すぐに使える月案文例・フォーマット【5月/0歳児クラス】※ダウンロードあり

0歳児クラスの子どもと保育士
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例とフォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、0歳児クラス・5月の月案です。

ねらい

  • 園の生活に慣れ、保育者のもとで安心して過ごす。
  • 好きな遊びやおもちゃを見つけ、保育者と共に楽しむ。
  • 保育者の歌や手遊びに合わせて歌ったり手を叩いて笑う。
  • 保育者の声かけに振り向いたり、笑ったりする。
  • 手や口などで物の感触を楽しむ。
  • 給食の時間を楽しみに待ち、保育者の補助を受けながら食事をする。
  • ハイハイやつかまり立ちで保育室内の探索活動を楽しむ。
  • 安心した雰囲気の中で、落ち着いて睡眠をとる。

内容

  • 特定の保育者とゆっくり関わることで信頼関係を作り、安心できる環境を作る。
  • 絵本やがらがら、楽器のおもちゃなどを使い、好きな遊びを楽しむ。
  • 「いとまき」や「いぬのおまわりさん」など、子どもが好きな歌を保育者と共に楽しむ。
  • 保育者が子どもに声を掛けながらおむつ替えや食事を行うことで、信頼関係を築く。
  • 一定の時間にミルクを飲んだり睡眠をとり、生活リズムを整える。
  • 興味のあるものに手を伸ばして触れたり、口に入れる。
  • 保育者に声を掛けられながら食事をすることで、給食の時間を楽しいものだと感じる。
  • ハイハイやつかまり立ちをして、興味のあるものの方へ向かったり保育室の中を探索してさまざまなものに触れる。
  • 長期休暇明けのため、ゆっくり時間をかけて生活リズムを取り戻す。

環境構成

  • 子どもが口に入れても問題のない布おもちゃや絵本を用意する。
  • おむつ替えや食事のときは、「おいしいね」「きれいになったね」など声をかけながら行う。
  • 長期休暇明けはゆったりと過ごせるように、時間に余裕を持って過ごす。
  • 子どもに分かりやすい手遊びや遊び歌を用意する。
  • 音の出るおもちゃを用意して、低年齢児も楽しめるようにする。
  • のびのびと探索活動ができるように、コードや角のある棚などケガにつながるものを置かないようにする。
  • 子どもによってミルクの時間や量が異なるため、ホワイトボードに個々の情報を記入して共有する。

予測される子どもの姿

  • 特定の保育者が見えなくなると泣いたり、探したりする。
  • 好きなおもちゃを探して遊ぶ。
  • 保育者の歌を聴いたり、手遊びを見て笑ったり手を動かしたりする。
  • 好きな歌を保育者と一緒に楽しみ、語尾を歌ったりリズムをとる。
  • 保育者が口元に食事を運ぶと、自ら口を開けて食べようとする。
  • 食事の時間になるとエプロンを自分でつける。
  • 長期休暇明けで生活リズムが崩れ、体調を崩したり泣く姿が見られる。
  • ハイハイやつかまり立ちが活発になり、行動範囲が広がる。

家庭や地域との連携

  • 長期休暇明けで生活リズムが崩れやすいため、体調について情報共有を密に行う。
  • 保護者と細やかなコミュニケーションをとりながら、さらに信頼関係の構築をしていく。
  • 便の状態や食の進みなどについて細やかな情報共有を行う。

健康や安全

  • 感染症が流行しているため、部屋の換気やおもちゃの除菌などをしっかり行う。
  • おむつ替えのときは便の様子を目視し、変化があれば家庭や看護スタッフに共有する。
  • 日によって大きな気温の変化が見られるため、衣類で調整を行う。

食育

  • 離乳食の状況を確認しながら、調理スタッフと連携して進めていく。
  • 個々の状況に合わせてスプーンを用意し、興味があれば補助をしながら使っていく。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ

文例(PDFファイル)


>>6月/0歳児クラスのすぐに使える月案
>>4月/0歳児クラスのすぐに使える月案

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事