ログイン

すぐに使える月案文例【1月・2歳児クラス】※ダウンロードあり

1月月案 2歳児クラス メイン画像
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、2歳児クラス・1月の月案です。

ねらい

  • 食事や排せつなど、身の回りのことが自立してできるようになる。
  • 身体を使った遊びを楽しむ。
  • 社会のルールやマナーの大切さが分かり、守ろうとする。
  • 挨拶をする気持ちよさを感じる。
  • 冬の自然に興味を持って関わる。
  • お正月の意味を学んだり、伝統遊びを楽しむ。
  • 絵本のストーリーを理解して、自分に重ねて考える。
  • 絵の具を使って、吹き絵を楽しむ。

内容

  • 食事の準備や食具を使ってうまく食べること、排せつや手洗いをすることなど、ひとりでできることが増え、積極的にやろうとする。(健康)
  • 鬼ごっこ、ボール投げ、鉄棒など、身体を動かす遊びを好み、友だちや保育者と一緒に楽しむ。(健康)
  • 保育者や年上の子どもたちの姿を見て、順番待ちすることや譲り合って使うことを生活の中で学ぶ。(人間関係)
  • 「あけましておめでとう」「おはよう」「よろしくおねがいします」など、日々保育者やクラスの子ども同士で挨拶を交わす。(人間関係・健康)
  • 葉っぱや石に触れて冷たさを感じたり、吐く息が白い様子に興味を持ち、積極的に自然の様子と関わる。(環境)
  • お正月の意味や由来を絵本で学び、かるたや福笑いをして行事に親しみを持つ。(環境)
  • トイレやご飯、友だちなど、身近なものをテーマにした絵本を楽しむ。(言葉)
  • ストローと絵の具を使った吹き絵に挑戦し、絵の具の動きや色の混ざりを楽しむ。(表現)
※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)


 

環境構成

  • 子どもが自分で食べやすいように食材の大きさを調理スタッフと相談したり、トイレに行きやすい導線づくりをする。
  • 子どもが自分の好きな遊びをのびのびと楽しめるよう、広さがある公園に出かけたり、その日の遊びを子どもと一緒に考える。
  • 子どもたちが自分で気付いて実践できるよう、トイレの順番待ちをする場所に足形のシールを貼っておく。
  • 保育者は子どもの手本となるように毎日の挨拶を元気に欠かさず行う。
  • 自然が多い公園や散歩コースを選んで歩いたり、「触ってみるとどんな感じ?」と問いかける言葉がけをしながら自然との関わりを増やす。
  • お正月をテーマにした絵本や、子どもが興味を示しそうなお正月遊びを用意する。
  • 子どもに馴染みのあるテーマかどうか、分かりやすいストーリーかどうかを考慮して読み聞かせの絵本を選ぶ。
  • 活動時に慌てないように、吹き絵に使うストロー、絵の具、机が汚れないように敷く新聞紙、雑巾などを用意しておく。

予測される子どもの姿

  • 食具を上手に使えるようになり、保育者の助けを借りずに自分で食べようとする。
  • トイレに行ってから手を洗うまでの一連の流れがしっかり身に着き、ひとりでも排せつできるようになる。
  • 全身を上手く使いこなし、投げる、蹴る、走るなどの動きが活発になる。
  • 保育者の声かけがなくても、足形シールを見て自然と順番待ちをするようになる。
  • 保育者の真似をするだけでなく、地域の人にも「おはようございます」「こんにちは」など積極的に挨拶をするようになる。
  • いろいろな大きさや形の石や葉っぱを集めて違いがあるのか確かめたり、友だちとどっちの息が白いか競ったりしながら遊ぶ。
  • お正月について興味を持ち、遊びの時間になると真っ先に「お正月コーナー」へ行って遊ぶ様子が見られる。
  • 読み聞かせに夢中になり、集中して絵本を眺める。
  • 吹き絵のとき、初めは強く吹きすぎてキレイに絵が描けなかったりするが、繰り返すうちに「やさしく吹いてみる」「もうちょっと強くする」など力加減をするようになる。

家庭や地域との連携

  • トイレトレーニングがなかなか終わらず不安になっている保護者もいるため、園での様子を共有したり相談に乗りながら個々のペースで進めていく。
  • 地域の人にも挨拶をして、つながりを大切にしていく。

健康や安全

  • 動きが今まで以上に活発になり、ケガをすることもあるため、保育者による安全確認を怠らないようにする。
  • 新型コロナウイルスの再拡大を受けて、引き続き手洗いや室内の換気などで対策をしていく。

食育

  • スプーンを上手に使えるようになった子は、補助箸に挑戦してみる。
  • 旬の食材を使った給食を食べて、新しい味や食感を体験する。

ダウンロード


>>【会員登録はこちら】無料会員登録してフォーマットをダウンロード!

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ

月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)


月案文例はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

【関連記事】
>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事