梅雨シーズンに使える手作りはんこ【保育士のための消しゴムはんこ講座】

完成した梅雨シーズンに使えるはんこ
おたよりや子どもとのコミュニケーションなど、持っていると何かと役立つ「消しゴムはんこ」。自分でもやってみたいという保育士や幼稚園教諭の皆さん向けに、消しゴムはんこクリエイターのyuriさんによる講座をお届けします。今回は、梅雨シーズンに使える作例です。

こんにちは。
汗ばむような日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
今月は、少し早いかな?とも思ったのですが、梅雨の季節にぴったりな図案を紹介していきますね。おまけも準備していますので、最後までお付き合い下さい。

今回の図案はこちら。
トレーシングペーパーに描いた下絵
カエル、カタツムリ、傘を準備してみました。小さな生き物が好きな子どもたちって多いですよね。まずはトレーシングペーパーに下絵を描き、消しゴムに転写します。今回は小さめに作っていますが、やりやすい大きさで作ってくださいね。

転写したら、輪郭を彫っていきます。このとき、カタツムリのツノの部分は一旦残しておいて、後から彫るとやりやすいかと思います。
消しゴムに転写された下絵

輪郭が彫れたら、内側です。カエルはお腹の部分と、目、鼻、口をくり抜きます。お腹部分と目はデザインナイフで。
消しゴムはんこの外枠を彫る

目はナイフの先をゴムに少しさして、消しゴム自体をくるっと回してくり抜きます。ナイフを倒し気味にすると大きめの穴に、立て気味にすると小さめの穴にくり貫けます。
カエルのはんこを彫るところ

鼻と口は三角刀でうっすら彫ってください。「目や口はあとで自分で描きたい!」という方は、お腹だけ彫って、あとは残しておきましょう。
カエルのはんこを彫るところ

次にカタツムリ。まずは、しっぽと顔の周りを彫ります。細かい作業になるので、自信のない方は全部くりぬいてOK! ここもあとからペンで書いちゃいましょう。
かたつむりのはんこを彫るところ

チャレンジされる場合は、目と口のところを写真のように別々に彫ってください。この時、デザインナイフは先の先を使いましょう。そしてカタツムリの殻は三角刀で筋を入れます。
かたつむりのはんこを彫るところ

傘は水玉にしてみましたが、そのままでも良いです。もし水玉にする場合は、カエルの目のときと同様、デザインナイフをさしてくるっと穴をくり抜いてください。
出来上がりを押すとこんな感じです。
完成した消しゴムはんこ
>>丸の彫り方をマスターしよう!保育士のための消しゴムはんこ講座【ドット柄】

ではおまけ。
梅雨といえばアジサイがきれいですよね。そこでこのアイデア。小さな花びらをくっつけて彫ります。
消しゴムに転写された下絵

写真のもので1cm角内に3つ入れています。これを薄い色と濃い色でランダムに押します。
たったそれだけ! 丸い感じに押していけば、紫陽花な感じが簡単に出せますよ。
完成した消しゴムはんこ

今回もありがとうございました。

>>基本テクニックでできるパン4選!保育士のための消しゴムはんこ講座
>>連絡帳に使える秋のはんこ4選!保育士のための消しゴムはんこ講座【ドングリ】
消しゴムはんこyuri

この記事を書いた人

消しゴムはんこyuri

広島で中学校の講師をする傍ら消しゴムはんこ作家として活動。欲しいはんこが市販になく「それなら作ってしまおう!」と、はんこ作りを始めたのがきっかけ。家庭で使うものから、学校や保育園、お店で使う実用的なものまで、幅広いオーダーが集まる人気クリエイター。
<facebook>
https://www.facebook.com/keshigomuhankoyuri/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事