閉じる

MENU

ログイン

すぐに使える月案文例【2月・2歳児クラス】※ダウンロードあり

2歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、2歳児クラス・2月の月案です。

ねらい

  • 走ったり跳んだりしながら、全身を使って遊ぶ。
  • 進級を楽しみにし、自分で身の回りのことを行う。
  • みんなで楽しく遊ぶためのルールを自分たちで決めて、守ろうとする。
  • 他児の行動や言葉に関心を持ち、積極的に関わりを持つ。
  • 生物や植物への愛着が育ち、優しさを持って接する。
  • 節分行事を楽しむ。
  • 園内外で目にする標識やイラストに興味を持つ。
  • 楽器を使ってさまざまな表現を楽しむ。

内容

  • 鬼ごっこで思い切り走ったり、けんけんぱで片足跳びをしたりして身体を存分に動かす。(健康)
  • 3歳児クラスへの進級を楽しみに、掃除や片付けなど自分ひとりの力でやり遂げる。(健康)
  • 「時計の針が3になったら交代ね」「電車の線路はここまでにしよう」など、子ども同士で決まりを作り、声を掛け合う。(人間関係)
  • 「〇〇ちゃん大丈夫?」「痛いの?」と、他児の言動を見て気持ちを読み取り、声をかけたり手伝ったりする。(人間関係)
  • 夏とは違った様子の虫や花に「元気になってね」「寒いから葉っぱの裏にいるのかな」と想像をして声をかけ、守ろうとする。(環境・人間関係)
  • 節分会を通して節分の由来を学び、クラスで豆まきを楽しむ。(環境)
  • 園外にある標識やお店のイラストに興味を持ち、「お花屋さん探し」「スーパー探し」など、イラストをもとに散歩の道中でお店を探したりする。(言葉・環境)
  • タンバリン、鈴、カスタネットなどを使い、音楽に合わせて自由に音を奏でて演奏を楽しむ。(表現)

※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)


 

環境構成

  • 思い切り身体を動かすことができるよう、天気の良い日は広い公園に出かける。石やタバコの吸い殻、ガラスなどが落ちていないか安全チェックを行う。
  • より来年度が楽しみになるように、3歳児クラスの子どもたちと交流をする。
  • 保育者は遊ぶ場所や遊び方を制限せず、子どもがどのようにルールを作っていくのか見守る。
  • 子ども同士で気持ちを伝え合えるように、「痛いんだよね」「嫌だったんだよね」など保育者が先回りをして言葉にすることを避ける。
  • 季節が変わり自然の様子も変わっていることを感じられるよう、草木や生き物がたくさん見られる場所を歩いたり遊んだりする。
  • 子どもが安全に豆まきを楽しめるよう、少し大きめの袋に豆を入れたり、中身を変えたりして工夫する。
  • 標識やお店探しをするときは、交通の安全に気をつけながら行う。
  • 子どもが音色や演奏方法を知ったうえで、自分の好きな楽器を選べるように、複数の楽器を用意しておく。

予測される子どもの姿

  • 片足跳びができるようになり、バランスをとりながら上手に跳ぶ。
  • 進級を楽しみにする言葉や様子が見られる一方で、寂しがったり不安を感じるようになる。
  • ルールを決める中で子ども同士トラブルになることもあるが、譲り合ったりしながら納得の行く方法を見つけようとする。
  • 泣いている友だちに優しく声をかけたり、慰めたりしながら励ます姿が見られる。
  • 葉の裏などにいる虫を見つけて「起きて!」と触る子もいれば、それを見て「今は寝てるからやさしくね」と声をかける子もいる。
  • 「鬼は外!福は内!」と覚えた言葉を言いながら、豆まきを楽しむ。
  • 「あそこに車のマークがある!」「果物が載ってる」と、身の回りにあるものを観察・発見し、どんな意味があるのかやどんな店なのかを知りたがる。
  • 子どもによって力強い音を出す子もいれば、やさしい音を出す子もいて、演奏の仕方や音にも個性が見られる。

家庭や地域との連携

  • 進級に向けて一生懸命に取り組んでいる子どもの姿を、写真や連絡帳などを使って保護者にも共有していく。
  • 「お店探し」をするときは、事前にお店の方に外から少し見せてもらっても良いか確認を取り、交通安全面や感染症対策をとりながら行う。

健康や安全

  • 行動範囲がさらに広くなっているので、車通りに気を付けながら、子どもにも交通マナーを話しておく。

食育

  • 箸が使えるようになる子も増えるので、正しい持ち方ができるようにサポートする。
  • 恵方巻や豆料理など、季節の食文化に触れる。

ダウンロード


>>【会員登録はこちら】無料会員登録してフォーマットをダウンロード!

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

文例(Wordファイル/PDFファイル)


月案文例(Word)はこちら
月案文例(PDF)はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

【関連記事】
>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事