すぐに使える月案文例・フォーマット【6月/4歳児クラス】※ダウンロードあり

4歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、4歳児クラス・6月の月案です。

ねらい

  • 他児の行動や発言に興味を持ち、一緒に遊ぶ楽しさを感じる。
  • 野菜栽培を通してさまざまなものの命に触れる。
  • 身の回りにある廃材を利用した遊びを楽しむ。
  • 自分の健康状態に気付き、対応しようとする。
  • 年下の子の世話をして思いやりを育む。
  • 他者との会話の中で、自分との違いに気づく。
  • 室内でも身体を動かすことの気持ちよさを味わう。
  • 梅雨の時期の自然を楽しむ。

内容

  • 他児の話を熱心に聴いて自分の考えを話したり、他児の遊びに興味を示して一緒に遊ぶことを楽しむ。
  • 育てているピーマンやトマトを観察して、野菜も水や栄養を採って成長することや、成長過程の変化に気付く。
  • 前月に引き続き、段ボールや牛乳パック、お菓子の空き箱などを使って製作をしたり、見立て遊びに取り入れて新たな遊び方を見つける。
  • 気温が上がって汗をかいたり、喉が乾いたりする自分の状態に気付き、衣類で調整したり水分補給をして健康を保とうとする。
  • 年下の子の着替えの手伝いや寝かしつけなどを手伝い、愛情や思いやりを持って接することの大切さを感じる。
  • 保育者や他児との会話の中で、考えや気持ちを言葉で伝え合う。
  • 体操や室内でできる運動遊びで毎日身体を動かし、適度に汗をかく。
  • 雨の日散歩を通して、梅雨の時期に見られる生き物や草木などの自然を見つける。

環境構成

  • できる限り野菜の様子を観察できる時間を毎日設ける。
  • 廃材は子どもたちが自分の発想で好きに使えるように、保育室内に「廃材利用コーナー」を作る。
  • タオルや着替え、水分補給用のコップを個々のロッカーに用意する。
  • 他クラスの保育者と協力して、年下のクラスと関わる時間を作る。
  • 会話をするときは答えを与えるだけではなく、質問をしながら子どもの考えや意見を引き出す。
  • マットやフープなどを使い、室内でできる運動コーナーを作る。
  • 事前に梅雨の時期の自然について調べられるよう、季節の絵本や図鑑を増やす。

予測される子どもの姿

  • 野菜の葉や実の色、形、大きさなどに興味を示して、他のものと比べたり違いをおもしろがる。
  • ハサミやのり、画用紙などを使って廃材を利用したオリジナルの玩具を作る。
  • 汗をかいたり衣類が汚れると自主的に着替えようとする。
  • 年下の子どもと関わるときには、優しく声かけをしたり手伝ったりと思いやりを持って接する姿が見られる。
  • 他児と意見の食い違いが起こるとトラブルになることもある一方で、お互いに折り合いをつけながら相手の意見を受け止めようとする姿も見られる。
  • 雨の日が増えて外に出られず、ストレスになったり午睡時間になっても寝付けないことがある。

家庭や地域との連携

  • 保護者面談のお知らせを配布する。
  • 急な気温の変化があったり、湿度が高く蒸し暑い日が出てくるため、タオルの持参や着替えの用意をお願いする。

健康や安全

  • 衣類の着脱による体温調整や水分補給、除菌や換気などをして健康に過ごせる環境を作る。
  • 雨の日の道の歩き方や危険などを学ぶ。

食育

  • 会話を楽しみながらみんなで食事をする楽しさを感じる。
  • 野菜栽培を通して、植物の成長に興味を持つ。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ

文例(PDFファイル)



>>7月/4歳児クラスのすぐに使える月案文例
>>5月/4歳児クラスのすぐに使える月案文例

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事