すぐに使える月案文例【4月/2歳児クラス】※ダウンロードあり

2歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例をご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、2歳児クラス・4月の月案です。

ねらい

  • 新しい環境に慣れ、信頼できる保育者のもとで安心して過ごす。
  • 好きな遊びやおもちゃを見つけ、じっくり遊びこむ。
  • 排せつ、手洗い、着替えなどの生活習慣を身に着ける。
  • 保育者や他児に自分の気持ちを伝えようとする。
  • 他児と関わりながら遊びを楽しむ。
  • 戸外活動を通し、春の自然を楽しむ。
  • トイレトレーニングを始め、少しずつおむつからパンツへ移行する。
  • 歌や手遊び、体操で身体を動かし、音やリズムを楽しむ。

内容

  • 保育者との信頼関係を築きながら、落ち着いた雰囲気の中で生活する。
  • 自分で好きなおもちゃを選び、さまざまな遊び方を見つけて楽しむ。
  • 生活習慣に関する絵本を読み、自分でやってみたいという気持ちを持つ。
  • 保育者のサポートを受けながら、トイレの使い方を覚える。
  • 「やりたい」「いやだ」「できる」など簡単な言葉を使い、自分の感情を表現する。
  • ままごとや簡単なごっこ遊びをして、他児と関わりながら遊ぶ。
  • 虫や花に興味を持ち、触ろうとしたり観察をする。
  • おむつを取り替えたときの心地よさを知り、自らトイレに行く。
  • 音に合わせて歌ったり身体を動かし、表現することを楽しむ。
  • 戸外で自分の足で歩き、生き物や植物を探索する。

環境構成

  • 子どもたちが安心して過ごせるよう、保育者が気持ちを受け止める。
  • トイレや着替えなどの生活習慣に関する絵本を用意し、興味が湧くようにする。
  • ままごと、ブロックなど、好きな遊びを見つけられるようにコーナー設定をする。
  • 子どもたちが自分の気持ちを表現しやすいよう、話に耳を傾け受け止める。
  • 自分たちでトイレに行くことができるよう、導線の見直しを行う。
  • 子どもたちのロッカーや靴箱に個人のマークを貼り、片づける場所が分かるようにする。
  • 戸外活動での行動範囲が広がるため、散歩の場所や歩く道の安全確認を改めて行う。
  • 交通マナーについて伝え、危険な場所や状況を子どもたちと一緒に考える。

予測される子どもの姿

  • 前年とは違ったおもちゃや絵本に興味を示し、好きなものを探す。
  • トイレや着替えなどを嫌がる子どもがいる。
  • 保護者や保育者の真似をして、ごっご遊びやままごとを楽しむ。
  • 自然を見つけて触ろうとしたり、保育者に「これはなに?」と質問する。
  • 環境の変化に、疲れが出て体調を崩す子どもがいる。
  • 保育者の真似をして、身の回りのことを自分でしてみようとする。
  • 子ども同士の関わりが増え、おもちゃの取り合いからトラブルが起こる。
  • 進級に喜びを感じ、自分の力で身の回りのことをやろうとする。
  • 活動範囲が広がり、自分の足で歩いたり走ったりして身体を動かす。

家庭や地域との連携

  • 子どもたちが自分でできることが増えてくるので、保護者と協力して見守っていけるようコミュニケーションをとる。
  • 体調を崩しやすい時期でもあるので、朝の体調確認をしっかり行う。
  • トイレトレーニングの開始とともに、洗濯物が増えたりパンツのストックが必要になるため、保護者に協力を依頼する。
  • お知らせやお願いについての掲示物を見やすい場所に掲載し、情報共有を行う。
  • 近隣の高齢者施設とコンタクトを取り、週に1回訪問させてもらえないか依頼し、地域での連携をはかる。

健康や安全

  • 季節の変わり目で体調を崩しやすく感染症も流行しているため、手洗いうがいを徹底する。
  • アレルギー児への食事対応を職員全体で確認する。
  • 活動範囲が広がるため、保育室や園庭、公園などの安全確認を怠らないようにする。
  • 肌寒い日もあるため、服装での調整を行う。

食育

  • 給食を通して、他児や保育者と一緒に食べる楽しさを感じる。
  • 給食に使用されている食材などについて食事前に話をし、子どもたちの興味を引き出す。
  • 食事の前に手を洗う習慣をつける。
  • 食具について話をし、正しい持ち方や使い方について学ぶ機会を作る。

ダウンロード

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。


>>指導案・おたより
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事