ログイン

すぐに使える月案文例【8月・3歳児クラス】※ダウンロードあり

3歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、3歳児クラス・8月の月案です。

ねらい

  • 健康に対する意識を持ち、保育者と共に対策に取り組む。
  • 夏の遊びや行事を楽しむ。
  • 人の話を聞き入れたり、気持ちを考えながら行動する。
  • 文字に興味を持ち、ひらがなを覚える。
  • 自分の体験を遊びに結び付けて表現する。
  • 運動会の種目をアイデアを出し合い決定する。

内容

  • 自分で喉が渇いたり汗をかいた感覚が分かり、水分補給や休憩をして健康に過ごす。(健康)
  • プール遊びで水に親しんだり、夏にしか見られない虫をとって季節の活動を楽しむ。(環境)
  • 他児と遊ぶ中で自分の考えと違いがあることを知り、それを聞き入れたり相手の気持ちを考えて行動する。(人間関係)
  • 製作遊びをする中で文字に興味を持ち、ひらがな表を見ながら練習をする。(言葉)
  • 生活の中で体験したことをごっこ遊びの中に取り入れながら、イメージを表現する楽しみを感じる。(表現)
  • 子どもたちの好きな遊びやハマっているものが何かをクラスで話し合い、保育者と子どもがみんなで意見を出し合って運動会の種目を決定する。(人間関係)

※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)


 

環境構成

  • 熱中症や感染症について話や絵本などを用いて伝え、子ども自身が意識を持てるようにする。
  • 園外活動の際はこまめな水分補給や休憩をして、安全に活動ができるようにする。
  • 虫捕りグッズや図鑑などを用意し、子どもが興味に合わせて使えるようにする。
  • 子ども同士の話し合いや意見の交わし合いを大切にして、保育者は必要以上に介入しないようにする。
  • 「ごめんねでしょ」「ダメだよ」など抽象的でなく、どうしていけないのか子ども自身で考えられるような言葉かけをする。
  • いつでも自分で調べられるよう、ひらがな表を子どもの目線の位置に貼っておく。
  • 子どもの体験をもとに、イメージが表現できるような手作り玩具で環境を作る。
  • 運動会をテーマに話し合う時間を活動の中で設ける。

予測される子どもの姿

  • 感染症や熱中症に関する話を真剣に聞き、そうならないためにはどうしたら良いのか感じたことを言葉にする。
  • 遊びに夢中になって休憩を嫌がる子も見られる。事前に熱中症の危険性や水分補給の大切さを話しておく。
  • 捕まえた虫の名前やエサなどを知りたがり、図鑑を使って探したり覚えたことを他児や保育者に伝えようとする。
  • 子ども同士のトラブルもあるが、相手の話を聞いたり言葉で気持ちを伝えるなど落ち着いて解決しようとする姿が見られる。
  • ひらがな表を見ながら自分の力で文字を書こうとする。
  • 自分のイメージを細かく伝えながら、想像しているものを形にしようとする。
  • 「走りたい」「ボールでやりたい」など、おおまかなイメージではあるが運動会でやりたいことを口にして意見を伝えようとする。

家庭や地域との連携

  • 家庭でも手洗いや消毒、換気などを行い感染症対策を行うように保健だよりを配布する。
  • 熱中症対策方法をおたよりで伝え、家庭でも実践できるようにする。

健康や安全

  • クーラーを使用しているときでも、適度に換気をしながら空気を入れ替え健康に過ごせるようにする。

食育

  • 箸の正しい持ち方を覚え、食事をする。
  • 夏野菜を使った給食を楽しむ。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)


月案文例はこちら

>>すぐに使える月案文例【7月・3歳児クラス】※ダウンロードあり

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事