閉じる

MENU

ログイン

保育士がスキルアップできる資格8選。概要と取得方法を解説

「保育士・幼稚園教諭としてもっとスキルアップしたい」という方の中には、得意分野や関心分野の専門性を伸ばしたいと考えている人も多いと思います。今は国家資格の他にも、幅広い分野で民間資格がたくさんあります。取得方法も、座学で受講するものから、研修や実習があるもの、試験を受けるものとさまざま。今回は、その中から保育に活かせる8つのオススメ資格をご紹介します。

絵本専門士

絵本を読み聞かせする保育士
今、大人気の資格のひとつがこちら! 子どもたちの成長を促す絵本の活用法などを普及させたり、おはなし会などの活動に携わる絵本の専門家です。

資格を取るには

1コマ90~120分の授業を30コマ受講し、一定の成績を修め、修了課題をクリアすることで取得可能です。

受講資格として、「絵本に関わる実務について3年以上の経験を有する者」などある程度の絵本に関する知識を有していることが必要とされており、その中から選考に通らなければなりません。ハードルは少し高いですが、保育士さんや、幼稚園教諭の経験が長い人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格の概要

【認定団体】
国立青少年教育振興機構
【受験資格】
  • 子供や絵本に関連する資格を有する者
  • 絵本に関わる実務について、原則として3年以上の経験を有する者
  • 絵本に関わる活動に携わり、原則として3年以上の経験を有する者
  • 絵本学や児童文学、美術について研究実績を有する者 等
【履修科目】
絵本や子供に関する知識、おはなし会やワークショップを運営する技能、豊かな感性等、絵本専門士として必要な能力等を修得し得る内容のカリキュラム
【試験方法】
授業において一定の成績を修め、全授業終了後の修了課題において絵本専門士として必要な資質・能力を満たしていると評価されれば認定となる
【HP】
https://www.niye.go.jp/services/plan/ehon/senmon.html

【※終了】認定病児保育スペシャリスト

※2022年1月11日に、病児保育web講座・資格認定事業 終了のお知らせがありました。
>>詳しくはこちら

ドラマなどでも取り上げられ話題となった病児保育士ですが、この資格はそんな病児保育のプロであるための資格です。

保育中に子どもが熱を出すなど、体調を崩したときでも落ち着いて対応できるだけの知識を得られるので、保育園の現場でも役立ちそうですね。

資格を取るには

全13回のWeb講座を受講し、1次試験に合格したら病児保育施設で24時間の実習を行います。最後に認定試験に合格すれば、資格取得! 平均2か月ほどで実習まで終えられるので、働きながらでも取得しやすいですね。

高校を卒業している18歳以上の方であれば受講可能なので、チャレンジしやすい資格のひとつと言えるでしょう。

資格の概要

※病児保育web講座・資格認定事業 終了のお知らせ

【認定団体】
一般財団法人 日本病児保育協会
【受験資格】
高校を卒業した18歳以上
【履修科目】
「病児保育とは何か?」「病児保育の意義を知ろう」「あるべき病児保育のかたち」「病児保育の遊びについて理解する」「病児保育における一日の流れ」「病児保育の心理について理解する」「病児保育におけるコミュニケーション」「感染予防について理解する」「代表的な子どもの病気を知ろう」「基礎的な看病について理解する」「リスクマネジメントの基礎を理解する(1)」「リスクマネジメントの基礎を理解する(2)」「心肺蘇生法・気道異物の除去」
【試験方法】
全13回のWeb講座受講→1次試験の合格→病児保育施設での実習(24時間以上)→認定試験の合格
【HP】
https://lp.sickchild-care.jp/

医療保育専門士

病院内で働く保育士

病院や医療機関内で、入院している子どもや小児病棟の子どもたちのケア、日常生活のサポート、保育を行う病棟保育士(医療保育士)。医療の現場で働くため、専門の知識が求められますが、それらを習得するための資格認定制度が2007年(平成19年)からスタートしています。子どもを医療の主体と捉え、専門的な保育を通じて、子ども本人とその家族の QOL(生活の質) の向上を目指すことを目的としています。 

資格を取るには

資格認定研修会に参加した後、事例研究論文の提出や口頭試問など所定の課題に合格すれば認定証が交付されます。受講には所定の資格が求められるため、確認が必要です。

資格の概要

【認定団体】
一般社団法人日本医療保育学会
【受講資格】
(1)日本国の保育士資格を有していること。
(2)病院、診療所、病(後)児保育室、障害児者の施設(医療型障害児入所施設・医療型児童発達支援センター等)および乳児院(病・虚弱児介護加算対象施設に限る)等で、常勤 1 年以上、非常勤は年間 150 日以上かつ 2 年以上の保育経験を有していること。なお、非常勤勤務の日時の算出については別途定める。
 *保育士有資格者でも、業務内容が看護師・看護助手・クラーク等、保育士として働いていない場合は該当しません。
(3)本学会正会員であり、申し込み時に 1 年以上の会員歴があること。
【試験方法】
  • 資格認定研修(定められた研修の受講と指定の課題を提出)
  • 事例研究論文の提出資格(研修課題終了認定)を有してから、1 年以内に論文を提出
  • 口頭試問(事例研究論文が受理されたものに対して原則 3 ヶ月以内)
【HP】
一般社団法人日本医療保育学会
資格認定実施要項
https://iryouhoiku.jp/wp-content/uploads/2021/03/2021jissiyoukou-1.pdf
※外部サイト/PDFファイル

育児セラピスト

育児の専門家として、育児の実践における知識やスキルを学びます。育児に悩む保護者のサポートをすることができるので、保育士や幼稚園教諭の方は保護者とのコミュニケーションを円滑にとるために役立つ資格でしょう。

資格を取るには

前期課程6時間と、後期課程12時間を組み合わせた計3日間のカリキュラムで構成されます。「ベビーマッサージインストラクター養成講座」や「アタッチメント・食育インストラクター養成講座」などを受講すると、同時に前期課程を修了できるのも大きな魅力です!

資格の概要

【認定団体】
一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
【受験資格】
特になし
【履修科目】
<前期課程1日目>アタッチメント基礎/発達心理学・基礎編/聞く力ワーク/心の調律セラピーワーク
<後期課程>発達心理学(応用)/発達心理学・ワークショップ/コフート理論/コフート式カウンセリング体操ワーク/寺下謙三先生講演DVD視聴・意見交換ワーク
<後期課程2日目>アタッチメント理論・応用編/アタッチメントワーク/社会学/社会学ワーク/母性・父性
【試験方法】
前期課程(2級)と後期課程(1級)を修了し、認定試験に合格すると育児セラピストとして履歴書等に記載できる資格となる。
【HP】
https://www.itherapist.jp/

 

おもちゃコンサルタント

「東京おもちゃ美術館」の運営でも知られる、NPO法人 芸術と遊び創造協会が認定する資格です。30年以上の歴史を持ち、総合的なおもちゃの認定資格として知られています。

認定者は、現在約6,000名。受講者の職業種別割合のうち、「保育教育関係者」が41%を占めているというデータもあり、保育者にとってスキルアップに役立つ資格としておすすめです。

資格を取るには

講座のコースは、東京おもちゃ美術館で開催される「通学コース」と、自宅学習とスクーリングで学ぶ「Eラーニングコース」の2種類があります。学ぶ内容は共通ですので、地域や就業状況など、自身の条件によって選ぶことができます。

資格の概要

【認定団体】
NPO法人 芸術と遊び創造協会
【受講資格】
特になし。
【履修科目】
<通学コース>

受講カリキュラム:『おもちゃコンサルタント入門』『おもちゃのホスピタリティ論』『日本と世界のおもちゃ論』『ハンドメイドのおもちゃ論』『シュタイフ社の歴史に学ぶ 〜テディベア・ぬいぐるみの魅力とその価値〜』『子どもの発達とおもちゃ論』『“遊び力”が身に付くおもちゃ実践論』『伝承遊び実践論』『医療と福祉のおもちゃケア論』『おもちゃ開発論』『グッドトイ・リサーチ発表①・②』『おもちゃと遊びの社会活動論』『おもちゃ学総論&認定式』

<Eラーニングコース>
受講カリキュラム:おもちゃコンサルタント入門 【映像講座】/おもちゃと遊び”のコミュニケーション実践/福祉とおもちゃケア 【映像講座】/良いおもちゃ選びの視点と考察/
スクーリングカリキュラム:おもちゃ学総論/世界のおもちゃワークショップ/手作りおもちゃワークショップ/「グッド・トイ発掘調査レポート」発表/社会の中で「おもちゃと遊び」ができること
【試験方法】
すべての課程を修了された方に「おもちゃコンサルタント認定証」を授与
【HP】
https://artplaylab.jp/toy/toy_consultant/

ベビートイ・インストラクター

私の個人的オススメ資格! 子どもにぴったりのおもちゃ選びや、おもちゃの与え方に関する知識を習得する講座です。

資格を取るには

受講資格に制限もなく、6時間の講座を受講して最後に行われる認定試験に合格すれば取得が可能です。

「ベビートイ・インストラクター」は、0、1歳児の子どものおもちゃに関する知識を学ぶコースですが、2、3歳児を対象とした「キッズトイコース」、4~99歳を対象とした「知育玩具コース」もあります。

自分に合ったコースを選ぶことができ、短期間で取得可能な点が忙しい保育士さんや幼稚園教諭の方にもオススメです。私も取得を考えています!

資格の概要

【認定団体】
一般社団法人 日本知育玩具協会
【受験資格】
2級講座は特に制限なし。2級講座の中で行われる認定試験に合格することで、ベビートイ・インストラクター2級資格を取得できるとともに、ベビートイ・インストラクター1級養成講座の受講資格が与えられる。
【履修科目】
(1)インストラクターの役割 (2)0・1歳の発達課題 (3)絵本を読み始める前に (4)はじめての絵本の選び方と与え方 (5)人形とままごとが育てる力 (6)赤ちゃんのための積木遊び (7)発達を支えるおもちゃ (8)認定試験
【試験方法】
1日講座(6時間)内の認定試験を受験
【HP】
https://edu-toy.or.jp/course/baby
※ベビートイ・インストラクター2級養成講座

幼児食インストラクター

幼児食に関する知識や発達と食事の関わり、献立の工夫、栄養素の基礎知識などを備えていることを証明する資格です。食育活動に力を入れている園も最近では増えているので、栄養士や調理スタッフでなくても子どもたちの食に関わる資格を持っていることは、保育でプラスになりそうですね。

資格を取るには

「一般財団法人 日本能力開発推進協会」が指定している教育機関等が行う教育訓練において、カリキュラムを修了することで在宅にて受験ができます。

資格の概要

【認定団体】
一般財団法人 日本能力開発推進協会
【受験資格】
協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者。
【履修科目】
幼児食の基礎知識/幼児期の食事/栄養と代謝/病気のときの食事/食物アレルギー
【試験方法】
カリキュラム修了後、随時、在宅にて受験
【HP】
https://www.jadp-society.or.jp/course/infant-food/

運動保育士

子どもたちと体操をする保育士

その名の通り、子どもたちの運動に関する専門知識を取得し、保育の活動に活かすための資格です。NPO法人が主催している民間の資格で、子どもの発育発達に合わせた運動遊びを実践するためのスキルを学ぶことができます。

資格を取るには

試験は特になく、各コースの講習を受けることで資格を取得可能です。

資格の概要

【認定団体】
NPO法人 運動保育士会
【受験資格】
特になし
【履修科目】
「運動遊び実践」と「脳機能と発育発達」の2種類
【試験方法】
試験は特になく、各コースの講習を受けることで資格を取得可能
【HP】
https://www.npo-hoiku.com/

資格取得にチャレンジ!

いかがでしたか? 気になる資格や、仕事に役立ちそうな資格は見つかりましたか? さまざまな資格があるので、スキルアップやキャリアアップにもつながりそうなものがあば、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。

<資格>
保育士/児童指導員/社会福祉主事

<Instagram>
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事