ログイン

スキルアップに役立つ!オススメ保育系資格5選

保育士・幼稚園教諭としてもっとスキルアップしたい! という方の中には、得意分野や関心のある分野の専門性を伸ばしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今は、国家資格の他にもさまざまな分野で民間の資格や認定講師資格がたくさんあります。今回は、その中から保育に活かせるオススメ資格5選を、筆者の独断と偏見でご紹介します。
第二弾「保育士にプラスして取りたい!子どもに関わるおすすめ資格5選」はこちら

絵本専門士

今、大人気の資格のひとつがこちら! 子どもたちの成長を促す絵本の活用法などを普及させたり、おはなし会などの活動に携わる絵本の専門家です。

1コマ90~120分の授業を30コマ受講し、一定の成績を修め、修了課題をクリアすることで取得可能です。

受講資格として、「絵本に関わる実務について3年以上の経験を有する者」などある程度の絵本に関する知識を有していることが必要とされており、その中から選考に通らなければなりません。ハードルは少し高いですが、保育士・幼稚園教諭経験が長い人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
【認定団体】国立青少年教育振興機構
【受験資格】
 ・子供や絵本に関連する資格を有する者
 ・絵本に関わる実務について、原則として3年以上の経験を有する者
 ・絵本に関わる活動に携わり、原則として3年以上の経験を有する者
 ・絵本学や児童文学、美術について研究実績を有する者   等
【履修科目】
 絵本や子供に関する知識、おはなし会やワークショップを運営する技能、豊かな感性等、絵本専門士として必要な能力等を修得し得る内容のカリキュラム
【試験方法】
 授業において一定の成績を修め、全授業終了後の修了課題において絵本専門士として必要な資質・能力を満たしていると評価されれば認定となる
【HP】 https://www.niye.go.jp/services/plan/ehon/senmon.html



 

認定病児保育スペシャリスト

ドラマなどでも取り上げられ話題となった病児保育士ですが、この資格はそんな病児保育のプロであるための資格です。

保育中に子どもが熱を出すなど、体調を崩したときでも落ち着いて対応できるだけの知識を得られるので、保育現場でも役立ちそうですね。

全13回のWeb講座を受講し、1次試験に合格したら病児保育施設で24時間の実習を行います。最後に認定試験に合格すれば、資格取得! 平均2か月ほどで実習まで終えられるので、働きながらでも取得しやすいですね。

高校を卒業している18歳以上の方であれば受講可能なので、チャレンジしやすい資格のひとつですね。
 
【認定団体】一般財団法人 日本病児保育協会
【受験資格】高校を卒業した18歳以上
【履修科目】
「病児保育とは何か?」「病児保育の意義を知ろう」「あるべき病児保育のかたち」「病児保育の遊びについて理解する」「病児保育における一日の流れ」「病児保育の心理について理解する」「病児保育におけるコミュニケーション」「感染予防について理解する」「代表的な子どもの病気を知ろう」「基礎的な看病について理解する」「リスクマネジメントの基礎を理解する(1)」「リスクマネジメントの基礎を理解する(2)」「心肺蘇生法・気道異物の除去」
【試験方法】
 全13回のWeb講座受講→1次試験の合格→病児保育施設での実習(24時間以上)→認定試験の合格
【HP】 https://lp.sickchild-care.jp/

育児セラピスト

育児の専門家として、育児の実践における知識やスキルを学びます。育児に悩む保護者のサポートをすることができるので、保育士や幼稚園教諭の方は保護者とのコミュニケーションを円滑にとるために役立つ資格でしょう。

前期課程6時間と、後期課程12時間を組み合わせた計3日間のカリキュラムで構成されます。「ベビーマッサージインストラクター養成講座」や「アタッチメント・食育インストラクター養成講座」などを受講すると、同時に前期課程を修了できるのも大きな魅力です!
 
【認定団体】一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
【受験資格】特になし
【履修科目】
<前期課程1日目>アタッチメント基礎/発達心理学・基礎編/聞く力ワーク/心の調律セラピーワーク
<後期課程>発達心理学(応用)/発達心理学・ワークショップ/コフート理論/コフート式カウンセリング体操ワーク/寺下謙三先生講演DVD視聴・意見交換ワーク
<後期課程2日目>アタッチメント理論・応用編/アタッチメントワーク/社会学/社会学ワーク/母性・父性
【試験方法】
 前期課程(2級)と後期課程(1級)を修了し、認定試験に合格すると育児セラピストとして履歴書等に記載できる資格となる。
【HP】 https://www.itherapist.jp/

ベビートイ・インストラクター

私の個人的オススメ資格! 子どもにぴったりのおもちゃ選びや、おもちゃの与え方に関する知識を習得する講座です。受講資格に制限もなく、6時間の講座を受講して最後に行われる認定試験に合格すれば取得が可能です!

「ベビートイ・インストラクター」は、0、1歳児の子どものおもちゃに関する知識を学ぶコースですが、2、3歳児を対象とした「キッズトイコース」、4~99歳を対象とした「知育玩具コース」もあります!

自分に合ったコースを選ぶことができ、短期間で取得可能な点が忙しい保育士、幼稚園教諭の方にもオススメです! 私も取得を考えています!
 
【認定団体】一般社団法人 日本知育玩具協会
【受験資格】
2級講座は特に制限なし。2級講座の中で行われる認定試験に合格することで、ベビートイ・インストラクター2級資格を取得できるとともに、ベビートイ・インストラクター1級養成講座の受講資格が与えられる。
【履修科目】
(1)インストラクターの役割 (2)0・1歳の発達課題 (3)絵本を読み始める前に (4)はじめての絵本の選び方と与え方 (5)人形とままごとが育てる力 (6)赤ちゃんのための積木遊び (7)発達を支えるおもちゃ (8)認定試験
【試験方法】
 1日講座(6時間)内の認定試験を受験
【HP】 https://edu-toy.or.jp/course/baby
 ※ベビートイ・インストラクター2級養成講座

幼児食インストラクター

幼児食に関する知識や発達と食事の関わり、献立の工夫、栄養素の基礎知識などを備えていることを証明する資格です。「一般財団法人 日本能力開発推進協会」が指定している教育機関等が行う教育訓練において、カリキュラムを修了することで在宅にて受験ができます。

食育活動に力を入れている園も最近では増えているので、栄養士や調理スタッフでなくても子どもたちの食に関わる資格を持っていることは、保育でプラスになりそうですね。
 
【認定団体】一般財団法人 日本能力開発推進協会
【受験資格】
 協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者。
【履修科目】
 幼児食の基礎知識/幼児期の食事/栄養と代謝/病気のときの食事/食物アレルギー
【試験方法】
 カリキュラム修了後、随時、在宅にて受験
【HP】 https://www.jadp-society.or.jp/course/infant-food/

資格取得にチャレンジ!

いかがでしたか? 気になる資格や、仕事に役立ちそうな資格は見つかりましたか? さまざまな資格があるので、スキルアップにつながりそうな資格取得にぜひチャレンジしてみてくださいね!
 
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事