ログイン

保護者は何を気にしている?保育士が良い関係を築くポイント

保護者と話をする保育士
保育士や幼稚園教諭の皆さんの中には、「保護者とどう関係を築けばいいのか分からない」という悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。子どもだけでなく保護者とも毎日接する仕事なので、良い関係を築いていくことは、いい保育をしていくためにもとても重要です。今回は、保護者との関係を上手く築くためのポイントをご紹介します。

保護者は何を見ている?

保護者の皆さんは、保育士さんの対応のどのようなところを見ているのでしょうか。実際に子どもを保育園に預けているお母さんたちに聞いてみました。
  • 「保育士さんたちのモノの『言い方』が気になります。子どものことで、なんて返せばいいのか分からないようなマイナスなことを言われてしまったり…」
  • 「忙しいと思うので、毎日子どもの受け入れ・受け渡しの際にコミュニケーションを取るのは難しいかもしれませんが、流れ作業のようにされてしまうのは気になります」
  • 「朝の受け入れの際に、子どもの状態を聞いてもらえないと不安になります。『どうですか』と一言でも聞いてもらえるとうれしいです」
このような意見からも、保護者は保育士の様子をしっかり見ていることが分かりますね。

保護者と良い関係を築くために

保護者と良い関係を築くためにはどのように接することが大切なのでしょうか。いくつかポイントをご紹介します。


挨拶をする

基本的なことですが、いつでも明るく挨拶をすることはとても重要です。受け入れや受け渡しの際はもちろん、園内ですれ違うときや玄関で会ったときなど、一言「いってらっしゃい」「おかえりなさい」「おはようございます」などと笑顔で挨拶をしましょう。他のクラスの保護者でも、笑顔で挨拶をしてくれる先生のことはしっかり覚えています。

些細なことでも伝える

どんな些細なことでも、子どもの姿をしっかりと伝えましょう。
  • 「今日はお外でボール遊びをしていました」
  • 「〇〇ちゃんと一緒におままごとを楽しんでいました」
  • 「ご飯に苦手なものが出たけれど、頑張って一口食べることができました」
  • 「こんなお話しを保育士にしてくれました」
など、その日園であったことを伝えてみましょう。なかなか見ることができない園での生活で、子どもがどのように過ごしているのか知ることができるのは保護者にとってもうれしいことですよね。「毎日なにを話せば良いのか分からない…」と悩んでしまう方は、どんな遊びをしたのか、誰と遊んでいたのかなどでOKですよ。

保護者の気持ちに寄り添う

子どもの気持ちに寄り添うことはもちろん、保護者の気持ちに寄り添うことも大切です。「お仕事お疲れ様です」「最近どうですか?」など一言声をかけるだけで、気持ちが救われる保護者もたくさんいるのではないでしょうか。

「実は話がしたかったけれど、なかなか話し出せなかった」という方も中にはいるかもしれないので、こちら側から寄り添っていくことは大切です。とはいえ、中にはあまり自分のことを聞かれたくないという保護者もいるので、適度な距離を保ちながら接するようにしましょう。

正しい言葉遣い

友だちに接するような言葉遣いは、保育士と保護者という関係性の中では人によって不快に感じることもあります。仲が良かったり親しみやすい保護者相手だと気が緩んでしまいそうですが、正しい言葉遣いは忘れないようにしましょう。

>>ついつい使っている⁉保護者対応で注意したい言葉遣い

子どもとの信頼関係を築く

保護者にとって、「子どもが信頼している先生」というのは重要です。普段子どもの話の中に登場する先生は自然と覚えるので、「うちの子はこの先生にお世話になっているんだな」という認識が生まれますよね。子どもとの信頼関係を築くことは、保護者との信頼関係にも繋がります。

相手の気持ちを考えた会話の内容

中には、「保育士さんから言われた一言が気になった」という保護者もいるようです。「〇〇くん、これが出来ないんですよね」と、子どものできないことをあえて取り上げるような言い方や、「お母さんたちの帰宅が遅いと〇〇ちゃんかわいそうですね」など、頑張っている保護者を否定するような発言はNGです。

何気なく発した言葉が保護者を傷つけていたり、不快にさせてしまっていることもあるかもしれません。会話の内容には十分に注意して、思いつくままに話すことは避けましょう。

流れ作業にしない

ただただ「お預かりします」「今日も元気でした」と、毎日流れ作業のような対応をするのもNGです。保護者対応は、しっかりとコミュニケーションをとってその日の子どもの様子や、保護者の気持ちなどをお互いが知る機会です。忙しく、話す時間をとることはなかなか難しいかもしれませんが、機械的にならないようにしましょう。

毎日の積み重ねが関係性に

保護者との関係性は、子どもと同じで毎日の積み重ねで出来上がっていくものです。些細なことから気を配り、前向きな関係性が作っていけるといいですね。

>>苦手な人は必見!目的から考える保護者対応
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事