ログイン

どう進める?トイレトレーニング。保育士が押さえておきたい準備と進め方

子ども用トイレ
保育士や幼稚園教諭の皆さんは、日々子どもたちが生活習慣を身に着けていくサポートをします。その中でもトイレトレーニングは、タイミングの見極めなど悩むことも多いですよね。今回はトイトレのコツや進め方をご紹介します。

いつから始める?

トイレトレーニング開始の時期は、いつがいいのか悩みますよね。ひとつの基準として、「トイレにひとりで座ることができる」「おむつを濡らさなくなる(トイレでおしっこをする)」「簡単な受け答えができる」などの様子が見られたら、トイトレ開始のサインかもしれません。

とはいえ、子どもによって進み具合はさまざま。一人ひとりタイミングは異なるということを理解し、無理せず個々に合った時期を見定めて始めるようにするといいでしょう。

トイトレの準備を始めよう

子ども用トイレ環境
トイレトレーニングを始める際には、しっかり準備をしておきましょう。

トイレ環境を見直す

トイレトレーニングでは、「おしっこをする」「ペーパーで拭く」「流す」「手を洗う」「パンツを履く」という流れを身に着けます。ペーパーが取りやすい距離かどうか、手洗い場までの導線は行きやすく安全か、パンツやズボンを履く場所はあるかなど、トイレ環境が使いやすいかどうかを確認しましょう。

トイレを楽しい場所にする

子どもたちの中には、トイレという場所自体が苦手な子もいます。まずは「トイレは怖い場所でない」ということを知ってもらうためにも、明るい雰囲気を作りましょう。トイレの中を壁面製作で飾るなど、行くのが楽しくなる工夫してみてくださいね。

危険なものはしまう

子どもたちが触ると危険なものは、しっかりとしまっておくか手の届かない場所に置くようにしましょう。特に洗剤などは液体や口に入るサイズの固形のものが多いので、誤飲につながる危険性があります。使った後は出しっぱなしにせず、元あった場所にしまうことを徹底することが大切ですね。

保護者に共有を

トレーニングを始めるときには、必ず保護者への共有を忘れずに。トイトレは保育士だけでなく、保護者の協力や理解もとても重要です。開始のタイミングについても、家での様子と照らし合わせながら相談していきましょう。


トイトレの進め方

子どもがズボンを穿いているところ
準備ができたら、個々のペースに合わせて実際のトイレトレーニングに入りましょう。

トイレについて話す

まずは、トイレに興味を持ってもらうことが始まりです。普段おむつを履いている子どもたちにとっては、「トイレで排せつをする」ことをあまり目にしないため、想像しづらい部分があります。絵本などを用いてトイレの使い方や、どんなところなのかを知ってもらいましょう。

>>園でのトイレトレーニングにぴったり!子どもに興味を持たせる絵本5選【ぷくちゃんのすてきなぱんつ】

トイレに誘う

お散歩の前、ご飯の後、午睡明けなど、定期的にトイレに誘ってみましょう。このとき、無理にトイレでおしっこをする必要はありません。まずは慣れるところから。トイレの中や前でおむつ替えをしたり、トイレの前に行くだけでもOKです。

また定期的にトイレに行きおむつを確認するだけでも、子どものおしっこの間隔を掴むことができます。「この子は2時間おしっこの間隔があいている」と分かれば、トイトレを進める参考になりますね。

座る習慣をつける

嫌がる様子がなければ、実際に便座に座ってみましょう。座る習慣ができれば、トイレでおしっこが成功する機会も増えていきます。

場合によっては、座ってもすぐに「出ない」と言われたり、逆にいつまでも座っていたがるということがあるかもしれません。そんなときは「10秒数えてみよう」と一緒に数を数えてみるのがおすすめ。それでも出なければ、無理せず切り上げましょう。

トレーニングパンツを履く

おしっこの間隔があいて、トイレでできるようになったらトレーニングパンツに移行してみましょう。おむつよりも濡れた感覚が分かりやすいため、失敗も経験しながら少しずつおしっこが出る前にトイレに行きたがるようになるはず。嫌がるときは無理には履かせず、少しずつパンツに慣れていきましょう。

男子便器の場合はどうする?

子ども用男子便器
最近では男の子も洋式便器を使用するところが多いですよね。しかし公園などでは、和式便器しかないことも。園で和式便器を用意しているところや、取り付け式のものを用意できる場合は、使い方を知っておくと良いかもしれません。

和式便器の場合、ただ立つだけではおしっこが便器から漏れてしまいます。子ども用のものは手すりがついていると思うので、子どもに手すりを掴んでもらい、保育士が優しく腰の部分を前に押してあげましょう。少しずつその姿勢の感覚が身についていけば、ひとりでも出来るようになっていきます。

また便器の中にマークを付け、「あのマークに向かっておしっこを出すよ」と教えると分かりやすいですよ。

根気よく進めていこう

トイレトレーニングは、子どもによって進み具合の差が大きいものです。焦ったり早く終わらせようと気負わず、個々のペースに合わせて根気よく進めていきましょう。

>>園児の健康を守る!手洗い・うがいを教える絵本5選【ぴかぴかおてて】
>>【募集中】1分で回答可能!保育に関するアンケートにご協力ください
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事