ログイン

すぐに使える月案文例・フォーマット【5月/3歳児クラス】※ダウンロードあり

3歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例をご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、3歳児クラス・5月の月案です。

ねらい

  • 保育者と一緒に身の回りのことを行う。
  • 好きな友だちや保育者と関わりながら楽しく過ごす。
  • 自分の言葉で気持ちを伝えようとする。
  • 春の自然を楽しむ。
  • 園生活のルールや流れを知り、慣れていく。
  • 身近な食材に興味を持つ。
  • 好きな遊びやおもちゃを見つけ、遊びこむ。
  • 戸外活動や体操で身体を動かす。
  • 指先を使った遊びを楽しむ。
  • 数字に興味を持つ。
  • 交通マナーについて知り、考える機会を持つ。
  • 遠足行事を楽しむ。

内容

  • 絵本や年上の子の姿を見て、着替えや歯みがきなどに興味を持ち自分でやろうとする。
  • 友だちとおもちゃを共有したり、譲り合って遊ぶ。
  • 気の合う友だちと同じ遊びを楽しむことで、思いやりの心や共感性を育てる。
  • 保育者に気持ちを受け止めてもらうことで、安心して感情を表現する。
  • 公園や道中で見かける植物や生き物を見て、触れたりにおいをかいで楽しむ。
  • 春ならではの自然に興味を持ち、図鑑で調べたり保育者に質問する。
  • 保育者と一緒に、季節の歌や手遊びを楽しむ。
  • 友だちと協力して、片付けや活動の準備をする。
  • 野菜栽培を通して、実際の食材の成長過程を目で見て感じたり、感触や色、においを楽しむ。
  • ごっこ遊びをして、他児と会話のやり取りをしながら遊ぶ。
  • 園庭や公園で好きな遊具や遊びを見つけたり、虫探しなどをして楽しむ。
  • 着替えや手洗い、排せつなどを保育者と一緒に行う。
  • 体操をして室内で体を動かしたり、園庭や公園でボール遊びや鬼ごっこなどを楽しむ。
  • 紐通しやクリップ挟みなど、指先を使うおもちゃを楽しむ。
  • 保育者と一緒に時計や今日の日付を読む。
  • 食事の際に、使われている食材の名前を保育者と一緒に覚えたり、子ども同士で教えあう。
  • 園の近隣マップを用いて、車の多い場所や危険な場所を見つける。
  • 遠足を通して保育者や他児との関わりを深める。

環境構成

  • 子どもたちが安心して感情を表現できるよう、保育者は気持ちを受け止める。
  • おもちゃの箱にラベリングをするなど、子どもたちが片付けしやすいようにする。
  • 散歩の際は子どもが興味のある方向へ飛び出さないよう、普段から交通マナーをしっかり伝える。
  • 季節に合った絵本や歌、手遊びなどを用意する。
  • 年中、年長クラスの子どもたちと関わる機会を作り、生活の手本を作る。
  • おもちゃの取り合いが起きたときは、子どもたち自身で解決できるよう見守る。必要に応じて仲裁をし、解決策を子どもたちが見つけられるようにする。
  • 子どもたちが好きな場所で遊びこめるよう、コーナー設定を行う。
  • 虫や植物に関する絵本や図鑑を置き、子どもたちがいつでも見られるようにする。
  • 虫眼鏡や虫かごなどを用意して、戸外活動で存分に自然を楽しめるようにする。
  • この時期に多い虫や花などを調べ、実際に見られる公園などに足を運ぶ。
  • 交通マナーについてのお話しや絵本を用いて、子どもたちが危険な場所や状況について考えられるようにする。
  • のびのびと身体が動かせるよう、室内で体操などをするときには広いスペースを確保する。
  • おもちゃの中に指先を使う紐通しなどを増やし、子どもたちの興味を引き出す。
  • 子どもの目線の届く場所に時計や手作りカレンダーを置き、いつでも読めるようにする。
  • 時計の読み方についてや、日にち、月について話をし、生活の中で少しずつ覚えていけるようにする。
  • その日使われている食材について、「これは〇〇だよ」と声をかけながら食事を進める。
  • ピーマンやきゅうり、トマトなどの苗植えを行い、実際に食材ができる過程を見られるようにする。

予測される子どもの姿

  • 仲のいい友だちと同じ遊びを楽しむ姿が見られる。
  • 同じ遊びをすることで、おもちゃの取り合いが起こることがある。
  • ゆっくりではあるが、保育者や他児に自分の言葉で気持ちを伝えようとする。
  • 年中クラスや年長クラスの子どもたちを見て、身の回りのことを自分でしようとする。
  • 自然に興味を持ち、保育者に質問したり図鑑で調べようとする。
  • 新しいクラスでの園生活に慣れ、好きな遊びに熱中する。
  • 虫や植物に興味を示し、戸外活動をする中で探したり、実際に見つけたものに触れようとする。
  • 足が強くなり歩ける距離が増えることによって、戸外活動では少し遠い公園まで歩いたり走って遊ぶなど、より活発に遊ぶようになる。
  • 自分の感情を少しずつ言葉で伝えられるようになる反面、他児とのトラブルも増える。
  • 集中力がつき、細かい作業に取り組める時間が増える。
  • 動きが活発になる一方で、遊具やおもちゃの使い方に危険な場面も見られる。
  • 食材の好き嫌いが見られるようになり、給食を残したり食べるのに時間がかかることがある。
  • 遠足という普段とは違った雰囲気の中で、気持ちが高揚し危険な行動をする場面がある。

家庭や地域との連携

  • 戸外活動の際は、挨拶などを通して地域の人々との交流を大切にする。
  • お散歩マップを貼りだし、普段どこに出かけているのか保護者に分かるようにする。
  • 長期連休明けで不安定な子も見られるため、保護者と自宅、園での様子を伝え合う。
  • ドキュメンテーションを作成し、より具体的に子どもたちの様子が伝わるように工夫する。

健康や安全

  • 今までより距離のある場所へ散歩に行くことが増えるため、これまで以上に交通マナーに配慮する。
  • 感染症予防のため、手洗い・うがいを徹底する。
  • 暖かい日も増えるため、衣類の着脱などで体温調節に気をつける。
  • 室内の換気や子どもたちが触れる場所の除菌などを行い、健康に過ごせるようにする。

食育

  • 野菜栽培を通して、食材ができる過程を知る。
  • 友だちや保育者と一緒に給食を食べ、楽しい雰囲気で食事をする。
  • さまざまな食材に触れ、食感やにおい、固さなどを学ぶ。
  • 自身の進み具合に合わせて箸を使っていく。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

月案文例(PDFファイル)

月案文例はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。


>>指導案・おたより
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事