在、ブラジルでは感染者数が世界3位、死者数が第2位と極めて深刻な状態が続いています。カノア保育園のある地域にも感染者が出るなど、心配な状況です。そんななか、リモート授業で浮かび上がってきた問題があるようです。

カノア保育園のあるブラジル・セアラ州では、2021年1月22日現在、新型コロナウイルス感染症による陽性者が1週間で121%増となりました。

1月23日現在、感染者は360,000人を超え、死者は10,320人に。ブラジルは感染者数としては世界第3位ですが、死亡者数をみてみると、世界第2位となっており、極めて深刻な状況が続いています。

例年であれば、年末のクリスマスからカーニバル、そして3~4月にあるイースターの時期まで、国民の祭典が続くブラジル。

特にカーニバルは、世界でも「ブラジルといえばカーニバル」と言われるほど、有名なお祭りです。2021年は2月16日に予定されています。

本来であれば、学校や会社も1週間以上の長期休みとなりますが、2021年はいつもと異なります。日本でも有名なリオデジャネイロやサンパウロのカーニバルは中止が決定しており、私たちが活動するセアラ州でも中止が決定しました。

それと同時に、1月が新年度となるブラジルですが、2021年度はカーニバル休暇明けの2月22日に新年度が開始されると発表されました。

さらにカノア保育園のあるアラカチ市では、昨年度に引き続き2021年度も、リモート授業となることが決定しました。





2020年度から始めたリモート授業。

特に5歳児クラスは、次年度に小学校への入学が控えています。そこで、他の学年とは異なる体制をとりながら個別授業を実施するなど、担任と共に工夫しながら活動してきました。

2020年11月末には5歳児クラスの保護者との面談をオンラインで実施し、状況を確認しました。初めてのリモート授業にも関わらず、子どもたちの成長は著しく、小学校入学に対して課題があると指摘した児童は2名にとどまりました。
アルファベットを見せる子ども

リモートでも、何とかうまく乗り切った!」と思っていた5歳児クラス。

翌月、例年であればクリスマス会を持って年度が終了となるのですが、その実施ができなかったため、保護者を招き、次年度の説明とクリスマスプレゼントの受け渡しを行いました。

その際、5歳児クラスの児童は親と共に来てもらい「小学校入学に向けて学習や社会性など、問題がないかどうか?」など、クラス担任による評価が個別に実施されました。

その直後、日本にいる私にクラス担任から「至急連絡してくれ」とのメッセージが入ったのです。

「いったい何があったのか?」

そう思いながらビデオ通話で連絡をしてみると、青ざめた顔をしたクラス担任が、目に涙を浮かべてこう言ったのです。

「5歳児クラスは、たった1名をのぞいては、何も身についていなかったの…どうしよう。このまま小学校に行かせるなんて。リモート授業は、幼児期の子どもにはやっぱり無理なんだよ…」

初めての試みとして行ったリモート授業。小中学生でも難しいこの方法で、幼児期の子どもを相手に対応することには無理があったのです。

それでも、2021年度も引き続きリモート授業をしなくてはいけません。私たちは、それに対応すべく考える必要があります。幼児期の子どもたちがリモート授業を通じて学びを身につけられるように。


【関連記事】
鈴木真由美

この記事を書いた人

鈴木真由美

保育士。ブラジル・カノア保育園 園長。2000年にブラジル北東部にある漁村カノアに渡り保育園の運営を始める。2006年にカノアでの支援を目的にした「光の子どもたちの会」を設立(2015年にNPO法人となる)。現地の地域力向上を目指して活動中。2児の母。
<光の子どもたちの会HP>
http://criancasdeluz.org/quem_somos_nos/quem_somos_jp.html

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事