すぐに使える月案文例【4月/0歳児クラス】※ダウンロードあり

乳児にミルクをあげる保育士
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら自分なりの計画が作れる参考文例をご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、0歳児クラス・4月の月案です。

※この文例では、高月齢・低月齢それぞれを視野に入れたものを紹介しています。0歳児クラスは、特に子どもの成長過程に個人差が見られやすい時期です。クラス案では、高月齢と低月齢に分けて指導計画を立ててもいいかもしれません。

ねらい

  • 個人の生活リズムを大切にし、新しい環境に慣れる。
  • 保育園の雰囲気に慣れ、落ち着いた環境のもとで過ごす。
  • 保育者とスキンシップをとりながら信頼関係を築く。
  • 好きなおもちゃを見つけ、遊ぼうとする。
  • 生理的欲求を満たしてもらうことで、気持ちよく過ごす。
  • 春ならではの暖かい気候のもとで心地よく過ごす。
  • 特定の保育者のもとで安心して過ごす。
  • おむつが濡れたときの不快感を知り、自分で知らせる。
  • ひとり歩きが活発になり、自分の力で歩こうとする。
  • 歌やおもちゃの楽器、絵本で音を楽しむ。
  • 保育者とスキンシップをとりながら食べることを楽しむ。

内容

  • 安心できる保育者のもとで遊んだり、ミルクを飲んだりする。
  • お気に入りのおもちゃや絵本を見つけ、触れながら楽しむ。
  • 保育園の周辺で外気浴をして、外の気候を感じたり気分転換をする。
  • 食事や睡眠、授乳などのタイミングを保育者に把握してもらい、自分に合った生活リズムで気持ちよく過ごす。
  • おむつを取り替えてもらったり、授乳をしてもらうことで生理的欲求を満たし、心地よさを感じる。
  • ずりばいで保育室の中を探索し、園の環境を楽しんだり好きなおもちゃを見つける。
  • 歌や手遊び、ふれあい遊びなどを通し、保育者とスキンシップをとる。
  • 不安や緊張などの気持ちを、保育者の言葉や抱っこなどで受け止めてもらいながら安心して生活をする。
  • 保育者の声かけや歌に反応し、笑ったり身体を動かして喜ぶ。
  • 手づかみで食材の手触りや温度を感じたり、自分の口に入る量を知って食へ興味を持つ。
  • スプーンに興味を持ち、触ったり使ってみようとすることで食具への関心を持つ。
  • おむつが濡れると自分で新しいものを持ちだし、保育者に手渡して伝える。
  • 保育士と手をつなぎ、ひとり歩きで園の周辺を散歩する。
  • 保育者の歌や、おもちゃ、絵本の音に合わせて身体を動かしたり、リズムをとりながら遊ぶ。

環境構成

  • 不安から泣いている子どもの気持ちを受け止めるような声かけをする。
  • 手の届く場所におもちゃを配置し、自ら興味のあるものに触れられるようにする。
  • 天気のいい日は外気浴をする。その際、体調を見ながら外に出る。
  • 安心してのびのびと動けるよう、保育室のスペースを確保し、危険につながるようなものを置かないようにする。
  • 個々の生活状況や健康状態に配慮し、食事や授乳、睡眠の時間を確保する。
  • 気温や湿度、換気などに気をつけて衛生的な環境の中で過ごせるようにする。
  • 好きなときにスプーンが使えるよう、お盆の上に用意しておく。
  • おむつ替えスペースに、子どもが自ら行けるよう導線を考える。
  • おむつ替えや食事の際は声かけをしながらスキンシップをはかる。
  • 安全に散歩を楽しめるよう、事前に周辺の安全確認をする。

予測される子どもの姿

  • 園の生活に慣れず、長時間泣いていたり睡眠時間が十分にとれない姿が見られる。
  • 興味のあるおもちゃに手を伸ばし、触れようとする。
  • 慣れない園生活に疲れて体調を崩す。
  • 保育者の声かけや歌に反応し、目で追う。
  • ミルクや離乳食があまり進まない子と、よく進む子の差が見られる。
  • ハイハイやずりばいでの探索活動が見られる。
  • スプーンへの興味から、投げたり床に落としたりする。
  • おむつが濡れると保育者のそばに来て知らせようとする。
  • 少しずつ足が強くなり、歩ける距離が伸びる。
  • 好きな絵本やおもちゃを保育者のところに持ってきて遊ぼうとする。

家庭や地域との連携

  • 保護者にとっても初めての保育園利用で不安を感じているため、園での生活の様子や子どもの姿をこまめに伝えて安心してもらう。
  • 体調を崩しやすい時期であるため、家庭との連携をとりながら子どもの様子を見守る。
  • 保護者が安心して園を利用できるよう、細やかなコミュニケーションを心がける。
  • 個々の生活リズムを大切にできるよう、家での生活の様子を伝えてもらう。
  • できるようになったことを共有し、子どもの成長を共に喜び合う。
  • 周辺地域の人にもお散歩コースを共有し、見守りに協力してもらう。

健康や安全

  • 疲れから体調を崩すことがあるため、毎日の体調チェックをしっかり行う。
  • おもちゃの消毒をして、衛生管理を徹底する。
  • 保育室にコードや角のある棚、誤飲の恐れがあるおもちゃを置かないように注意する。
  • おむつ替えの際は、便の状態をしっかり目視し異変がないか確認する。
  • 肌寒い日もあるため、衣類や換気などで体温調整を行う。
  • 午睡中は、うつぶせ寝をしていないか気を配り定期的に呼吸チェックをする。

食育

  • 自分の食の進み具合に合った離乳食で、食べることを楽しむ。
  • 食べることに楽しさを覚えられるよう、「おいしいね」「ミルクだよ」などと声をかけながら食事を進める。
  • スプーンですくいやすい大きさの食材を提供できるよう、栄養士スタッフと連携をとる。
  • 手づかみ食べを通して、食材に触れられるようにする。

ダウンロード


>>5月/0歳児クラスのすぐに使える月案

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事