ログイン

園でのトイレトレーニングにぴったり!子どもに興味を持たせる絵本5選【ぷくちゃんのすてきなぱんつ】

トイレがテーマの絵本
「子どもたちがなかなかトイレに行きたがらない」「パンツを履きたがらない」など、子どものトイレに関する悩みを抱える保育士、幼稚園教諭の方も少なくないですよね。そんな子どもたちに、トイレを題材にした絵本を読み聞かせてみませんか? 読み終わったときには、きっとトイレに興味津々。今回は、トイレトレーニングにおすすめの絵本を5冊ご紹介します。

あけて・あけてえほん といれ

作・絵:新井洋行
出版社:偕成社
対象年齢:1歳~
「トイレさーん」「おまるさーん」楽しく明るく名前を呼んでいきます。トイレでうんち、できるかな?

親しみのある絵と、シンプルなストーリーが子どもたちに大人気の一冊です。「トイレの絵本」の代表と言ってもいいでしょう! 私が保育園に勤務していたときも、1歳児クラスで子どもたちのお気に入りの一冊でした。

低年齢から楽しめるので、「初めてのトイレ絵本」としてもおすすめですよ。

>>本の紹介はこちら

ぷくちゃんのすてきなぱんつ

作・絵:ひろかわさえこ
出版社:アリス館
対象年齢:1歳~
今日からパンツのぷくちゃん。失敗ばかりだけど、新しいパンツがあるから大丈夫! 今度は上手にトイレでできるでしょうか?

パンツが濡れるのが嫌で、履きたがらない子も多いですよね。でも、おもらししてもパンツをかえれば大丈夫! そんな風に勇気づけてくれます。

パンツを履いて、うれしそうなぷくちゃんの様子を読み聞かせで表してみましょう。最後のページにはかわいいパンツがたくさん並んでいます。「どれが好き?」と問いかけて、パンツへの興味を持たせてもいいですね。

>>本の紹介はこちら


えほん はじめのいっぽ ぱんつもいいな

作・絵:いとうひろし
出版社:講談社
対象年齢:2歳~
おにいちゃんになったから、おむつはやめることにした。ぱんつにしたら、どんないいことがあるのかな…?

パンツが嫌で、トイレトレーニングが進まない子におすすめの絵本。「パンツを履くと、こんないいことがあるんだ!」という前向きな気持ちにしてくれます。

トイレではおしっこをしないいろいろな動物や、赤ちゃんも登場するので、パンツを履くことで「自分はおにいちゃんなんだ」「おにいちゃんはパンツを履くんだ」と子どもたちの自尊心をくすぐりそうですね。

>>本の紹介はこちら

ゆっくとすっくトイレでちっち

作:たかてらかよ
絵:さこももみ
出版社:ひかりのくに
対象年齢:2、3歳~
大の仲良しのゆっくとすっく。一緒に遊んでいると「もれちゃうもれちゃう」とくまのぺろりが走っています。ぺろりが向かったのは、本がたくさんの楽しそうなトイレ…⁉

「トイレは怖い場所じゃない」ということを教えてくれる一冊。楽しいトイレがたくさん登場するので、トイレという場所が苦手で行きたがらない子におすすめです。

子どもたちの「自分の理想のトイレ」を話してもらうことで、トイレへの抵抗感がなくなりそうですね。

>>本の紹介はこちら

トイレとんとんとん

作:板橋敦子
絵:鈴木博子
出版社:ひさかたチャイルド
対象年齢:1、2歳~
くま君がトイレのドアをノックしています。すると中から、「入ってまーす!」。となりのトイレもとんとんとん。「入ってまーす!」。くま君、間に合うかな?

トイレトレーニングが進んできたら、マナーを知るのも大切ですよね。これはトイレマナーを描いた一冊。

「一緒にノックしてみよう!」と声をかけながら読み聞かせてもいいですね。「ドアが閉まっているときはノックする」という習慣づけにぴったりの一冊です。

>>本の紹介はこちら

まとめ

いかがでしたか? トイレトレーニングは楽しみながら、その後はマナーも学びながら進めていきたいですよね。子どもたちのやる気や興味を引き出す一冊を、用意してみてくださいね!
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事