ログイン

すぐに使える月案文例・フォーマット【6月/3歳児クラス】※ダウンロードあり

3歳児クラス・6月の指導案タイトル画像
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、3歳児クラス・6月の月案です。

ねらい

  • 身の回りのことを自分で行う。
  • 他児とのコミュニケーションが増え、同じ遊びを楽しむ。
  • 自然の中で存分に身体を動かして遊ぶ。
  • 園生活のルールや社会のマナーを知る。
  • 季節や自然の移り変わりに気付き、調べる。
  • 生活の中で見つけた現象に興味を持ち、探求する。
  • はさみやのりを使った製作を楽しむ。
  • 他クラスとの交流ランチを楽しむ。
  • 時間を見ながら行動する。

内容

  • 着替え、排せつ、片付けなど、そのときに必要なことに気付き自分から積極的に行う。
  • ごっこ遊びやお絵描き、電車遊びなど、同じ空間にいる他児と声を掛け合って楽しさを共有する。
  • 園庭や公園で、鬼ごっこやかけっこをして適度に汗をかきながら、身体を動かすことの気持ちよさを味わう。
  • 空模様、草木の色、気温など少し前までとの違いや変化に気付き、図鑑を使って調べたり保育者に質問をする。
  • 雨の日散歩を通して、梅雨の時期の自然や生き物に興味を持ったり、傘の使い方を覚える。
  • あいさつや順番待ち、玩具の貸し借りなど生活をする中でマナーやルールを覚え、子ども同士で声を掛け合う。
  • 雨が降る様子、水が流れる様子など、生活の中で見つけた現象に不思議さを覚え、どうなっているのか観察したり調べる。
  • はさみを使って画用紙を切ったり、のりで貼り付けるなど指先を使って6月の製作を楽しむ。
  • 他クラスとの交流ランチを通して、みんなで食べることの楽しさを感じたり、年上の子どもが上手に食具を使う姿を見て真似する。
  • 「長い針が12になったらお片付け」など簡単な時計の見方を覚え、確認しながら行動する。

環境構成

  • トイレのスリッパを並べる位置に足形シールを貼る、玩具箱に中身のイラストとひらがなを表記するなど、子どもが目で見て分かりやすい環境を作る。
  • 子ども同士のやり取りの中で玩具の取り合いなどが起きたときは、会話や行動を見守りながら、必要に応じて仲介をする。
  • 天気の良い日は外に出て遊ぶ。
  • 雨の日散歩を行うことを園内で共有し、着替えの場所を確保したり、保育補助の先生に活動のサポートをお願いする。
  • 安全な傘の使い方を事前に学ぶ機会を作る。
  • 子どもが自主的に調べ物ができるように、絵本棚に自然に関する絵本や図鑑を置く。
  • はさみの使い方を教え、使う時は保育者がサポートにつきながら見守る。
  • 他クラスの担任と協力しながら、普段交流があまりないクラスの子どもたちと一緒にランチをする機会を作る。
  • 子どもが見やすい位置に時計を置く。

予測される子どもの姿

  • ルールやマナーを守ろうとしたり、子ども同士で声を掛け合って取り組み、規範意識が芽生える。
  • 自身の意思に反することが起きたときやトラブルが起きたとき、言葉での解決しようとする。
  • 普段とは違う雨の日散歩の環境に興奮し、傘の扱いに危険な場面が見られる。
  • 興味のあるものを見つけると、進んで調べたり保育者に訪ねて情報を得る。
  • はさみの使い方に慣れず、危険な場面がある。
  • 普段と違った環境やメンバーで食事をすることに新たな楽しさを感じ、交流ランチの時間を満喫する。
  • 時計の見方を覚えたことに喜びを感じ、「今は〇時だよ」と他児や保育者に教える。

家庭や地域との連携

  • 蒸し暑い日が増えるため、タオルや着替えの用意をお願いする。
  • 雨の日散歩を行うことや、当日の持ち物を伝える。
  • 保護者面談のお知らせを配布する。

健康や安全

  • 湿度が高くなりカビが発生しやすいため、換気を行い清潔な室内を保つ。
  • 雨の日散歩の前に傘の使い方を話し合い、ケガのないようにする。

食育

  • 普段とは違う仲間と食事をすることで、みんなで食べることの楽しさを味わう。
  • 箸の使い方を覚える。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)


月案文例はこちら
>>7月/3歳児クラスのすぐに使える月案文例
>>5月/3歳児クラスのすぐに使える月案文例

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事